96件中 11 - 20件表示
  • ジェイミー・キング

    ジェイミー・キングから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    彼が振付・演出を手がけたアーティストは、プリンス、マドンナ、P!nk、クリスティーナ・アギレラ、リッキー・マーティン、ブリトニー・スピアーズ、シャキーラ、ジョージ・マイケル、マライア・キャリー、ダイアナ・ロス、エルトン・ジョン、マイケル・ジャクソンなど多数。エミー賞候補、MTV Video Music Awardsにも、ノミネートされた経歴がある。ジェイミー・キング フレッシュアイペディアより)

  • シルバー・リング・シング

    シルバー・リング・シングから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    「結婚するまで性行為をしない」と誓うティーンエージャーは集会中に12ドルを支払い、指輪(ピュリティ・リング)と聖書を受け取る。歌手クリスティーナ・アギレラもその会合に出席し、積極支援したことでも知られている。会員は年々増えており、現在は南アフリカ及びイギリスにも進出。シルバー・リング・シング フレッシュアイペディアより)

  • Zoey

    Zoeyから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2006年11月22日には、クリスティーナ・アギレラを発掘し、宇多田ヒカルの制作チームでもあるプロデューサー"マーティン・マイケル"と共に造り上げた2ndアルバムをリリース。R&Bシーンの天才クリエイター"ジャム&ルイス"(Jimmy Jam and Terry Lewis)(前述)プロデュースの「Soakin' Wet」、映画「スーパークロス」イメージ・ソングの「イヤな奴」、究極のバラード「恋人未満」など全12曲を収録。Zoey フレッシュアイペディアより)

  • ディラン (2007年のアルバム)

    ディラン (2007年のアルバム)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    このアルバムのプロモーションとして、エイミー・ワインハウスやリリー・アレン、クリスティーナ・アギレラといったアーティストを手がけていたマーク・ロンソン(Mark Ronson)が「我が道を行く」をリミックスし、シングルとしてリリースされた。このリミックス・バージョンは通常盤には収録されていないが、プロモーション・クリップはアルバムのオフィシャル・ウェブサイトなどで視聴することができる。ディラン (2007年のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ダーティー

    ダーティーから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    「ダーティー featuring レッドマン (Dirty featuring Redman)」はアメリカ合衆国のシンガーソングライターのクリスティーナ・アギレラとラッパーのレッドマンの楽曲。ダーティー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・マックナイト

    ブライアン・マックナイトから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    彼は多くのミュージシャンと共演しており、ショーン・コムズ、メアリー・J・ブライジ、ヴァネッサ・ウィリアムス、カーク・フランクリン、フォー・リアル、マライア・キャリー、ボーイズIIメン、クリスティーナ・アギレラ、セント・ルナティックス、クインシー・ジョーンズ等が上げられる。ブライアン・マックナイト フレッシュアイペディアより)

  • ヘックス・ヘクター

    ヘックス・ヘクターから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    ヘックスはフリオ・イグレシアス、スキャットマン・ジョン、平井堅、EXILE、リッキー・マーティンなど男性歌手の曲のリミックスにも携わっている。しかし、彼がこれまでにリミックス曲を提供した歌手は、デボラ・コックス、アナスタシア、ドナ・サマー、マドンナ、グロリア・エステファン、MISIA、BoA、浜崎あゆみ、倖田來未、鈴木亜美、ホイットニー・ヒューストン、メラニーC、クリスティーナ・アギレラ、ブリトニー・スピアーズ、セリーヌ・ディオン、マライア・キャリー、ジャネット・ジャクソンなど圧倒的に女性が多く、それがディーバの歌い上げによるアンセム系ハウスの高揚感を求めるゲイからの支持を集める所以でもある。ヘックス・ヘクター フレッシュアイペディアより)

  • ソー・ホワット (ピンクの曲)

    ソー・ホワット (ピンクの曲)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    「ソー・ホワット」は、高順位となる9位でアメリカ合衆国の総合シングルチャートBillboard Hot 100に初登場している。登場初週はHot Digital Songsチャートに4位で初登場し、116,611ユニットを売り上げている。翌週は2位まで上昇した。トータルでは、157万ユニットを売り上げている。2008年9月27日付のチャートでは、それまでトップにいたT.I.の「ホワットエヴァー・ユー・ライク」を蹴落とし、1位にジャンプ・アップしている。1位獲得は2001年にクリスティーナ・アギレラ、リル・キム、マイアとのコラボレーションにより発表した「レディー・マーマレイド」以来、通算2度目となった。これはピンクにとって9曲目のトップ10入りのヒットで、トップ10入りは3作連続となった。この週、同時にHot Digital SongsチャートとHot Digital Tracksチャートでも1位を獲得している。この楽曲はカナダでも成功を納めており、最高順位となる1位を記録。また、カナダのDLチャートでも1位、エアプレイチャートでは最高12位を記録している。ソー・ホワット (ピンクの曲) フレッシュアイペディアより)

  • イントゥ・ザ・ハリウッド・グルーヴ〜リミックスド・アンド・リヴィジテッド

    イントゥ・ザ・ハリウッド・グルーヴ〜リミックスド・アンド・リヴィジテッドから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラと共演し、マドンナが2人とキスをしたことで話題となったパフォーマンスのライブ音源。ミッシー・エリオットもラップで参加。イントゥ・ザ・ハリウッド・グルーヴ〜リミックスド・アンド・リヴィジテッド フレッシュアイペディアより)

  • ミック・グゾウスキー

    ミック・グゾウスキーから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラ: Mi Reflejo (2000, M), I Turn to You (2000, E/M), Christina Aguilera (1999, M)ミック・グゾウスキー フレッシュアイペディアより)

96件中 11 - 20件表示

「クリスティーナ・アギレラ」のニューストピックワード