318件中 31 - 40件表示
  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たフランク・ウェルズ

    イーストウッドはシフリンとの契約を終了させ、1961年から1963年までの間はレスター・サルコウと代理人契約を結んでいた。サルコウとの契約に関しては、とフランク・ウェルズが重要な役割を果たし、彼らは1話当たり750ドルの給与をイーストウッドに約束した。イーストウッドは手に入れた給与ですぐに高級車を買おうとしたため、浪費を懸念したレオナルドによって預金を厳しく管理されていた。イーストウッドとマーガレットは質素に暮らしていたが、後にビバリーグレンに家を買い引っ越した。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たマイケル・チミノ

    1973年、イーストウッドはジェフ・ブリッジスとダブル主演となる『サンダーボルト』の製作に参加した。映画のアイディアはウィリアム・モリス・エージェンシーのスタン・ケイマンが考案したものだが、元々は『ダーティハリー2』のためにマイケル・チミノが描いたものだった。イーストウッドはベテラン犯罪者サンダーボルト役、ブリッジスは若手の泥棒ライトフット役でコンビを組み、悪役にはジョージ・ケネディとジェフリーールイスが起用された。ワーナーのフランク・ウェルズがマルパソが製作に参加することを拒否したため、イーストウッドはユナイテッド・アーティスツと共同製作した。1974年に公開された映画は悲劇と喜劇が混ざり合った内容が高く評価され、イーストウッド自身も「今回の演技はオスカー賞を受賞する価値がある」と確信するほどの自信を持っていた。しかし、実際にオスカーを受賞したのはアカデミー助演男優賞に選ばれたブリッジスのみであり、イーストウッドは結果を聞いて憮然としたという。興行収入も3,240万ドルと振るわず、イーストウッドはユナイテッド・アーティスツの製作手法に不満を感じ、「二度とユナイテッド・アーティスツとは仕事をしない」と激怒して契約していた2本の映画製作を取り消している。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たラロ・シフリン

    『奴らを高く吊るせ!』が公開する前に、イーストウッドは次回作『マンハッタン無宿』の撮影に入っている。この映画は、駆け出し時代に解雇されて以来険悪な関係だったユニバーサル映画からのオファーであり、ユニバーサル側は100万ドルの出演料を提示して和解を求めた。イーストウッドとの交渉はが担当し、彼はイーストウッドと監督のドン・シーゲルとの会談をセッティングした。イーストウッドはシーゲルの映画三作を見て、彼の能力に感銘を受けてオファーを快諾し、これ以降二人は友人となり、映画製作におけるパートナーとなった。出演を決めたイーストウッドは、が書いた脚本に難色を示し、シーゲルが監督を務めた『』で脚本を務めたを脚本チームに迎え入れた。イーストウッドとシーゲルの映画製作は10年以上にわたり、この映画は『ダーティハリー』の原型になった。また、音楽を担当したラロ・シフリンも、後にダーティハリー・シリーズに参加している。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たアリソン・イーストウッド

    1980年、を題材にした『ブロンコ・ビリー』を製作した。映画には息子カイルと娘アリソン・イーストウッドが孤児院の子供として出演している。撮影は1979年にアイダホ州南西部のボイシで6週間行われ、予定よりも2週間から4週間早く撮影が終了した。イーストウッドはこの映画を「自分のキャリアの中で最も魅力的な作品の一つ」として挙げており、伝記作者のリチャード・シーケルは「ビリーのキャラクターはイーストウッド自身の性格を反映している」と指摘している。『ブロンコ・ビリー』『アウトロー』は「壊れた家族」というモチーフ、疑似家族を得ることで人生の輝きを取り戻すストーリーという共通した要素が見い出せる。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たリチャード・バートン

    1968年、『荒鷲の要塞』の製作費として85万ドルを支出している。イーストウッドはアリステア・マクリーンの脚本について、「恐ろしい脚本」と述べている。映画はドイツ軍の捕虜となった将軍を救出する連合軍部隊を描き、イーストウッドはリチャード・バートン演じるジョン・スミス少佐の補佐役シェイファー中尉を演じている。1969年には、生涯唯一のミュージカル映画となる『』に出演したが、映画は悪天候が原因で撮影が難航した。同年のクリスマス直前、長年イーストウッドを支えたレナードが死去し、イーストウッドは彼の死にショックを受けた。マルパソ・プロダクションはレナードの遺言によりボブ・デイリーが経営を引き継ぎ、ロイ・カウフマンとハワード・バーンスタインが財務を引き継いだ。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たイラク戦争

    1950年代から、古くは共和党支持者であった。大統領選挙では、1952年にドワイト・D・アイゼンハワーに投票し、68年と72年にはリチャード・ニクソンを支持し、投票している。74年には政治的に穏健派であり、中庸であると自称している。現在は政府の極小化を主張するリバタリアニズムを支持し、朝鮮戦争(1950-53年)・ヴェトナム戦争(1965年には50万人の大軍を派遣、73年撤退)・テロとの戦い・イラク戦争などの外征戦争に反対している。都会人であるので、妊娠中絶・同性結婚の選択権も擁護している。成立しなかった、憲法の男女平等修正条項案も支持している。なお、イーストウッドは共和党候補のみを支持してきたわけではなく、90年代からは、しばしば民主党候補者を支持してきている。2002年には下院議員候補の民主党リベラル・環境保護派のサム・ファーを支持し、1000ドルを寄付している。ライターはイーストウッドのことを、フリードマンとチョムスキーを合わせたような人物と評している。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たアカデミー賞

    2006年に『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』の2部作を発表。これはアメリカがかつての日米戦争において最大級の痛手を受けた「硫黄島の戦い」を、日米双方の視点から2作に分けて描くという方法で製作されている(同じような日米双方の視点による映画には真珠湾攻撃を扱った『トラ・トラ・トラ!』があるが、こちらは1本の映画の中に入れている)。『硫黄島からの手紙』は、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞作品賞・第32回ロサンゼルス映画批評家協会賞最優秀作品賞を受賞し、同年の賞レース最大の目玉として注目を浴びていたが、アカデミー賞では音響編集賞のみの受賞にとどまった。2007年1月、『硫黄島からの手紙』でゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞を受賞。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たジャズ

    イーストウッドは多忙なスケジュールの中で『ローハイド』の曲「A Drover's Life」「Beyond the Sun」のレコーディングを行い、音楽にも熱意を見せた。彼はジャズの他に、カントリーソングやウェスタンソングにも関心を持っていた。1963年に作詞家のは、「歌手としては大した成功はしない」と述べたが、イーストウッドは撮影のオフシーズン中にブラインガー、と共に音楽フェスティバルに参加し、1万5,000ドルを稼いでいる。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たジェームズ・ボンド

    1967年、イーストウッドは三部作で得た資金を基に、レナードの助けを借りて長年憧れていた映画製作会社を設立した。社名は、モントレー郡にあるイーストウッドの邸宅の側を流れる川の名前にちなみ、「」と名付けられた。社長にはレナードが就任し、彼はユナイテッド・アーティスツと交渉して『奴らを高く吊るせ!』を共同製作することを実現させた。イーストウッドはにヒロイン役をオファーし、彼に好感を抱いた彼女は出演を快諾した。主要キャストにはエド・ベグリー、パット・ヒングル、ベン・ジョンソンなどを起用し、6月からニューメキシコ州ラスクルーセスで撮影が開始された。イーストウッドは製作にも関与し、脚本の一部を変更している。映画は1968年に公開され、ボルチモアでは初日の興行収入が5,241ドルを記録し、当時の007シリーズを上回る興行成績を記録した。また、バラエティの映画ランキングでは5位となり、公開2週間で製作費を回収した。ニューヨーク・ポストなどの批評家からも絶賛され、「質、勇気、危険、興奮を兼ね備えた西部劇」と評価された。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たゴールデングローブ賞

    監督業に進出した他の役者と違い、いわゆる「大作」や賞レースに関わる作品には出演せず、自らのプロダクションで製作した小規模ともB級とも呼べる作品でのみ主演し、監督業と俳優業を両立しながら地位を確立した。1987年の第45回ゴールデングローブ賞で、セシル・B・デミル賞を受賞。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

318件中 31 - 40件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード