397件中 71 - 80件表示
  • メアリー・リー・バンディ

    メアリー・リー・バンディから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    2000年(平成12年)には、PBSで放映されている『アメリカン・マスターズ』シリーズのうち、ラプソディ・フィルムズが製作したクリント・イーストウッドに関するドキュメンタリー映画『クリント・イーストウッド アウト・オブ・シャドー』を共同プロデュースした。2005年(平成17年)、おなじくラプソディ・フィルムズが製作したバッド・ベティカーに関するドキュメンタリー映画『バッド・ベティカー ア・マン・キャン・ドゥ・ザット』のプロデューサーチームに参加している。メアリー・リー・バンディ フレッシュアイペディアより)

  • クリント

    クリントから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッド - アメリカの俳優、映画監督。クリント フレッシュアイペディアより)

  • パームスプリングス国際映画祭

    パームスプリングス国際映画祭から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    ソニー・ピクチャーズ・クラシックスの社長のマイケル・バーカーは、本映画祭は外国語映画を紹介するのに適した場所であり、映画の良い評判を広める能力があると説明した。これまで授賞式にはブラッド・ピット、クリント・イーストウッド、ショーン・ペン、ダスティン・ホフマン、アン・ハサウェイ、レオナルド・ディカプリオなどの俳優が登場した。2011年1月の映画祭受賞者はベン・アフレックとダニー・ボイルであった。映画祭のディレクターは、長年シアトル映画祭のディレクターを務めているダリル・マックドナルドである。パームスプリングス国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・デイヴィス・ジュニア

    ウォルター・デイヴィス・ジュニアから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    1987年から1988年まで放映された(ティム・リード主演の)CBSテレビのコメディ番組『フランクス・プレイス(Frank's Place)』に、脇役のピアニストとして出演した。クリント・イーストウッドが監督した映画『バード』では、サウンドトラック用の楽曲を提供している。ウォルター・デイヴィス・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ハンニバル (ミズーリ州)

    ハンニバル (ミズーリ州)から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    2011年、マーク・トウェイン少年時代の家と博物館は、マーク・トウェインの生涯を口語と歌『マーク・トウェイン: 言葉と音楽』で語る、星が鏤められたCDを発売した。このために幾つかの歌も作られた。例えば、ブラッド・ペイズリーによる『ハック・フィン・ブルース』、ロンダ・ビンセントが歌う『ラン・ミシシッピ』があった。その他のアーティストとしてはハックルベリー・フィン役のジミー・バフェット、トウェイン役のクリント・イーストウッド、ナレーターのガリソン・キーラーがいた。ハンニバル (ミズーリ州) フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ハインデル

    ロバート・ハインデルから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    コレクターとして、ダイアナ、モナコのキャロライン王女(カロリーヌ・ド・モナコ)、高円宮憲仁親王などが知られ、クリント・イーストウッド、ジョージ・ルーカスや、『キャッツ』『オペラ座の怪人』などの作曲家アンドルー・ロイド・ウェバーなどからも敬愛された。草刈民代などとも親交があった。ロバート・ハインデル フレッシュアイペディアより)

  • 現代アメリカ政治思想の大研究

    現代アメリカ政治思想の大研究から見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    リバタリアン思想のバイブルは、アイン・ランドの小説群であり、クリント・イーストウッドもリバタリアンであるとする。現代アメリカ政治思想の大研究 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・グラディス

    マイケル・グラディスから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    1977年、テキサス州ヒューストンに生まれた。その後すぐにコネチカット州へ移り住み、地元の高校を卒業。その後、アルフレッド大学へ進学した後、State University of New York at New Paltzへ編入学して演劇を専攻した。2002年にハリソン・フォード、リーアム・ニーソン主演の『K-19』で映画デビュー。出演作品の中で特に知られているのが、テレビシリーズ『マッドメン』でのコピーライター、ポール・キンゼイ役。同作品では、他のキャストらと共に全米映画俳優組合賞のドラマシリーズ部門でアンサンブル賞を2009年と2010年に連続して受賞した。映画ではクリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演の『J・エドガー』などへも出演している。マイケル・グラディス フレッシュアイペディアより)

  • ドリーマ・ウォーカー

    ドリーマ・ウォーカーから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    1986年、フロリダ州タンパ生まれ。2004年に同州のHenry B. Plant High Schoolを卒業後、2006年にテレビドラマシリーズの『ロー&オーダー』で女優デビュー。翌年には『Goodbye Baby』で映画デビューもし、それ以降サラ・ジェシカ・パーカー主演の『セックス・アンド・ザ・シティ』やクリント・イーストウッド監督・主演の『グラン・トリノ』などの話題作へ立て続けに出演した。特に彼女のキャリアで知られることとなったのは、実際にアメリカのファストフード店で起こったイタズラ電話事件を題材にした『コンプライアンス 服従の心理』への出演。同作品では、アン・ダウド演じる店舗マネージャーと共にイタズラ電話によって被害を被ってしまうファストフード店員の娘を演じている。ドリーマ・ウォーカー フレッシュアイペディアより)

  • トム・ヴィラード

    トム・ヴィラードから見たクリント・イーストウッドクリント・イーストウッド

    1953年、ハワイ州ワイパフに生まれる。その後、ニューヨーク州のスペンサーポートで育った。高校卒業後はペンシルベニア州にある大学へ進学するが、後にニューヨークへ渡り、リー・ストラスバーグが設立した演劇学校とアメリカン・ミュージカル・アンド・ドラマティック・アカデミーで演劇を学んだ。1980年代に入ると、ロサンゼルスへ渡って役者活動を本格化。1980年にテレビドラマシリーズの『白バイ野郎ジョン&パンチ』でプロデビュー。その後も小さい役柄ながら『グリース2』やクリント・イーストウッド監督・主演の『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』などへ出演。1983年からはテレビドラマシリーズ『We Got It Made』のレギュラーキャストとして抜擢され、5年間で46エピソードへ出演している。トム・ヴィラード フレッシュアイペディアより)

397件中 71 - 80件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード