397件中 31 - 40件表示
  • 2005年の映画

    2005年の映画から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    2月27日 - アカデミー賞が開催され、クリント・イーストウッドの『ミリオンダラー・ベイビー』が作品賞を受賞した。2005年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 荒野の用心棒

    荒野の用心棒から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『荒野の用心棒』(、)は、1964年にイタリアで制作されたマカロニ・ウェスタンである。監督はセルジオ・レオーネ、出演者はクリント・イーストウッド、ジャン・マリア・ヴォロンテ、マリアンネ・コッホなど。荒野の用心棒 フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・マックイーン

    スティーブ・マックイーンから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    マックイーンとバーブラ・ストライサンドは『ガントレット』に暫定的に配役された。しかし両者はエゴが衝突しうまくやっていくことができなかった。両者は降板することとなり、代わりにクリント・イーストウッドとソンドラ・ロックが起用された。スティーブ・マックイーン フレッシュアイペディアより)

  • ハドソン川の奇跡 (映画)

    ハドソン川の奇跡 (映画)から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    2009年に起こり、奇跡的な生還劇として知られるUSエアウェイズ1549便不時着水事故、通称“ハドソン川の奇跡”と、その後の知られざる真実を映画化。クリント・イーストウッド監督・製作。トム・ハンクス主演。原題の“Sully”(サリー)とは、USエアウェイズ1549便の機長チェスリー・サレンバーガーのニックネーム。ハドソン川の奇跡 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 人生の特等席

    人生の特等席から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『人生の特等席』(じんせいのとくとうせき、原題: Trouble with the Curve)は、ロバート・ロレンツ監督による2012年のアメリカ合衆国のスポーツ・ドラマ映画である。出演はクリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、マシュー・リラード、ジョン・グッドマンらである。人生の特等席 フレッシュアイペディアより)

  • シノーラ

    シノーラから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『シノーラ』(Joe Kidd)は、1972年にアメリカで製作された西部劇映画。クリント・イーストウッド主演。1975年11月5日、日本テレビ『水曜ロードショー』でテレビ初放送された際には『荒野の用心棒2』の副題が付けられた。シノーラ フレッシュアイペディアより)

  • アイガー・サンクション

    アイガー・サンクションから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『アイガー・サンクション』(The Eiger Sanction)は、1975年に公開されたアメリカ合衆国の映画。トレヴェニアンの同名の小説を原作にしてクリント・イーストウッドが監督、主演を務めた。山を舞台としたスパイ映画で、数多くの登山シーンがある。アイガー・サンクション フレッシュアイペディアより)

  • 真昼の死闘

    真昼の死闘から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドが主演したハリウッド映画であるが、フランス占領下のメキシコを舞台としており、西部劇というよりはマカロニ・ウェスタンの色合いを感じさせる作品である。監督のドン・シーゲルとはこの後『白い肌の異常な夜』(興行的には失敗)、『ダーティハリー』でもコンビを組み、師弟関係ともいえる間柄となる。真昼の死闘 フレッシュアイペディアより)

  • ダーティファイター 燃えよ鉄拳

    ダーティファイター 燃えよ鉄拳から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『ダーティファイター 燃えよ鉄拳』(Any which Way You can)は、1980年のアメリカ映画。1978年のクリント・イーストウッド主演『ダーティファイター』の続編。ダーティファイター 燃えよ鉄拳 フレッシュアイペディアより)

  • S&W M19

    S&W M19から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    ベン・ショックリー刑事(クリント・イーストウッド)が、M66の2.5インチを使用。S&W M19 フレッシュアイペディアより)

397件中 31 - 40件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード