96件中 61 - 70件表示
  • 2006年の音楽

    2006年の音楽から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラ:『バック・トゥ・ベーシックス』2006年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 西野カナ

    西野カナから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    憧れの歌手はMINMIで、後に共演を果たしている。小学生の時に聴いて衝撃を受けたアルバム・曲としてジェニファー・ロペスの『J.LO』、エミネムの『ザ・マーシャル・マザーズ LP』、工藤静香の『Blue Velvet』を挙げている。特にエミネムはヒップホップを聴くきっかけになった。中学生から大学1年生頃までレゲエに傾倒。アメリカ留学後は洋楽にもはまり、クリスティーナ・アギレラ、ジェニファー・ロペス、シアラなどの女性歌手をはじめ、ヒップホップ、R&B、レゲエとジャンルレスで音楽に夢中になった。シングルとして出される主な楽曲は、恋愛系や友情系統の楽曲が多いが、カップリングやアルバム曲には英語詞をふんだんに使ったクラブ系の楽曲が多い。西野カナ フレッシュアイペディアより)

  • ピンク (歌手)

    ピンク (歌手)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2001年に入り、クリスティーナ・アギレラ、リル・キム、マイアと歌ったミッシー・エリオットのプロデュース映画、『ムーラン・ルージュ』の主題歌「レディ・マーマレード」(パティ・ラベルのカヴァー)が全米シングルチャートで5週連続1位、グラミー賞を獲得。ピンク (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • マンディ・ムーア

    マンディ・ムーアから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    14歳の時に見出されてレコード会社と契約。1999年にデビューアルバム「So Real」を発表。当時はブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、ジェシカ・シンプソンなど10代の女性シンガーが人気を博しており、マンディもその波に乗る形でデビュー。デビューアルバムはいわゆるバブルガムポップで、後にマンディもこのデビューアルバムに関しては後悔していると話している。マンディ・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • マイア (歌手)

    マイア (歌手)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2001年…クリスティーナ・アギレラ、リル・キム、ピンクとのコラボレーション楽曲『レディ・マーマレイド』(ラベル(Labelle)のカバー、映画『ムーラン・ルージュ』主題歌)が全米1位をはじめ世界的に大ヒット。マイア (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・デュアメル

    ジョシュ・デュアメルから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    して大学卒業後にロサンゼルスに移った。建築関連の仕事をしていた26歳のときにモデルとしてスカウトされた。GAPのCMやクリスティーナ・アギレラのミュージック・ビデオに出演している。俳優としては、2002年にテレビドラマ『All My Children』でエミー賞を獲得。2003年から2007年までテレビシリーズ『ラスベガス』にレギュラー出演した。ジョシュ・デュアメル フレッシュアイペディアより)

  • ダンス・ポップ

    ダンス・ポップから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    ダンス・ポップは、人気のスタイルであり、ダンス・ポップを取り入れているいくつかのアーティストがいる。それにはジャスティン・ティンバーレイク、ブリトニー・スピアーズ、マドンナ、カイリー・ミノーグ、リック・アストリー、メル&キム、マイケル・ジャクソン、ジャネット・ジャクソン、ジョージ・マイケル、バナナラマ、スパイス・ガールズ、クリスティーナ・アギレラ、ケイティ・ペリー、リアーナ、レディー・ガガ、ケシャらが有名である。ダンス・ポップ フレッシュアイペディアより)

  • 平原綾香

    平原綾香から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    好きなアーティストにマイケル・ジャクソン、クリスティーナ・アギレラ、Mika、BUMP OF CHICKENなどがいる。特にクリスティーナ・アギレラは「音楽の先生」と敬っており、BUMP OF CHICKENはよく聴くアーティストに挙げている。平原綾香 フレッシュアイペディアより)

  • DJプレミア

    DJプレミアから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    自身が所属するギャング・スターのみならず、クリスティーナ・アギレラ、アフー・ラ(Afu-Ra)、ロイス・ダ・ファイブ・ナイン(Royce Da 5'9")、テフロン(Teflon)など、メインストリームやアンダーグラウンドを問わない精力的なプロデュース活動を続ける。また Year Round Records というレーベルも立ち上げ、かねてからの念願だった 「自分のレコードレーベルを持つ」 という夢も叶えている。DJプレミアが手がけた楽曲は、リミックスを含めるとおよそ500曲に及ぶ。DJプレミア フレッシュアイペディアより)

  • レスリー・カーター

    レスリー・カーターから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    1999年にドラムワークス・レコードと契約し、翌年にシングル「Like Wow」でデビュー。後にシュレック3のサウンド・トラックとして使われたこの曲はヒット曲となった。このヒットによりドラムワークス・レコードは2001年4月にレスリーのアルバムを製作すると発表。しかし後にレスリーと母ジェーンの意向でアルバムを製作することは取りやめになった。ジェーンは「ドラムワークス・レコードはレスリーをブリトニー・スピアーズやクリスティーナ・アギレラなどの型にはまったポップアップ・アーティストにしようとしたのよ。彼女は物事を自分自身のやり方で突き動かす子なの」と話した。そして契約を打ち切ったレスリーは自ら2005年12月にバンド"The Other Half"を結成。このバンドの曲は「Like Wow」とは違ったポップロックな曲で、レスリーは2006年1月にニューヨークで行われたコンサートで「このバンドの曲は私が前から求めていたようなラインの曲ばかりよ」と話した。2009年9月、同バンドはCDをリリースすることなく解散している。そしてバンド仲間のマイク・アシュトンと交際に発展し、2008年に結婚。2010年7月21日には妊娠しているとツイッターで発表。2011年4月1日、アリッサ・ジェーン・アシュトンを出産。ミドルネームは母からとったという。現在は活動をやめ、カナダのトロントで生活している。2012年1月31日、ニューヨーク州北部で死去。25歳。薬物の過剰摂取であった。レスリー・カーター フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示

「クリスティーナ・アギレラ」のニューストピックワード