前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • クリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラから見たブリトニー・スピアーズ

    12歳から14歳までは、後にスターとなるブリトニー・スピアーズやケリー・ラッセル、NSyncのジャスティン・ティンバーレイクやジョシュア・スコットらと共に、Mickey Mouse Clubのショーにも出演。クリスティーナ・アギレラ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラから見たマドンナ (歌手)

    2004年、喉の疲労でチンギーとのツアーをキャンセル。この年のMTV ビデオ・ミュージック・アウォーズではマドンナとのキスシーンという衝撃的なステージを披露。また、ミッシー・エリオットのプロデュースとラップでフィーチャーした「カー・ウォッシュ (Car Wash)」を発表。「シャーク・テイル」の主題歌に起用される。クリスティーナ・アギレラ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラから見たマルーン5

    2011年にはアメリカのタレントオーディション番組「The Voice」に審査員として出演。そこで同じく審査員として共演したアダム・レヴィーンがボーカルを務めるマルーン5とのコラボシングル「ムーヴス・ライク・ジャガー/Moves Like Jagger マルーン5 Feat.クリスティーナ・アギレラ」がリリースされた。ビルボード・ホット100で初登場8位を記録し、シングルでは自身にとって2008年の「キープス・ゲッティン・ベター(Keeps Gettin' Better)」以来のトップ10入りとなった。また「ムーヴス・ライク・ジャガー」は最終的にリリースから3カ月後の9月に全米1位を獲得。これにより、1990年代、2000年代、2010年代それぞれでビルボード・ホット100の1位を獲得したことになる。(3つの年代で1位を獲得した女性アーティストとしてはマドンナ、ジャネット・ジャクソン、ブリトニー・スピアーズに次ぐ4人目)クリスティーナ・アギレラ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラから見た観月ありさ観月 ありさ

    1999年、デビューアルバム「クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)」をリリース。このアルバム中の曲「ジニー・イン・ア・ボトル (Genie in a Bottle)」は、観月ありさが「Love Potion」としてカバーし『ナースのお仕事4』の主題歌となった。また、この時のツアー衣装を日本のTV番組ASAYANがタイアップし、デザイナーのごあきうえが衣装をデザインする事になった。クリスティーナ・アギレラ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラから見たジャスティン・ティンバーレイク

    12歳から14歳までは、後にスターとなるブリトニー・スピアーズやケリー・ラッセル、NSyncのジャスティン・ティンバーレイクやジョシュア・スコットらと共に、Mickey Mouse Clubのショーにも出演。クリスティーナ・アギレラ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラから見たマリリン・モンロー

    メイクや服装もデビュー当時の清純なイメージから露出度の高い派手なものにかわったが、これはブリトニー同様しばしば批判されることもある。反面、父親による暴力におびえた幼年時代の告白、社会的弱者への共感を歌った「ビューティフル (Beautiful)」などが高く評価され、ブリトニーとは異なる土壌にあることを強く表明した。また、ゲイフレンドリーとしても有名で、先ほど挙げた「ビューティフル (Beautiful)」を歌ったことでゲイからも多く支持されている。彼女自身も「ゲイ差別をすることが理解できないわ」と同性愛者に対し、支持のメッセージを送り続けている。インシンクのメンバーであるランス・バスのカミングアウトの際は、「周りが騒ぎ立てる必要性がわからない。勇気のある素晴らしい行為。」と彼を絶賛している。ファッションに関しては2003年前後には生来ブロンドの髪を黒く染め、ゴシックさを強調したり、50年代のマリリン・モンロー風にしたりとその変換幅は大きい。クリスティーナ・アギレラ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラから見たリッキー・マーティン

    その後、リッキー・マーティンとのデュエット曲 「ひとりにしないで (Nobody Wants To Be Lonely)」がリリース。クリスティーナ・アギレラ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラから見たハービー・ハンコック

    ハービー・ハンコックのアルバムで、レオン・ラッセルの「A Song For You」をカバーし、グラミーでハービーとの競演を果たした。クリスティーナ・アギレラ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラから見たジャネット・ジャクソン

    2011年にはアメリカのタレントオーディション番組「The Voice」に審査員として出演。そこで同じく審査員として共演したアダム・レヴィーンがボーカルを務めるマルーン5とのコラボシングル「ムーヴス・ライク・ジャガー/Moves Like Jagger マルーン5 Feat.クリスティーナ・アギレラ」がリリースされた。ビルボード・ホット100で初登場8位を記録し、シングルでは自身にとって2008年の「キープス・ゲッティン・ベター(Keeps Gettin' Better)」以来のトップ10入りとなった。また「ムーヴス・ライク・ジャガー」は最終的にリリースから3カ月後の9月に全米1位を獲得。これにより、1990年代、2000年代、2010年代それぞれでビルボード・ホット100の1位を獲得したことになる。(3つの年代で1位を獲得した女性アーティストとしてはマドンナ、ジャネット・ジャクソン、ブリトニー・スピアーズに次ぐ4人目)クリスティーナ・アギレラ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティーナ・アギレラ

    クリスティーナ・アギレラから見た中西圭三中西 圭三

    1997年、彼女の最初のシングルは中西圭三とのコラボレーションシングル「All I Wanna Do」で、日本でも彼女のビデオが流れ、ツアーも行われた。翌年にはディズニー映画「Mulan」の主題歌「リフレクション(Reflection)」のオファー(「高いEの音が出せるか?」というもの)に応え、RCA レコードと契約。クリスティーナ・アギレラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「クリスティーナ・アギレラ」のニューストピックワード