141件中 31 - 40件表示
  • w-inds.THE SYSTEM OF ALIVE

    w-inds.THE SYSTEM OF ALIVEから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    収録曲「Baby Maybe」(M5)は、古くはシカゴやオリビア・ニュートンジョン、近年ではクリスティーナ・アギレラ(デビュー曲「Genie in a Bottle」)や元デスティニーズ・チャイルドのメンバーであるケリー・ローランド等、人気アーティストを多数組手掛けるアメリカ合衆国屈指の音楽プロデューサーでありコンポーザーであるスティーヴ・キプナーの書き下ろし楽曲である(共作)。また、今アルバム収録曲でもある6thシングル「Because of you」での抜擢を経て、今アルバムからその後のw-inds.の多くの作品のクレジットに名を連ねることになるshungo.が作詞を担当。夢のために恋人の元を去る主人公とその恋人との空港での別れ際を描いた今作品は、彼の十八番とも言える世界観に仕上がっている。当初アルバムのタイトル・ソングになるはずであったが、初アナウンス後、「THE SYSTEM OF ALIVE」(M6)に変更された模様。今アルバムで「SOMEHOW」と並びスタッフ受け(大人受け)のいい楽曲であったという。(月刊誌『JUNON』インタビュー記事より)尚、後にこの楽曲の続編が2曲制作される。(「Night Flight 〜夜間飛行〜」「Deny」)w-inds.THE SYSTEM OF ALIVE フレッシュアイペディアより)

  • クリスティニア・デバージ

    クリスティニア・デバージから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2003年、13歳になったクリスティニアはアメリカン・アイドルのスピンオフ番組『American Juniors』に出場し、クリスティーナ・アギレラの"Reflections"を熱唱。最終20名までに勝ち残こる。番組終了後、クリスティニアは父親のツアーに一緒に出るようになり、彼は毎回娘をステージに上がらせて一緒に歌うようにしていた。ショーの後、人々がクリスティニア自身のサインを求めるようになるまで、そう時間はかからなかった1。クリスティニア・デバージ フレッシュアイペディアより)

  • イヴィ・アダムー

    イヴィ・アダムーから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2009年から2010年にかけて、第2回のギリシャ版Xファクターに参加し、最終的に6位にまで上り詰めた。番組中で、影響を受けたアーティストとしてビヨンセやクリスティーナ・アギレラ、ホイットニー・ヒューストンの名を挙げている。イヴィ・アダムー フレッシュアイペディアより)

  • Zoey

    Zoeyから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2006年11月22日には、クリスティーナ・アギレラを発掘し、宇多田ヒカルの制作チームでもあるプロデューサー"マーティン・マイケル"と共に造り上げた2ndアルバムをリリース。R&Bシーンの天才クリエイター"ジャム&ルイス"(Jimmy Jam and Terry Lewis)(前述)プロデュースの「Soakin' Wet」、映画「スーパークロス」イメージ・ソングの「イヤな奴」、究極のバラード「恋人未満」など全12曲を収録。Zoey フレッシュアイペディアより)

  • ヘックス・ヘクター

    ヘックス・ヘクターから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    ヘックスはフリオ・イグレシアス、スキャットマン・ジョン、平井堅、EXILE、リッキー・マーティンなど男性歌手の曲のリミックスにも携わっている。しかし、彼がこれまでにリミックス曲を提供した歌手は、デボラ・コックス、アナスタシア、ドナ・サマー、マドンナ、グロリア・エステファン、MISIA、BoA、浜崎あゆみ、倖田來未、鈴木亜美、ホイットニー・ヒューストン、メラニーC、クリスティーナ・アギレラ、ブリトニー・スピアーズ、セリーヌ・ディオン、マライア・キャリー、ジャネット・ジャクソンなど圧倒的に女性が多く、それがディーバの歌い上げによるアンセム系ハウスの高揚感を求めるゲイからの支持を集める所以でもある。ヘックス・ヘクター フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・シック

    ロビン・シックから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    初期、マイアに楽曲「No Tears on My Pillow」を書き、ブランディには楽曲「Love Is on My Side」を提供、そしてまたクリスティーナ・アギレラのデビューアルバムにも関わった。1996年には19歳にしてカラー・ミー・バッドの名曲「Sexual Capacity」を作曲・共同プロデュースし、R&Bチャート20位のヒットとなった。また、1997年のブラウンストーンのセカンド・アルバム『Still Climbing』や、1999年のケヴォン・エドモンズ(ベイビーフェイスの兄)のアルバム『24-7』に作曲家として参加。ロビン・シック フレッシュアイペディアより)

  • アギレラ

    アギレラから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラ - アメリカのシンガーソングライター。アギレラ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ウォンテッド

    ザ・ウォンテッドから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    「(米人気オーディション番組である)「ザ・ヴォイス」にゲストで出演した際、ジェニファー・ロペスにはキスをしたが、クリスティーナ・アギレラにはキスしなかったのは何故なのか?」とニューヨークのラジオで聞かれ、「彼女(アギレラ)って完全に×××だぜ」「彼女の態度は最悪だったよ」と歯に衣着せぬ発言で批判したことが話題となった。(実際、クリスティーナ・アギレラは遅刻のしすぎで番組側から罰金を請求される、二日酔いで番組の収録に現れるなどの事件を起こしている。)ザ・ウォンテッド フレッシュアイペディアより)

  • ソー・ホワット (ピンクの曲)

    ソー・ホワット (ピンクの曲)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    「ソー・ホワット」は、高順位となる9位でアメリカ合衆国の総合シングルチャートBillboard Hot 100に初登場している。登場初週はHot Digital Songsチャートに4位で初登場し、116,611ユニットを売り上げている。翌週は2位まで上昇した。トータルでは、157万ユニットを売り上げている。2008年9月27日付のチャートでは、それまでトップにいたT.I.の「ホワットエヴァー・ユー・ライク」を蹴落とし、1位にジャンプ・アップしている。1位獲得は2001年にクリスティーナ・アギレラ、リル・キム、マイアとのコラボレーションにより発表した「レディー・マーマレイド」以来、通算2度目となった。これはピンクにとって9曲目のトップ10入りのヒットで、トップ10入りは3作連続となった。この週、同時にHot Digital SongsチャートとHot Digital Tracksチャートでも1位を獲得している。この楽曲はカナダでも成功を収めており、最高順位となる1位を記録。また、カナダのDLチャートでも1位、エアプレイチャートでは最高12位を記録している。ソー・ホワット (ピンクの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ポイント劇場

    ポイント劇場から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    1999年のMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードは、ポイント劇場で11月11日に開催された。ローナン・キーティングがホストを務めた夜には、マライア・キャリー、ザ・コアーズ、ホイットニー・ヒューストン、イギー・ポップ、マリリン・マンソン、ブリトニー・スピアーズなどのパフォーマンスが行われた。この賞のプレゼンターには、アリシア・シルヴァーストーン、ミック・ジャガー、ピアース・ブロスナン、カルメン・エレクトラ、LL・クール・J、メアリー・J. ブライジ、イギー・ポップ、、デズリー、5ive、クリスティーナ・アギレラ、デーモン・アルバーン、ジェリ・ハリウェル、ゲイリー・バーロウらが務めている。この年の最多受賞は、ブリトニー・スピアーズの『ベイビー・ワン・モア・タイム』による、最優秀女性歌手賞、最優秀ポップ音楽賞、最優秀新人賞、最優秀楽曲賞の4賞受賞だった。ボーイゾーンは、アルバム "By Request"で、最優秀英国アイルランド・アクト賞、最優秀アルバム賞を受賞した。ポイント劇場 フレッシュアイペディアより)

141件中 31 - 40件表示

「クリスティーナ・アギレラ」のニューストピックワード