397件中 91 - 100件表示
  • さよなら。いつかわかること

    さよなら。いつかわかることから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『さよなら。いつかわかること』(原題: Grace Is Gone)は、2007年に公開されたアメリカ合衆国の映画。監督はジェームズ・C・ストラウス。クリント・イーストウッドが音楽を担当している。さよなら。いつかわかること フレッシュアイペディアより)

  • ダスティン・ランス・ブラック

    ダスティン・ランス・ブラックから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    2011年公開のクリント・イーストウッドが監督し、ジョン・エドガー・フーヴァーを描いた伝記映画『J・エドガー』で脚本を担当した。ダスティン・ランス・ブラック フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・N・グリーン

    ジャック・N・グリーンから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    ジャック・N・グリーン(Jack N. Green、本名:John Newton Green、1946年11月18日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身の映画撮影監督・映画監督。ピーター、ヘザー、ライアンの3人の子供も撮影クルーとして活躍している。クリント・イーストウッド作品の撮影でも知られている。ジャック・N・グリーン フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ロレンツ

    ロバート・ロレンツから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    1990年代より第二班監督や助監督として活動する。『ブラッド・ワーク』(2002年)で初めてプロデューサーを務め、同作品以降すべてのクリント・イーストウッド作品でプロデューサーまたはエグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされている。『ミスティック・リバー』と『硫黄島からの手紙』ではアカデミー作品賞にノミネートされた。2012年にイーストウッド主演の『人生の特等席』で監督デビューを果たした。ロバート・ロレンツ フレッシュアイペディアより)

  • ウディ・アレンのザ・フロント

    ウディ・アレンのザ・フロントから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    オープニングとエンドロールの初めの部分では、フランク・シナトラの「ヤング・アット・ハート」が流れる。この曲は、1953年にヒットし、ゴードン・ダグラス監督、ドリス・デイ主演の映画「ヤング・アット・ハート」(1954年)の主題歌となったもの。『ジェシカ・ラングのスウィート・ドリーム』(1985年)、ニコラス・ケイジの『あなたに降る夢』(1994年)、クリント・イーストウッド主演・監督の『スペース・カウボーイ』(2000年)にも使われている。ウディ・アレンのザ・フロント フレッシュアイペディアより)

  • 映画学

    映画学から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッド-俳優、監督(名誉卒業生)映画学 フレッシュアイペディアより)

  • ザプルーダー・フィルム

    ザプルーダー・フィルムから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    また、フィルムは他の映画作品やメディアでも取り上げられている。前述のオリバー・ストーン監督の映画『JFK』には、当時入手可能であったコピーの中でも最も鮮明なものが使用されており、最後の銃弾が大統領に命中した後、ジャクリーン大統領夫人が口の動きから「Oh, my God!」と言っている様子まで読み取ることができる。他にも、ケネディが頭部に致命的な銃撃を被弾した瞬間のクローズアップは、1993年公開のクリント・イーストウッド主演の映画『ザ・シークレット・サービス』にも使用されている。1998年の映画『エネミー・オブ・アメリカ』には、主演のウィル・スミス演じる登場人物が、ザプルーダー・フィルムのコピーを持っていると冗談を言う場面もある。ザプルーダー・フィルム フレッシュアイペディアより)

  • 二人の可愛い逃亡者

    二人の可愛い逃亡者から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    また、この映画には、当時まだ無名だったクリント・イーストウッドが、捜索機のパイロット役としてクレジットなしで登場する。二人の可愛い逃亡者 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・カーブ

    マイク・カーブから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    1960年代、カーブは自身の音楽グループ、マイク・カーブ・コングリゲイションを組織した。1971年初頭、アルバム『' 』のカーブがラロ・シフリンと共に作詞作曲したタイトル曲がクリント・イーストウッドの映画『戦略大作戦』のテーマ曲となり、ポップ・チャートのトップ40にランクインし、BMIアワードを受賞した。1970年、映画『The Magic Garden of Stanley Sweetheart 』の曲『Sweet Gingerbread Man 』がアダルト・コンテンポラリーのチャートでヒットし、1973年、シャーマン兄弟と作曲した『小さな世界』もヒットした。1972年、マイク・カーブ・コングリゲイションはサミー・デイヴィスJr.の『The Candy Man 』(『夢のチョコレート工場』でのオーブリー・ウッズ版)で演奏しBillboard Hot 100で第1位を獲得した。1978年にはジェームズ・ステュアート主演ミュージカル『The Magic of Lassie 』で演奏した。1980年、彼らは大統領選におけるロナルド・レーガンのテーマ曲『' 』をレコーディングした。マイク・カーブ・コングリゲイションはCBSのグレン・キャンベルの全国放送番組に毎週レギュラー出演していた。マイク・カーブ フレッシュアイペディアより)

  • サザン・パシフィック

    サザン・パシフィックから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    サザン・パシフィック(Southern Pacific)は1983年から1991年にかけて活躍したアメリカ合衆国のカントリー・ロックバンド。代表曲は、クリント・イーストウッドが主演の映画「ピンク・キャデラック」(1989年)のエンディング・テーマである「風にまかせて」(Any Way The Wind Blows)である。サザン・パシフィック フレッシュアイペディアより)

397件中 91 - 100件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード