397件中 41 - 50件表示
  • 真昼の決闘

    真昼の決闘から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    最初にケインに倒されるベン・ミラーを演じているのはシエブ・ウーリーである。テレビ映画『ローハイド』にレギュラーで出演していた。エリック・フレミング(フェイバー隊長)、クリント・イーストウッド(ロディ)の下で、斥候役としてピートを演じていたのが彼であった。本業は歌手であるが、1967年の映画『戦う幌馬車』ではジョン・ウェインに同じく倒される役を演じている。真昼の決闘 フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・サーティース

    ブルース・サーティースから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    1960年代、ドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッド出演の『マンハッタン無宿』『真昼の死闘』などで撮影助手のクレジットがある。ブルース・サーティース フレッシュアイペディアより)

  • S&W M29

    S&W M29から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    M29は当初、使用弾薬が狩猟専用ゆえに一部のハンターなどだけに知られる、特殊用途拳銃であった。ところが、1971年にクリント・イーストウッド主演の映画『ダーティハリー』が公開されると、一躍世界中に知られる存在となった。撮影に使用されたM29は、ハリウッド近隣の銃砲店で入手できなかったのでプロデューサーが製造メーカーのS&W社へ製品提供の要請を行った、特別モデルであった。この映画で特に有名な台詞として "this is a 44 magnum, the most poweful handgun in the world, and would blow your head clean off." (この銃は、世界一強力な44マグナムだ。お前の頭なんかきれいに吹き飛ばせる。)があり、「世界最強の拳銃」=「S&W M29」であることを印象付けた。S&W M29 フレッシュアイペディアより)

  • ガルシアの首

    ガルシアの首から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    著書『破顔』で敬愛するジョン・フォードやハワード・ホークス、ビリー・ワイルダー、アルフレッド・ヒッチコックなどの巨匠監督にヘンリー・フォンダやバート・ランカスター、ジョン・ウェイン、リー・マーヴィン、グレン・フォード、ポール・ニューマン、ウォルター・ブレナン、ジャック・レモン、ハンフリー・ボガート、クリント・イーストウッドといったスターや名優と共に、ペキンパーやアーネスト・ボーグナインやウォーレン・オーツといったペキンパー組の役者にリスペクトを捧げた俳優の長塚京三は同著に『ブロンコ・ビリー』のクリント・イーストウッド共に『ガルシアの首』のウォーレン・オーツの写真を掲載している。ガルシアの首 フレッシュアイペディアより)

  • アカデミー監督賞

    アカデミー監督賞から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    最年少受賞者はデミアン・チャゼルの32歳。最年少候補者はジョン・シングルトンの24歳。最年長受賞者はクリント・イーストウッドの74歳。最年長候補者はジョン・ヒューストンの79歳。2009年のキャスリン・ビグローが女性初の受賞者となった。アカデミー監督賞 フレッシュアイペディアより)

  • 全米監督協会賞

    全米監督協会賞から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    1992: クリント・イーストウッド - 『許されざる者』全米監督協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • キャスパー (映画)

    キャスパー (映画)から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    ちなみにゴースト関連の映画として、劇中にはダン・エイクロイドが登場したり、クリント・イーストウッドやメル・ギブソンらがカメオ出演していたりして、何かと豪華である。また劇中で、性悪女とその頼りない弁護士コンビを演じたキャシー・モリアーティとエリック・アイドルは、製作総指揮のスティーヴン・スピルバーグから大絶賛された。キャスパー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    1960年代前半、モーガンはロサンゼルスへと移住。クリント・イーストウッドなどが通っていたロサンゼルス・シティー・カレッジに事務員として勤務した。一時期はニューヨークにも住んでいたことがあり、1964年に開かれたニューヨーク万国博覧会でダンサーを務めた。またサンフランシスコではオペラ歌劇団にも所属していた。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • ライマン公会堂

    ライマン公会堂から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    またその間も映画のロケ地として使用され、1979年、ジョン・カーペンターの映画『Elvis 』、1980年、ロレッタ・リンの半生を描きシシー・スペイセクがアカデミー主演女優賞を受賞した『歌え!ロレッタ愛のために』、1982年、クリント・イーストウッドの『センチメンタル・アドベンチャー』、1985年、パッツィー・クラインの半生を描いた『Sweet Dreams 』など様々な映画の舞台となった。1980年の『歌え!ロレッタ愛のために』では、パッツィ・クラインが自動車事故で入院しているため、アーネスト・タブがロレッタ・リンに代役としての出演を頼む場面などがここで撮影された。ライマン公会堂 フレッシュアイペディアより)

  • ジャージー・ボーイズ

    ジャージー・ボーイズから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    2014年にクリント・イーストウッド監督により映画化されている。ジャージー・ボーイズ フレッシュアイペディアより)

397件中 41 - 50件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード