136件中 11 - 20件表示
  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たモーガン・フリーマン

    自分の監督作品で、2年連続でアカデミー賞・助演男優賞受賞者を輩出した。『ミスティック・リバー』のティム・ロビンス(第76回・2003年)と、『ミリオンダラー・ベイビー』のモーガン・フリーマン(第77回・2004年)である。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たジョン・マケイン

    2008年大統領選挙では共和党ジョン・マケイン候補を支持した。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たカリフォルニア州

    クリント・イーストウッド・ジュニア(Clint Eastwood、本名:Clinton Eastwood, Jr.、1930年5月31日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州、サンフランシスコ出身の映画俳優、映画監督、映画プロデューサー、作曲家、政治活動家。公称身長188 cm。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見た硫黄島からの手紙

    2006年に『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』の2部作を発表。これはアメリカがかつての日米戦争において最大級の痛手を受けた「硫黄島の戦い」を、日米双方の視点から2作に分けて描くという方法で製作されている(同じような日米双方の視点による映画には真珠湾攻撃を扱ったトラ・トラ・トラ!があるが、こちらは1本の映画の中に入れている)。『硫黄島からの手紙』は、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞作品賞・第32回ロサンゼルス映画批評家協会賞最優秀作品賞を受賞し、同年の賞レース最大の目玉として注目を浴びていたが、アカデミー賞では音響編集賞のみの受賞にとどまった。2007年1月、『硫黄島からの手紙』でゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞を受賞。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たアカデミー賞

    俳優として数多くの西部劇やアクション映画に出演し、トップスターの地位を確立した。監督としても『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー賞作品賞と監督賞を2度受賞するなど、現代のハリウッドを代表する人物と目されている。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たユニヴァーサル・ピクチャーズ

    オークランド・テクニカル・ハイスクール卒業後、朝鮮戦争のさなかである1951年に陸軍に召集され入隊。2年後の1953年に除隊後、サウス・カリフォルニアに移住。アルバイトの傍らロサンゼルス・シティ・カレッジの演劇コースを専攻する。1950年代初めにユニバーサル映画と契約を結ぶが、当初は『半魚人の逆襲』『世紀の怪物/タランチュラの襲撃』といったB級映画の端役しか与えられないという、不遇の時代を過ごした。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たカイル・イーストウッド

    ジャズに対する造詣が深く、ジャズの巨匠であるチャーリー・パーカーを題材とした『バード』を監督、プロデューサーとして『セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー』を製作している。また、『ミスティック・リバー』、『ミリオンダラー・ベイビー』『父親たちの星条旗』では、音楽担当のクレジットにもその名を連ねている。『さよなら。いつかわかること』では初めて音楽のみを担当した。イーストウッド家は代々ジャズを嗜好しており、クリントの祖母の代から始まり、クリントの息子カイル・イーストウッドはジャズ・ベーシストとして活躍している。クリント自身クラブでピアノを演奏したこともあり、かつては音楽を勉強しようとシアトル大学に入学したほどだったが、生活費を稼ぐために大学はやめざるを得なかったという1。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たセルジオ・レオーネ

    1959年からCBSで放映されたテレビ西部劇『ローハイド』で、ロディというカウボーイを演じる。ロディとは名前ではなくニックネームで、ROWDYつまり“荒くれ者”。同作品は約7年間に亘り150話近く製作された人気シリーズとなり、イーストウッドの知名度と人気は世界的に高まった。1964年にはセルジオ・レオーネ監督にイタリアに招かれ、マカロニ・ウェスタンの嚆矢でありかつそれを代表する作品となった『荒野の用心棒』に出演。その後も『ローハイド』の撮影の合間を縫って『夕陽のガンマン』、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』と都合3作のレオーネ作品に出演した。この3作品で名無しの男を演じたイーストウッドはレオーネを師と仰ぎ、レオーネの逝去まで交友を続けた。これらの映画の人気により、イーストウッドの映画俳優としての評価はヨーロッパが先行し、アメリカに逆輸入された形となった。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たゴールデングローブ賞

    1968年に映画制作会社マルパソプロダクションを設立。1971年に『恐怖のメロディ』で初監督。俳優業の傍ら『荒野のストレンジャー』『アウトロー』などの作品を立て続けに発表。監督業に進出した他の役者と違い、所謂「大作」や賞レースに関わる作品への出演はせず、自らのプロダクションで製作した小規模ともB級とも呼べる作品でのみ主演し、監督業と俳優業を両立しながら地位を確立した。1987年の第45回ゴールデングローブ賞において、生涯の功績を称揚するセシル・B・デミル賞を受賞。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たイラク戦争

    政治活動への参加も積極的である。現在はカリフォルニア州公認の共和党員であるがリバタリアニズムを主張し、朝鮮戦争・ヴェトナム戦争・テロとの戦い・イラク戦争などの外征戦争に反対している。また妊娠中絶・同性結婚の選択権を擁護する。成立しなかった、憲法の男女平等修正条項案も支持している。民主党が映画の過激な描写を規制させる法案を制定させようとした際は、先陣を切って反対を表明している。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

136件中 11 - 20件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード

  • 地域ニュースTweetラバーポール増設検討

  • 高齢者の運転免許没収

  • もっと柔軟に取り組む方針転換をした方が、領土問題解決や平和条約締結には大きな一歩になる