前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
291件中 1 - 10件表示
  • チャック・ノリス

    チャック・ノリスから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    そして、ブレイクスルーとなったオライオン・ピクチャーズ作品、『燃えよ! カンフー』(1972年 - 1975年)の主演俳優デビッド・キャラダインを悪役に迎え、『ビッグ・バッド・ママ』(1974)、『超高層プロフェッショナル』(1979)の俊英スティーヴ・カーヴァーが製作・監督に当たった『テキサスSWAT』(1983年)。キャノン・フィルム初の主演作にて彼の代名詞となる『地獄のヒーロー』(1984年)。クリント・イーストウッド作品を手掛けていたベテラン文芸チームの脚本を、新鋭監督(後にハリソン・フォード主演『逃亡者』(1993年)でワーナーのヒットメーカーとなるアンドリュー・デイヴィス)の抜擢で演出された、(ユニヴァーサル・スタジオTV部部長やMGM副社長を歴任、ロバート・アルトマンの盟友として知られる)レイモンド・ワグナー製作によるオライオン作品『野獣捜査線』(1985年)。弟アーロンが原案を立て自身初の脚本の共同作業も担当したキャノン作品『地獄のコマンド』(1985年)と、続々と話題となる主演作を発表。当時としては記録的な大ヒットを打ち立て、その四作品いずれもが全米初登場1位を獲得するという快挙を成し遂る。デビューから15年という歳月を懸け、チャック・ノリスは、名実ともにアメリカを代表するマネーメイキング・スターとしての地位を確立する。チャック・ノリス フレッシュアイペディアより)

  • フォード・トリノ

    フォード・トリノから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    第3世代グラン・トリノは様々な映像作品で日本でも著名な存在である。古くは刑事スタスキー&ハッチにおける赤いグラン・トリノとして日本のお茶の間にも知られた存在であった。第3世代の中でも特徴的なフロントマスクを有している1972年式は、2008年に公開されたクリント・イーストウッド監督・主演の映画『グラン・トリノ』で世界的に知名度が高まった。フォード・トリノ フレッシュアイペディアより)

  • 夕陽のガンマン

    夕陽のガンマンから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『夕陽のガンマン』(、、原題の意味は「もう数ドルのために」)は1965年のイタリア制作のマカロニ・ウェスタンである。監督はセルジオ・レオーネ、出演はクリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテ。他にドイツ人俳優クラウス・キンスキーも悪役で出演している。日本とアメリカでは1967年に公開され、「ドル箱三部作」の第2作目に当たる。夕陽のガンマン フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    外国映画監督賞 クリント・イーストウッド(『ミスティック・リバー』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場

    ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』(Heartbreak Ridge)は、1986年公開のアメリカ映画。クリント・イーストウッド監督・主演。グレナダ侵攻をテーマにしている。ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場 フレッシュアイペディアより)

  • 山田康雄

    山田康雄から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    しかし、当時は吹き替えの仕事は役者の副業という認識が強く、やや軽く見られていた。山田もまた吹き替えの仕事を軽視しており「口の動きに合わせて日本語を喋ればいいだけだ」とたかを括っていたという。しかし、初めての収録の際、本番前のテスト中に突然降板させられた。その際に監督から「君の芝居は吹き替えに合わない」と言われた山田は、今までの自分の考えが非常に甘かったと反省。その日から、山田は「吹き替えもまた役者の演技」と心機一転し、芝居の原点に戻って稽古を続けた。その1年後である1959年に、海外テレビドラマ『ローハイド』の吹き替えにおいてクリント・イーストウッド演じるロディ役に抜擢され、「クリント・イーストウッドの吹き替えは山田康雄」と世間から認知されるほど有名になった。山田康雄 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    2006年には、クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』に、栗林忠道役で日本国外映画初主演。他の主要日本人キャストはオーディションの末選出されたが、渡辺だけは監督から直接出演要請があった。外国語映画賞を受賞したゴールデングローブ賞の授賞式において、壇上のクリント・イーストウッド監督は「偉大なるケン・ワタナベに敬意を表したい」と渡辺に言葉を贈った。渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・スピルバーグ

    スティーヴン・スピルバーグから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    その他にもマーティン・スコセッシ、フランシス・フォード・コッポラ、クリント・イーストウッドといった監督と長年の交友があり、トム・ハンクス、ハリソン・フォード、リチャード・ドレイファス、トム・クルーズなどの俳優陣と親交が深く自身の監督作にも頻繁に起用している。スティーヴン・スピルバーグ フレッシュアイペディアより)

  • 恐怖のメロディ

    恐怖のメロディから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『恐怖のメロディ』(きょうふのメロディ、Play Misty for Me)は、1971年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。クリント・イーストウッドの監督によるサスペンス映画である。また、この作品に使われている「ミスティ」(Misty)は、ジャズ・ピアニストのエロール・ガーナーによって1954年に作曲されたバラードである。恐怖のメロディ フレッシュアイペディアより)

  • 第65回アカデミー賞

    第65回アカデミー賞から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    第65回アカデミー賞は1993年3月29日に発表・授賞式が行われた。司会は4年連続となるビリー・クリスタル。クリント・イーストウッドの西部劇『許されざる者』が作品賞・監督賞を受賞したが4部門にとどまった。第65回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
291件中 1 - 10件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード