前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示
  • クリス

    クリスから見たクリス・ブーチェッククリス・ブーチェック

    クリス・ブーチェック - 横浜ベイスターズに所属していたプロ野球選手。クリス フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見たクリス・ブーチェッククリス・ブーチェック

    12月17日 - 横浜が日本ハムを自由契約になったターメル・スレッジと2年契約を結んだと発表。新外国人選手のクリス・ブーチェックを発表。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・オデイ

    ダレン・オデイから見たクリス・ブーチェッククリス・ブーチェック

    3月29日にエンゼルスとメジャー契約を結び、31日のミネソタ・ツインズ戦でメジャーデビュー。1点ビハインドの8回裏から登板し、1回を2安打無失点に抑えた。16試合に登板したが、5月13日にAAA級ソルトレイク・ビーズへ降格した。6月9日にクリス・ブーチェックが故障者リスト入りしたため、メジャーへ昇格。11試合に登板したが、8月4日に再びAAA級ソルトレイクへ降格した。登録枠が拡大された9月2日に再昇格。この年は30試合に登板し、0勝1敗・防御率4.57だった。オフの10月21日に40人枠を外れ、AAA級ソルトレイクへ降格した。ダレン・オデイ フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見たクリス・ブーチェッククリス・ブーチェック

    これまでに佐々木吉郎→小野正一→平松政次→竹田光訓→田辺学→小宮山悟→土居龍太郎→山北茂利→クリス・ブーチェック→江尻慎太郎と10名の投手が連続したが、2013年は外野手のナイジャー・モーガンが着用する。野手の27番は1961年のスタンレー橋本以来である。2014年からは再び投手の久保康友が着用する。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・カスティーヨ

    ホセ・カスティーヨから見たクリス・ブーチェッククリス・ブーチェック

    は打率.273、19本塁打、55打点、OPS.755の成績を残した。守備では二塁手で15失策を喫したが、守備イニング500以上の二塁手で球界トップのRFを記録。一塁手、右翼手、左翼手での出場もあった。11月16日にスティーブン・ランドルフ、クリス・ブーチェックらと共に球団から自由契約を公示され退団した。ホセ・カスティーヨ フレッシュアイペディアより)

  • 10月24日

    10月24日から見たクリス・ブーチェッククリス・ブーチェック

    1978年 - クリス・ブーチェック、プロ野球選手10月24日 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見たクリス・ブーチェッククリス・ブーチェック

    ロッテのエース清水直行を複数人とのトレードで獲得し、同じくFA宣言をしたロッテの橋本将、日本ハムを自由契約となったターメル・スレッジを獲得するなど大規模な補強を行った。当初の構想では、前年途中から抑えを務めた山口俊を先発に転向させ、新外国人投手のクリス・ブーチェックを抑えに起用する予定だったが、ブーチェックはオープン戦で成績を残せなかったことから、開幕直前に山口が抑えに再び戻った。また、三浦大輔が開幕前のオープン戦で大乱調だったことから急遽二軍落ちとなった。3月31日の巨人戦の勝利で順位を3位タイとし、同時に広島が単独最下位となったが、この横浜の「最下位からの脱出」は2008年4月5日以来284試合目(725日ぶり)であり、これまでの記録(楽天、2005年4月9日 - 2007年3月24日、262試合)を大幅に更新してのストップとなった。しかし、開幕当初の構想から外れた戦いを強いられたため、交流戦以降は低迷し、最下位に転落。一度も浮上することもなく9月7日の対巨人戦の敗戦で5年連続のBクラスが確定し、9月25日の対中日戦の敗戦で3年連続の最下位が確定。9月28日の対ヤクルト戦で敗れてプロ野球史上初の3年連続90敗、10月6日の対阪神戦の敗戦で130試合制だった1955年以来55年ぶりのシーズン95敗を喫した。前述の構想から外れた戦いを強いられたことや、エース三浦がシーズンでも成績を残すことができなかったことが要因である。ヘッドコーチの島田誠が不振の責任を取り1年で辞任。オフに内川聖一がFAでソフトバンクに移籍した。8月、2010年シーズン終了をもって、二軍の「湘南シーレックス」の名称を一軍と同じ「横浜ベイスターズ」に戻すことがプロ野球実行委員会で承認された。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 山口俊

    山口俊から見たクリス・ブーチェッククリス・ブーチェック

    は球団がクローザー候補としてクリス・ブーチェックを獲得したことから、春季キャンプでは、先発投手への再転向を視野に調整していた。しかし、ブーチェックがオープン戦で不振だったことから、公式戦の開幕直前でクローザーに復帰。前半戦では同点の場面で登板する機会が多く、敗戦投手になることも多かった。セントラル・リーグの監督推薦選手として初めて出場したオールスターゲームでは、「2試合を通じて最も印象的な活躍を見せた選手」としてマツダ・プレマシー賞を受賞した。さらに、後半戦で本来の調子を取り戻すと、自身初の30セーブを記録した。山口俊 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年

    1978年から見たクリス・ブーチェッククリス・ブーチェック

    10月24日 - クリス・ブーチェック、プロ野球選手1978年 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示