前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
397件中 1 - 10件表示
  • 西部劇

    西部劇から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    そしてB級西部劇が衰退した頃からテレビ西部劇が盛んに製作されて、テレビからスターが生まれ、西部劇映画の監督が生まれた。「拳銃無宿」のスティーブ・マックイーン、「マーベリック」のジェームズ・ガーナー、『ローハイド』のクリント・イーストウッド、そしてジェームズ・コバーン、チャールズ・ブロンソン、リー・マーヴィンがその例であり、テレビ出身の監督からサム・ペキンパー監督でランドルフ・スコットとジョエル・マクリー主演「昼下がりの決闘」、ゴードン・ダグラス監督の「駅馬車」、アンドリュー・V・マクラグレン監督の「シェナンドー河」、ドン・シーゲル監督でオーディ・マーフィ主演「抜き射ち二挺拳銃」、エルビス・プレスリー主演「燃える平原児」などの作品が生まれた。西部劇 フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    外国映画監督賞 クリント・イーストウッド(『許されざる者』『パーフェクト・ワールド』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ノリス

    チャック・ノリスから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    その後も快進撃は続き、ワーナー・ブラザースが配給を担当し、ユナイテッド・アーティスツの重役トリオが設立した準メジャー、オライオン・ピクチャーズ作品では、『燃えよ! カンフー』(1972年 - 1975年)の主演俳優デビッド・キャラダインを悪役に迎え、『ビッグ・バッド・ママ』(1974年)、『超高層プロフェッショナル』(1979年)で知られる俊英スティーヴ・カーヴァーが製作・監督に当たった『テキサスSWAT』(1983年)。後に独立系スタジオのなかで最大手に成長するキャノン・フィルムズ初の主演作にて彼の代名詞となる『地獄のヒーロー』(1984年)。クリント・イーストウッド作品を手掛けていたベテラン文芸チームの脚本を、後にハリソン・フォード主演 『逃亡者』(1993年)を監督しワーナーの看板となる、当時、新鋭のアンドリュー・デイヴィスを抜擢し、(ユニヴァーサル・スタジオTV部部長やMGM副社長を歴任、ロバート・アルトマンの盟友である)レイモンド・ワグナーが製作に当たったオライオン2作目の『野獣捜査線』(1985年)。弟アーロンが原案を立て自身初の脚本の共同作業も担当したキャノン3作目の『地獄のコマンド』(1985年)と、四つの主演作が立て続けに全米初登場1位を獲得した。チャック・ノリス フレッシュアイペディアより)

  • 山田康雄

    山田康雄から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    代表作に『ルパン三世』(ルパン三世)、クリント・イーストウッドの吹き替えなどがある。山田康雄 フレッシュアイペディアより)

  • フォード・トリノ

    フォード・トリノから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    第3世代グラン・トリノは様々な映像作品で日本でも著名な存在である。古くは刑事スタスキー&ハッチにおける赤いグラン・トリノとして日本のお茶の間にも知られた存在であった。第3世代の中でも特徴的なフロントマスクを有している1972年式は、2008年に公開されたクリント・イーストウッド監督・主演の映画『グラン・トリノ』で世界的に知名度が高まった。フォード・トリノ フレッシュアイペディアより)

  • 恐怖のメロディ

    恐怖のメロディから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『恐怖のメロディ』(きょうふのメロディ、Play Misty for Me「『ミスティ』をかけて」)は、1971年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。クリント・イーストウッドの監督によるサスペンス映画である。また、この作品に使われている「ミスティ」(Misty)は、ジャズ・ピアニストのエロール・ガーナーによって1954年に作曲されたバラードである。恐怖のメロディ フレッシュアイペディアより)

  • マディソン郡の橋 (映画)

    マディソン郡の橋 (映画)から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『マディソン郡の橋』(マディソンぐんのはし、原題: The Bridges of Madison County)は、1992年にアメリカ合衆国で発売されたロバート・ジェームズ・ウォラー()の同名ベストセラー小説を原作にした、1995年の恋愛映画。アンブリン・エンターテインメントとマルパソ・プロダクションズが製作し、ワーナー・ブラザースが配給した。クリント・イーストウッドがプロデューサーおよび監督、キャスリーン・ケネディが共同プロデューサー、リチャード・ラグラヴェネーズが脚本を務めた。イーストウッドとメリル・ストリープが主演した。マディソン郡の橋 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 続・夕陽のガンマン

    続・夕陽のガンマンから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『続・夕陽のガンマン』(、、原題の意味は「善玉、悪玉、卑劣漢」)は1966年の叙事詩的マカロニ・ウェスタンである。監督はセルジオ・レオーネ。クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォラックがそれぞれ原題の善玉、悪玉、卑劣漢を演じている。脚本はフリオ・スカルペッリとルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ、レオーネによって書かれた。エンニオ・モリコーネが作ったこの映画の音楽は現在でも有名である。また、この映画は『荒野の用心棒』(1964年)と『夕陽のガンマン』(1965年)から続く「ドル箱三部作」の第3作目であるとされている。物語は、南軍の金貨を求めて南北戦争のアメリカを冒険する3人のガンマンを中心に展開する。この映画は西ドイツとイタリア、スペインの共同で制作された。続・夕陽のガンマン フレッシュアイペディアより)

  • 夕陽のガンマン

    夕陽のガンマンから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『夕陽のガンマン』(、、原題の意味は「もう数ドルのために」)は1965年のイタリア制作の西部劇である。監督はセルジオ・レオーネ、出演はクリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテ。他にドイツ人俳優クラウス・キンスキーも悪役で出演している。日本とアメリカでは1967年に公開され、「ドル箱三部作」の第2作目に当たる。夕陽のガンマン フレッシュアイペディアより)

  • ブロンコ・ビリー

    ブロンコ・ビリーから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『ブロンコ・ビリー』(Bronco Billy)は、1980年のアメリカ映画。監督・主演はクリント・イーストウッド。脚本はデニス・ハッキン。ブロンコ・ビリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
397件中 1 - 10件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード