96件中 71 - 80件表示
  • JASMINE (歌手)

    JASMINE (歌手)から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    影響を受けたアーティストは宇多田ヒカル。前述の通り、比較されることもあるが、本人は昔から宇多田の曲を聴いていて影響を受けたと述べ、敬意を表している。また、彼女の1枚目のスタジオアルバム『First Love』を「日本人(アーティストの中)で1番聴いたアルバム」として挙げている。その他、影響を受けたアルバムとして、クリスティーナ・アギレラの『ストリップト』、ジョーの『シグネチャー』、マイケル・ジャクソンの『キング・オブ・ポップ』、マライヤ・キャリーの『』、メアリー・J. ブライジの『シェア・マイ・ワールド』、アリシア・キーズの『ソングス・イン・Aマイナー』、ジェニファー・ハドソンの『ジェニファー・ハドソン』、ノトーリアス・B.I.G.の『グレイテスト・ヒッツ』、ニーヨの『I LOVE NE-YO NE-YO SONGS2』、2パックの『トゥパック:レザレクション』、ビヨンセの『デンジャラスリィ・イン・ラヴ』、ジェイ・Zの『ザ・ブループリント3』を挙げている。JASMINE (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • 純潔運動

    純潔運動から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    近年では、1999年にデビューしたシンガーソングライターのジェシカ・シンプソンが「結婚するまで純潔を守る」発言で話題になり、その後を追うようにブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラも純潔宣言し、アメリカ国内は一時空前の純潔ブームとなった。また純潔運動家の中には、レネ・ルッソのように過去に純潔を失っていても(結婚し、子供をもうけていても)、ある時点から第二の純潔(セカンダリー・バージニティ)という道を選ぶ者も少なくない。純潔運動 フレッシュアイペディアより)

  • 英米関係

    英米関係から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    マドンナ、ティナ・ターナー、シェーア、マイケル・ジャクソン、ビング・クロスビー、エルヴィス・プレスリー、ボブ・ディラン、ダイアナ・ロス、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、フランク・シナトラ、レディー・ガガ、ビヨンセ等に代表されるアメリカのアーティストはイギリスでも高い人気を誇る。一方で、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、スティング、ザ・フー、シャーリー・バッシー、トム・ジョーンズ、デヴィッド・ボウイ、スパイス・ガールズ, ビージーズ、エイミー・ワインハウス、KTタンストール、レオナ・ルイス、エルトン・ジョン、コールドプレイ等のイギリスのアーティストもアメリカの音楽市場において大きな成功を収めている。疑いの余地なく、両国のポピュラー音楽は互いに強い影響を与えている。英米関係 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・アイドル

    アメリカン・アイドルから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    女性ソングライター、音楽プロデューサー。カイリー・ミノーグ、セリーヌ・ディオン、ブリトニー・スピアーズ、ヒラリー・ダフ、アシュリー・シンプソン、クリスティーナ・アギレラ、リンジー・ローハンらを手がけた。アメリカン・アイドル フレッシュアイペディアより)

  • ムーブス・ライク・ジャガー

    ムーブス・ライク・ジャガーから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    「ムーブス・ライク・ジャガー (featuring クリスティーナ・アギレラ) (Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera)」はアメリカのポップロック・バンドマルーン5の楽曲。この楽曲は、3枚目のスタジオ・アルバム『ハンズ・オール・オーヴァー』に収録され、アルバムからは4枚目のシングルとして2011年6月21日にリリースされた。各国の週間シングルチャートでは、全米のBillboard Hot 100など多くの国の週間シングルチャートで1位、全英シングルチャートなどで2位を獲得した。ムーブス・ライク・ジャガー フレッシュアイペディアより)

  • マルーン5

    マルーン5から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2011年6月21日に、同年4月に放送を開始したばかりのアメリカのタレントオーディション番組「The Voice」にて、マルーン5のアダム・レヴィーンとクリスティーナ・アギレラ(他にシーロー・グリーン、ブレイク・シェルトンなど)が番組の審査員として共演、そこで新曲として制作されたマルーン5とアギレラのコラボシングル「ムーヴス・ライク・ジャガー/Moves Like Jagger マルーン5 Feat.クリスティーナ・アギレラ」が初披露され、後に同日デジタルリリースされた。ビルボード・ホット100で初登場8位を記録し、2007年の「メイクス・ミー・ワンダー」以来のトップ10入りとなった。同曲は後に『ハンズ・オール・オーヴァー』からの4thシングルとして収録、アルバムとともに再発され、日本でも同曲とリミックスバージョン1曲を加えた『ハンズ・オール・オーヴァー+2』として再び発売された。「ムーヴス・ライク・ジャガー」は最終的にはリリースから3ヵ月後の9月に全米1位(同じく「メイクス・ミー・ワンダー」以来)に上り詰め、他15カ国以上でも1位に輝いている。マルーン5 フレッシュアイペディアより)

  • チェルブル・デ・アウル国際音楽祭

    チェルブル・デ・アウル国際音楽祭から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    催しは主に、ルーマニア国内と外国の有名歌手による、国際コンテストとゲストパフォーマンスの二つの部分から構成されている。長年にわたり、 Jacques Hustin 、ジルベール・ベコー、ジョセフィン・ベーカー、トト・クトゥーニョ、ジェームス・ブラウン、カイリー・ミノーグ、ダイアナ・ロス、クリスティーナ・アギレラ、シンディ・ローパー、ケニー・ロジャース、ジェリー・リー・ルイス、レイ・チャールズ、UB40、INXS、スコーピオンズ、トム・ジョーンズ、リッキー・マーティン、ピンク、シェリル・クロウ、The Kelly Family、t.A.T.u.、ルスラナなどの他、多くの有名なアーティストがこの音楽祭に参加している。チェルブル・デ・アウル国際音楽祭 フレッシュアイペディアより)

  • SISTAR

    SISTARから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    2010年3月にメンバーのイメージ写真が公開され、4月にはヒョリンがクリスティーナ・アギレラの「Hurt」を歌う動画が公開され、話題となった。5月にはサムスンの携帯電話CMにチャン・グンソクと共に出演するメンバーを選ぶネット投票が行われ、最多得票数を得たヒョリンが「チャン・グンソクの彼女」に選ばれ、デュエット曲「Magic Drag」を発表した。SISTAR フレッシュアイペディアより)

  • Canadian Hot 100

    Canadian Hot 100から見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    マルーン5 feat. クリスティーナ・アギレラ『Moves Like Jagger』(10週、2011)Canadian Hot 100 フレッシュアイペディアより)

  • ICONIQ

    ICONIQから見たクリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ

    趣味は乗馬と絵を描くこと。特技は幼い頃から習っていたダンス。好きな歌手はアリシア・キーズ、リアーナ、クリスティーナ・アギレラなどの洋楽の女性アーティストら。ICONIQ フレッシュアイペディアより)

96件中 71 - 80件表示

「クリスティーナ・アギレラ」のニューストピックワード