96件中 41 - 50件表示
  • ソ・イニョン

    ソ・イニョンから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    利き手は左手。好きな音楽はクリスティーナ・アギレラ、ブリトニー・スピアーズ。趣味はショッピング、特技はダンス、歌を唄うこと。好きな色は黒、黄色、白。好きな食べ物はトッポギ、日本のカレー、スンデ。好きな日本語は「かわいい。」ソ・イニョン フレッシュアイペディアより)

  • Love Potion

    Love Potionから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラの「ジニー・イン・ア・ボトル (Genie in a Bottle)」に日本語詞をつけてカヴァーしたもの。Love Potion フレッシュアイペディアより)

  • ナタリア・オレイロ

    ナタリア・オレイロから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2000年以降スペイン(Gala de la Hispanidad"および"Gala de Murcia")やマイアミ("Festival de la Calle 8")、チリ(Viña del Mar Festival 2000)など多くのフェスティバルに参加した。2001年にリリースされた2ndアルバム『Tu Veneno』はラテン・グラミー賞にノミネートされたものの、クリスティーナ・アギレラの「Mi Reflejo」に敗れた。ナタリア・オレイロ フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・ラウス

    ブランドン・ラウスから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    4人兄弟の3番目に生まれる。父親は大工、母親は教師であった。アイオワ大学在学中からモデル等をして学費を稼いでいたが、俳優を志して中退、ロサンゼルスに移る。この頃、クリスティーナ・アギレラの "What a Girl Wants" のPVにエキストラで出演している。ブランドン・ラウス フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール・インドア・スタジアム

    シンガポール・インドア・スタジアムから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    設計者は日本の建築家丹下健三。アリーナは最大12000名収容。コンサートでは過去に カイリー・ミノーグ、アヴリル・ラヴィーン、デヴィッド・ボウイ、リンキン・パーク、ブラック・アイド・ピーズ、ウエストライフ、バックストリート・ボーイズ、オアシス、コールドプレイ、ザ・キュアー、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ジャネット・ジャクソン、イル・ディーヴォ、サミー・チェン、ポリス、アンディ・ラウ、エリック・クラプトン、フィル・コリンズ、クリスティーナ・アギレラ、グウェン・ステファニー、Mnet Asian Music Awards(2011年)、少女時代ら数多くのアーティストがコンサートを行った。シンガポール・インドア・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト

    ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライトから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    リヴ・ウィズ・ミー(with クリスティーナ・アギレラ) - Live With Meザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト フレッシュアイペディアより)

  • アヴリル・ラヴィーン

    アヴリル・ラヴィーンから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    身長は公称158cm。この値が事実ならば、同年代ではクリスティーナ・アギレラやニコール・リッチー、ヒラリー・ダフなどよりは高く、ジェシカ・シンプソンとほぼ同じ高さである。ただし実際には公称より低いと言われている(156cmのクリスティーナ・アギレラと双方靴の無い状態で並んだところ、アヴリルのほうが低いという状況が確認されている)。アヴリル・ラヴィーン フレッシュアイペディアより)

  • ソランジュ

    ソランジュから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    ソランジュは子供のころ、演劇とダンスを習っていた。5歳の時に遊園地で歌唱してデビューし、13歳で歌を書き始めた。彼女の親はクリスティーナ・アギレラや姉が在籍するデスティニーズ・チャイルドのツアーに同行させた。デスティニーズ・チャイルドのメンバー、ケリー・ローランドが全米ツアー中に舞台上でつま先を骨折した際は彼女の代役を務めた。16歳の時に、マネージャーを務めていた父親のレコード会社、ミュージック・ワールド・エンタテインメントと契約する。ソランジュ フレッシュアイペディアより)

  • マドンナの歌手活動の歴史

    マドンナの歌手活動の歴史から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2003年4月、記念すべき第10枚目のアルバム『アメリカン・ライフ』をリリース。反戦を主張する過激なビデオ・クリップが議論を巻き起こし、折しもイラク戦争が開戦するというタイミングの悪さで、アメリカ国内でのラジオ局によるオンエアボイコットという事態にまで発展した。8月、2003年度のMTV ビデオ・ミュージック・アウォーズでブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラと共演、2人とディープキスする過激なパフォーマンスで話題を呼んだ。9月、初の児童書となる『イングリッシュ・ローズィズ』が世界100ヶ国以上、37ヶ国語に翻訳される『ハリーポッター』シリーズをしのぐ出版規模で、ニューヨークタイムズのベストセラーリスト(児童書部門)でNo.1を獲得する大ヒットに。マドンナの歌手活動の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ボノ

    ボノから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2001年にはチャリティーシングル「What's Going On:All Star Tribute」を企画(マーヴィン・ゲイの楽曲のカヴァー)。R.E.M.のマイケル・スタイプ、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、デスティニーズ・チャイルド、バックストリート・ボーイズ、イン・シンク、ジェニファー・ロペス、ネリー、ジャ・ルールなど様々なアーティストが参加した。エイズ治療・研究基金を募る目的だったが、発売後にアメリカ同時多発テロ事件が発生したため、収益の半分をテロ犠牲者の家族支援基金へ贈った。ボノ フレッシュアイペディアより)

96件中 41 - 50件表示

「クリスティーナ・アギレラ」のニューストピックワード