397件中 51 - 60件表示
  • 菊田俊介

    菊田俊介から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    2008年 ココ・テイラーとのツアー中にウィスコンシン州ブラックフォールズ・リバーで起きた大事故で、顔面左半分を4カ所骨折し、さらに右足の付け根から脱臼する重傷を負う。2か月間の静養期間を経て演奏活動に復帰。12月にはジョージ・ブッシュ大統領らが見守る中で、Kennedy Center Honorsに出演。クリント・イーストウッドから“Shogun of the blues(ブルースの将軍)”と紹介される。菊田俊介 フレッシュアイペディアより)

  • サンフランシスコ

    サンフランシスコから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッド主演。ポリスアクション。サンフランシスコ フレッシュアイペディアより)

  • 小林清志

    小林清志から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    山田康雄亡き後、納谷悟朗や野沢那智と共にクリント・イーストウッド等の役を引き継ぎ、小林は主にビデオ/DVD版を担当している。小林清志 フレッシュアイペディアより)

  • サンダーボルト (1974年の映画)

    サンダーボルト (1974年の映画)から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『サンダーボルト』(原題:Thunderbolt and Lightfoot)は、マイケル・チミノ監督、クリント・イーストウッド主演の1974年の映画作品である。サンダーボルト (1974年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • .44マグナム弾

    .44マグナム弾から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    S&W M29(そして.44マグナム弾薬自体も)は、クリント・イーストウッドのスター映画ダーティハリー(1971年)に華々しく登場し、人気を博した。また実例では1992年10月17日にアメリカ合衆国ルイジアナ州で起きた日本人留学生射殺事件でも使用された。.44マグナム弾 フレッシュアイペディアより)

  • 納谷悟朗

    納谷悟朗から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    山田康雄の持ち役だった『荒野の用心棒』のクリント・イーストウッドでは、納谷が上記の強い男性を演じてきた経歴などから、「納谷さんがやってください」と依頼があった。その頃山田がまだ活躍中で、納谷は気が進まず断ったが、局側が引き下がらなかったため、山田と相談のうえ結局吹き替えたことを語っている。イーストウッドの吹き替えは、山田の死後、『目撃』(ソフト版)で担当している。納谷悟朗 フレッシュアイペディアより)

  • グラン・トリノ

    グラン・トリノから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『グラン・トリノ』(Gran Torino)は、2008年のアメリカ映画。監督、プロデューサーおよび主演はクリント・イーストウッド。ミシガン州が舞台。2008年12月12日に北米で限定公開、2009年1月9日に拡大公開され、日本では2009年4月25日に公開された。グラン・トリノ フレッシュアイペディアより)

  • サンダーボルト

    サンダーボルトから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッド主演の1974年の映画作品。本項で詳述。サンダーボルト フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・トーマス

    クレイグ・トーマスから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    代表作に『ファイアフォックス』(原題:Firefox, 1977年)および続編の『ファイアフォックス・ダウン』(原題:Firefox down, 1983年)があり、前者はクリント・イーストウッドにより『ファイヤーフォックス』として映画化もされた(1978年)。このため『ファイアフォックス・ダウン』の冒頭にはイーストウッドへの献辞がある。この成功によってトーマスは教師を辞め、作家業に専念するようになった。他にも彼が有名になるきっかけとなった『モスクワを占領せよ』(原題:Snow Falcon, 1979年)および『ディファレント・ウォー』(原題:A Different War, 1997年)などがある。クレイグ・トーマス フレッシュアイペディアより)

  • アイリス・ヤマシタ

    アイリス・ヤマシタから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    映画脚本デビュー作である、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』でアカデミー脚本賞にノミネートされる。日本語も話せるが、本人曰く日本語のレベルは小学校3年生程度とのこと。『硫黄島?』の脚本も英語で書かれたものを日本人の翻訳家が翻訳したものが用いられた。アイリス・ヤマシタ フレッシュアイペディアより)

397件中 51 - 60件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード