141件中 71 - 80件表示
  • アリシア・キーズ

    アリシア・キーズから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    ストリップト-"stripped"- (2002年) ※クリスティーナ・アギレラのアルバム 『Impossible』プロデュース・ソングライティングアリシア・キーズ フレッシュアイペディアより)

  • ゲイ・アンセム

    ゲイ・アンセムから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    ゲイ・アンセムは、ジュディ・ガーランドの「オーバー・ザ・レインボウ」をもっとも初期のルーツとしている。音楽ジャーナル「ポピュラー・ミュージック」によると、ゲイ・アンセムとして最もよく知られている曲は、グロリア・ゲイナーの「アイ・ウィル・サバイブ」(邦題:恋のサバイバル)である 。さらにダイアナ・ロスの「アイム・カミング・アウト」も、よく知られたゲイ・アンセムである。イギリスのLGBT権利慈善団体は、LGBTの人々の為の2000年代の最も有力な歌として、クリスティーナ・アギレラの「」を挙げており 、エルトン・ジョンもそれが「アイ・ウィル・サバイブ」に代わる秀でたゲイ・アンセムになるだろうと予測している。他に有名なゲイ・アンセムとして、ヴィレッジ・ピープルの「YMCA」、「マッチョ・マン」、「イン・ザ・ネイビー」、「ゴー・ウエスト」、シルヴェスターの「ドウ・ユー・ワナ・ファンク」、ABBAの「ダンシング・クイーン」、マドンナの「ヴォーグ」、レディー・ガガの「ボーン・ディス・ウェイ」などがある。あまり有名ではないゲイ・アンセムとしては、パニック・アット・ザ・ディスコの「」、ヘイリー・キヨコの「」、マックルモアーの「」、ケイティ・ペリーの「ファイアーワーク」などがある。ゲイ・アンセム フレッシュアイペディアより)

  • 第45回スーパーボウル

    第45回スーパーボウルから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    試合前のアメリカ国歌はクリスティーナ・アギレラが歌ったが、国歌の歌詞を間違えるというトラブルが発生。スタジアムでは特に問題とされなかったものの、ネット上では歌詞の間違いに対する指摘や非難が集まり、後に本人が謝罪する事態となった。第45回スーパーボウル フレッシュアイペディアより)

  • バレイ (歌手)

    バレイ (歌手)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    16歳の頃、クリスティーナ・アギレラ、ラウラ・パウジーニ、などのカバー曲を録音した。2001年、に、ゴンサロ・ヌチェ()とのデュオ「ドス・プントス()」として出場する。フェスティバルでは2位となったが、1位のアーティストが失格となったためドス・プントスの優勝が宣言された。フェスティバルの後、マイアミにてラテン・ポップの楽曲を録音するが、公表はしないことにした。その後マドリードに戻り、各種の音楽イベントに出演する。バレイ (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • 伝説のロックスター再生計画!

    伝説のロックスター再生計画!から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    ラッセル・ブランドは2008 MTV Video Music Awardsの発表準備の際、クリスティーナ・アギレラ、ピンク、ケイティ・ペリーらにカメオ出演の話を持ちかけた。伝説のロックスター再生計画! フレッシュアイペディアより)

  • ホランド (ミシガン州)

    ホランド (ミシガン州)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    毎年約100万人の観衆がチューリップ・タイム祭に集まり、地域社会では寄付金を集めたプロジェクトを強化する革新的な方法を見つけている。アメリカ合衆国でも3番目に大きな町の祭に上げられ、雑誌「リーダーズ・ダイジェスト」からは小さな町の最良の祭に挙げられた。この祭には毎年著名なアーティストなどが招かれており、例えば2000年はシンガーソングライターのクリスティーナ・アギレラ、2001年はバンドのO・バンド、2004年にはロックバンドのバーブパイプ、2006年にはクリスチャンロックのジャーズ・オブ・クレイが来演した。コメディアンのエド・マクマホンが2007年に歌手のボビー・ヴィントンと共に来演した。コメディアンのビル・コスビーが2014年の祭の主客だった。ホランド (ミシガン州) フレッシュアイペディアより)

  • ウェックスフォード (ペンシルベニア州)

    ウェックスフォード (ペンシルベニア州)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラ - 歌手。ポップ・カルチャーの象徴的存在。二歳から高校時代までをウェックスフォードで過ごしている。ウェックスフォード (ペンシルベニア州) フレッシュアイペディアより)

  • マンディ・ムーア

    マンディ・ムーアから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    14歳の時に見出されてレコード会社と契約。1999年にデビューアルバム「So Real」を発表。当時はブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、ジェシカ・シンプソンなど10代の女性シンガーが人気を博しており、マンディもその波に乗る形でデビュー。デビューアルバムはいわゆるバブルガムポップで、後にマンディもこのデビューアルバムに関しては後悔していると話している。マンディ・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のワールドシリーズ

    2014年のワールドシリーズから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    第5戦の試合前に登場したアーロン・ルイスが、国歌の歌詞を間違えるという失態を犯した。"at the twilight's last gleaming" と歌うべきところでルイスは、のちに出てくる同じメロディ部分の歌詞 "were so gallantly streaming" を先に歌ってしまった。試合の翌日、ルイスは自身のウェブサイトに「申し訳ないという他なく、国民の皆様に許しを請いたいです。緊張のあまりあのような事態を起こしてしまい、完膚なきまでに打ちのめされています」と謝罪声明を出した。ルイスは、クリスティーナ・アギレラが2011年2月にアメリカンフットボールのNFL・第45回スーパーボウルで国歌の歌詞を間違えた際には「国歌をあんなクソみたいな歌い方するほど自分に酔えるなんて、どんな神経してんだか。論ずるに値しない歌がこの国の歴史上ただ1曲だけあるとすれば、あれがまさにそうだ」と痛烈に批判していた。2014年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • Emyli

    Emyliから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2003年のデビュー・コンベンションでは、アリシア・キーズの「Fallin'」、スティーヴィー・ワンダーの「Lately」、デビューシングル「Rain」のEnglish Version、クリスティーナ・アギレラの「遠く離れて〜コンティゴ・エン・ラ・ディスタンシア」を歌った。Emyli フレッシュアイペディアより)

141件中 71 - 80件表示

「クリスティーナ・アギレラ」のニューストピックワード