291件中 61 - 70件表示
  • ホセ・カルヴォ

    ホセ・カルヴォから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    1964年、彼はセルジオ・レオーネ監督のマカロニ・ウエスタン『荒野の用心棒』に酒場の主人シルバニト役で出演した。この映画ではクリント・イーストウッド演じる主人公の数少ない友として登場した。その後彼は『怒りの荒野』(1967年)でリー・ヴァン・クリーフと共演する。さらに『行け、野郎、撃て!』(1971年)などに出演する。ホセ・カルヴォ フレッシュアイペディアより)

  • アサ・アール・カーター

    アサ・アール・カーターから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    最も良く知られたカーターの作品は1975年の『The Rebel Outlaw: Josey Wales』と1976年の『リトル・トリー』である。『リトル・トリー』はカーターの生きている間はそこそこの売り上げであったが、1980年代後半から1990年代にかけてヒット作となった。クリント・イーストウッドは1976年にカーターの小説『The Rebel Outlaw: Josey Wales』を映画化(邦題『 アウトロー』)した。1997年には『リトル・トリー』も映画化された。アサ・アール・カーター フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺文樹

    渡辺文樹から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    渡辺の映画制作会社・マルパソプロダクションの名前は、クリント・イーストウッドの設立した同名の映画制作会社に由来するものである。渡辺文樹 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ第二帝政

    メキシコ第二帝政から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    1970年の映画真昼の死闘はメキシコ第二帝政期のメキシコを舞台にしている。クリント・イーストウッドとシャーリー・マクレーン演じる二人の主人公がメキシコの抵抗勢力を助け、ついにはフランスの駐屯軍に打ち勝たせる。メキシコ第二帝政 フレッシュアイペディアより)

  • 二部作

    二部作から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッド「硫黄島二部作」二部作 フレッシュアイペディアより)

  • 第35回セザール賞

    第35回セザール賞から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    『グラン・トリノ』 - クリント・イーストウッド()第35回セザール賞 フレッシュアイペディアより)

  • ソコ 522

    ソコ 522から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    ソコ 522は1960年代、1970年代にユーゴスラビアで撮影された数多くの戦争映画で幅広く活用され有名になった。フォッケウルフ Fw190を思わせる外観のためにドイツ空軍機を演じた。出演した著名な映画にはアカデミー賞候補となったユーゴスラビア映画の『ネレトバの戦い』(1969年)やクリント・イーストウッド主演の『戦略大作戦(原題:Kelly's Heroes)』(1970年)がある。ソコ 522 フレッシュアイペディアより)

  • マリアンネ・コッホ

    マリアンネ・コッホから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    コッホは1955年の『悪魔の将軍』でドイツ映画賞の銀賞を獲得し、俳優としての評価を確立させた。西ドイツのみならず国際的に活躍し、1954年の『夜の人々』ではグレゴリー・ペックと、1964年の『荒野の用心棒』ではクリント・イーストウッドと共演を果たしている。それらの俳優業の傍ら、西ドイツの人気クイズ番組『Was bin ich?』のレギュラーとして出演し、人気を集めた。マリアンネ・コッホ フレッシュアイペディアより)

  • ディラン・マクダーモット

    ディラン・マクダーモットから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    ディランは父親が17歳、母親が15歳の時の子供であり、祖母に育てられた。彼が15歳の時に、父親が劇作家のEve Enslerと交際するようになり再婚、彼女は演技の勉強をするように彼を励ましたという。そしてフォーダム大学の演劇科で学び、ネイバーフッド・プレイハウスで更に学んでいたときに女優のジョアン・ウッドワードと出会いいくつかの舞台に出演。1993年にクリント・イーストウッドの『ザ・シークレット・サービス』に出演して知られるようになった。ディラン・マクダーモット フレッシュアイペディアより)

  • ルース・ゴードン

    ルース・ゴードンから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    その他の代表作としては、TVドラマ『刑事コロンボ』の「死者のメッセージ」で犯人役となる女流作家アビゲール・ミッチェル(恐らくアガサ・クリスティが元ネタで、コロンボシリーズ中、最高齢の犯人)を可愛らしく演じ、コロンボ警部と推理合戦を見せたほか、クリント・イーストウッドの『ダーティファイター』シリーズや、『マキシー/素敵な幽霊』などがある。ルース・ゴードン フレッシュアイペディアより)

291件中 61 - 70件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード