141件中 41 - 50件表示
  • ジニー・イン・ア・ボトル

    ジニー・イン・ア・ボトルから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    「ジニー・イン・ア・ボトル」 (Genie in a Bottle) は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターのクリスティーナ・アギレラの楽曲。ジニー・イン・ア・ボトル フレッシュアイペディアより)

  • ダーティー

    ダーティーから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    「ダーティー featuring レッドマン」 (Dirrty featuring Redman) は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターのクリスティーナ・アギレラとラッパーのレッドマンの楽曲。ダーティー フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーション1000回記念スペシャル

    ミュージックステーション1000回記念スペシャルから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    336. クリスティーナ・アギレラ「ダーティー」2002年11月22日放送ミュージックステーション1000回記念スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • ディラン (2007年のアルバム)

    ディラン (2007年のアルバム)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    このアルバムのプロモーションとして、エイミー・ワインハウスやリリー・アレン、クリスティーナ・アギレラといったアーティストを手がけていたマーク・ロンソン(Mark Ronson)が「我が道を行く」をリミックスし、シングルとしてリリースされた。このリミックス・バージョンは通常盤には収録されていないが、プロモーション・クリップはアルバムのオフィシャル・ウェブサイトなどで視聴することができる。ディラン (2007年のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ティナーシェ

    ティナーシェから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    影響を受けたミュージシャンに、マイケル・ジャクソン、ジャネット・ジャクソン、ブリトニー・スピアーズ、シャーデー、クリスティーナ・アギレラを挙げている。特に、クリスティーナ・アギレラについては「最も大きなインスピレーションを与えてくれたひとり。私のヒーローよ。」と語っている。ティナーシェ フレッシュアイペディアより)

  • THE SxPLAY(ザ・スプレイ)

    THE SxPLAY(ザ・スプレイ)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    本人の誕生日6月29日より、毎日22時に歌を届ける企画”365 songbooks”企画がスタート。洋楽カバーをメインとし、これまでにP!nk、Katy Perry、Ellie Goulding、アデル (歌手)、シーア、Queen、David Bowie、クリスティーナ・アギレラなど多くのカバー動画を載せている。THE SxPLAY(ザ・スプレイ) フレッシュアイペディアより)

  • 第42回グラミー賞

    第42回グラミー賞から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    前年11月に完成したステイプルズ・センターに移転した初のグラミー賞はサンタナのスーパーナチュラルが9部門を受賞。最優秀新人賞はクリスティーナ・アギレラが受賞した。第42回グラミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • レスリー・カーター

    レスリー・カーターから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    1999年にドラムワークス・レコードと契約し、翌年にシングル「Like Wow」でデビュー。後にシュレック3のサウンド・トラックとして使われたこの曲はヒット曲となった。このヒットによりドラムワークス・レコードは2001年4月にレスリーのアルバムを製作すると発表。しかし後にレスリーと母ジェーンの意向でアルバムを製作することは取りやめになった。ジェーンは「ドラムワークス・レコードはレスリーをブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラなどの型にはまったポップアップ・アーティストにしようとしたのよ。彼女は物事を自分自身のやり方で突き動かす子なの」と話した。そして契約を打ち切ったレスリーは自ら2005年12月にバンド"The Other Half"を結成。このバンドの曲は「Like Wow」とは違ったポップロックな曲で、レスリーは2006年1月にニューヨークで行われたコンサートで「このバンドの曲は私が前から求めていたようなラインの曲ばかりよ」と話した。2009年9月、同バンドはCDをリリースすることなく解散している。そしてバンド仲間のマイク・アシュトンと交際に発展し、2008年に結婚。2010年7月21日には妊娠しているとツイッターで発表。2011年4月1日、アリッサ・ジェーン・アシュトンを出産。ミドルネームは母からとったという。現在は活動をやめ、カナダのトロントで生活している。2012年1月31日、ニューヨーク州北部で死去。25歳。薬物の過剰摂取であった。レスリー・カーター フレッシュアイペディアより)

  • 第44回グラミー賞

    第44回グラミー賞から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    Lady Marmalade - クリスティーナ・アギレラ、リル・キム、マイア & ピンク第44回グラミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • WOW!〜ディズニーマニア

    WOW!〜ディズニーマニアから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    『WOW!〜ディズニーマニア』はディズニーマニアシリーズ第1作として発売された。ディズニーによる長編アニメーション映画で使用された楽曲をディズニー・チャンネル出演者をはじめとするアーティストによってカバーされた楽曲が収録されている。参加アーティストはアナスタシア、A*Teens、アッシャー、イン・シンク、アシャンティ、ジェシカ・シンプソン、アーロン・カーター、S Club 7、ヒラリー・ダフ、Jump5、クリスティーナ・アギレラ、ローナン・キーティング、スウィートボックスなどである。日本盤ボーナス・トラックにはスウィートボックスによる「ホール・ニュー・ワールド」が収録されている。全米アルバムチャートビルボード200で第52位、ビルボードTop Kids Audioで第1位を記録する。WOW!〜ディズニーマニア フレッシュアイペディアより)

141件中 41 - 50件表示

「クリスティーナ・アギレラ」のニューストピックワード