318件中 41 - 50件表示
  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たカンヌ国際映画祭

    1969年末から1970年初頭にかけて、イーストウッドはシーゲルと共に『白い肌の異常な夜』の製作を進めた。この映画は、ラングがの小説をイーストウッドに渡して、映画化の話が進んだ。また、イーストウッドが女性の好意の的となる物語に出演した最初の映画でもある。脚本はマルツが担当していたが、内容を巡りイーストウッドと意見の相違があったため、クロード・トラヴァースが脚本を改訂し、マルツは別名義でクレジットされた。シーゲルによると、映画は「セックス、暴力、復讐」をテーマとし、「男性を骨抜きにする女性の本能的な欲求」を扱っているという。映画はカンヌ国際映画祭で高い評価を受け、がフランス各地で上映するように提案したが、イーストウッドとシーゲルの同意を得たものの、製作側の合意が得られなかった。映画は後にフランス各地で公開され、イーストウッドの傑作の一つに数えられている。しかし、アメリカでは振るわず、興行収入は100万ドルを切った。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たサンフランシスコ

    クリント・イーストウッド(Clint Eastwood(本名:Clinton Eastwood Jr.(クリントン・イーストウッド・ジュニア)), 1930年5月31日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州、サンフランシスコ出身の映画俳優、映画監督、映画プロデューサー、作曲家、政治活動家。公称身長193 cm(6フィート4インチ)。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たメルセデス・ベンツ

    出演オファーは、レナードを通じてイーストウッドに伝えられた。しかし、レナードは出演に反対したため、1950年代からイーストウッドを支援してきたマーシュ・エージェンシーのルース・マーシュとマーガレットは、レナードを出し抜こうと計画し、マーシュ・エージェンシーのイタリア仲介業者であるジョリー・フィルムに連絡を取った。当初、イーストウッドは『ローハイド』の出演に疲れ果てており、数か月間休暇を取りゴルフをして気分転換をしたいと考えていたため、出演に難色を示した。しかし、イーストウッドは脚本を10ページ読んだところで、映画が黒澤明の『用心棒』をモデルにしていることに気付き、脚本は残酷であるが非常に知的であるという感想を抱いた。映画の可能性を感じたレナードも出演を許可し、イーストウッドには11週間の撮影期間と渡航費用1万5,000ドルが与えられた。イーストウッドは映画出演を「『ローハイド』の撮影から逃れて休暇を楽しむ機会」と捉えており、アメリカを出国する前には出演料を当て込んでメルセデス・ベンツの購入契約を結んでいる。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見た山田康雄

    日本語吹き替え版ではローハイド出演以降からは山田康雄が専任で担当しており、イーストウッド来日時には本人からフィックスとして公認されており、VHSの吹替も初期から担当していた、これはイーストウッド主演映画の多くを配給するワーナーの吹替制作に山田の所属するテアトル・エコーが関与していたこともあると思われる。しかし、95年に山田が死去し、『パーフェクト・ワールド』が山田の最後の吹き替えとなった。その後、野沢那智がテレビ放送時に山田の後任として『ザ・シークレット・サービス』で吹き替えを務める際、山田の声にそっくり真似てほしいと要求され、困惑したという逸話がある。それからはほとんどの作品で野沢が吹き替えを担当していた。映像ソフトでは、生前山田と親交の深かった小林清志や納谷悟朗などが交代で担当していたが、正式な専属吹き替え声優は決められなかった。2010年に野沢も死去し、現在のところイーストウッドの吹き替えは作品ごとに全く異なる声優が担当する状況へとなっている。2009年の『夕陽のガンマン』日本語吹替完声版で山田に声質の似る多田野曜平が作品のテレビ放送時にカットされた部分の代役に抜擢され、以降『続・夕陽のガンマン』、『ダーティハリー』(カット部分がある4作目まで)、『荒野の用心棒』でも起用され、『白い肌の異常な夜』では初めて全編の吹き替えを担当した。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見た多田野曜平

    日本語吹き替え版ではローハイド出演以降からは山田康雄が専任で担当しており、イーストウッド来日時には本人からフィックスとして公認されており、VHSの吹替も初期から担当していた、これはイーストウッド主演映画の多くを配給するワーナーの吹替制作に山田の所属するテアトル・エコーが関与していたこともあると思われる。しかし、95年に山田が死去し、『パーフェクト・ワールド』が山田の最後の吹き替えとなった。その後、野沢那智がテレビ放送時に山田の後任として『ザ・シークレット・サービス』で吹き替えを務める際、山田の声にそっくり真似てほしいと要求され、困惑したという逸話がある。それからはほとんどの作品で野沢が吹き替えを担当していた。映像ソフトでは、生前山田と親交の深かった小林清志や納谷悟朗などが交代で担当していたが、正式な専属吹き替え声優は決められなかった。2010年に野沢も死去し、現在のところイーストウッドの吹き替えは作品ごとに全く異なる声優が担当する状況へとなっている。2009年の『夕陽のガンマン』日本語吹替完声版で山田に声質の似る多田野曜平が作品のテレビ放送時にカットされた部分の代役に抜擢され、以降『続・夕陽のガンマン』、『ダーティハリー』(カット部分がある4作目まで)、『荒野の用心棒』でも起用され、『白い肌の異常な夜』では初めて全編の吹き替えを担当した。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見た野沢那智

    日本語吹き替え版ではローハイド出演以降からは山田康雄が専任で担当しており、イーストウッド来日時には本人からフィックスとして公認されており、VHSの吹替も初期から担当していた、これはイーストウッド主演映画の多くを配給するワーナーの吹替制作に山田の所属するテアトル・エコーが関与していたこともあると思われる。しかし、95年に山田が死去し、『パーフェクト・ワールド』が山田の最後の吹き替えとなった。その後、野沢那智がテレビ放送時に山田の後任として『ザ・シークレット・サービス』で吹き替えを務める際、山田の声にそっくり真似てほしいと要求され、困惑したという逸話がある。それからはほとんどの作品で野沢が吹き替えを担当していた。映像ソフトでは、生前山田と親交の深かった小林清志や納谷悟朗などが交代で担当していたが、正式な専属吹き替え声優は決められなかった。2010年に野沢も死去し、現在のところイーストウッドの吹き替えは作品ごとに全く異なる声優が担当する状況へとなっている。2009年の『夕陽のガンマン』日本語吹替完声版で山田に声質の似る多田野曜平が作品のテレビ放送時にカットされた部分の代役に抜擢され、以降『続・夕陽のガンマン』、『ダーティハリー』(カット部分がある4作目まで)、『荒野の用心棒』でも起用され、『白い肌の異常な夜』では初めて全編の吹き替えを担当した。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たデヴィッド・ソウル

    『愛のそよ風』の撮影終了後、ワーナーは『ダーティハリー』の続編製作を発表した。脚本家のジョン・ミリアスは、犯罪者を不当に殺害するサンフランシスコ市警察の若手警官とキャラハンが対峙するストーリーを書き上げた。キャラハンと対峙する非道な警官役にはデヴィッド・ソウル、ロバート・ユーリック、ティム・マシスン、キップ・ニーヴェンが起用された。ミリアスは銃を愛好する保守主義者であり、映画には彼の嗜好を反映した銃撃戦が描かれている。また、映画の原題はテーマ性に合わせ、キャラハンが愛用する.44マグナム弾に敬意を表して「Magnum Force」と名付けられた。ミリアスが『デリンジャー』の撮影に入った後、マイケル・チミノが脚本の一部を書き直している。撮影監督にはスタンリー、音楽にはシフリンが再び起用され、1973年4月から撮影が開始された。撮影中、イーストウッドは監督のテッド・ポストと度々意見が衝突し、撮影期間と経費の節減のために彼が指示した重要な二つのシーンの撮影を拒否した。イーストウッドとの意見対立は、その後のポストの監督人生に大きな影響を与えたという。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たフィリップ・カウフマン

    1975年にアサ・アール・カーターの小説を原作とした『アウトロー』を製作した。マルパソとイーストウッドが映画化の権利を取得し、ソニア・シャーナスが脚本を担当した。フィリップ・カウフマンが新たに脚本に参加し、彼は映画を小説に基いた内容にすることを望んでいた。撮影監督のサーティースや製作総指揮のジェームズ・ファーゴは脚本が完成する前にロケーション現場の下見を始めた。チェロキー族のウェイティ役には、『小さな巨人』で第43回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたチーフ・ダン・ジョージが起用され、ヒロインのローラ役にはイーストウッドの希望でソンドラ・ロックが起用された。イーストウッドとロックは、この映画をきっかけに交際を始め、彼女は1980年代のイーストウッド作品で度々ヒロインを演じるようになった。また、息子カイル・イーストウッドも冒頭のシーンに出演している。編集には、音楽はが担当し、1975年下旬から撮影が開始された。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たアーヴィン・カーシュナー

    『ダーティハリー』は、ハリー・ジュリアンとリタ・フィンクの二人が書いた脚本が元になっており、主人公ハリー・キャラハンはニューヨーク市警察の警官という設定だった。ラングが二人の脚本をイーストウッドに提示し、ワーナー・ブラザースが映画化の権利を取得した。当初、監督にはアーヴィン・カーシュナー、キャラハン役にはフランク・シナトラが予定されていたが、二人とも脚本に不満を感じ、オファーを断っている。イーストウッドは『恐怖のメロディ』撮影直後の1970年12月に契約を結び、ワーナーと共同製作することに同意した。製作決定後に脚本の多くが変更され、舞台もサンフランシスコに変更された。ある日、イーストウッドとシーゲルはでサンフランシスコ・フォーティナイナーズの試合を観戦し、キャラハンと犯人が対峙するシーンとして最適な場所だと判断した。また、イーストウッドが観賞した演劇に出演していたアンドリュー・ロビンソンが、病的な殺人鬼スコーピオン役に起用された。音楽担当にはシフリンが起用され、多くのジャズトラックを作曲した。衣装デザイナーのグレン・ライトは、『ローハイド』からイーストウッドの衣装を担当しており、犯罪を追及する強い意志を強調するために茶色と黄色のチャックジャケットをデザインした。撮影は1971年4月から始まり、夜間に多くの撮影を行い、サンフランシスコ市街の他、スタントシーンが撮影された。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たチャールズ・マーキス・ウォーレン

    イーストウッドの代理人であるビル・シフリンは、CBSが1時間の西部劇ドラマを製作する話を聞き、彼にスタジオに顔を出すように助言した。イーストウッドは脚本家のソニア・チェルノスと会い、その際にハンドボール選手のに出会う。スパークスは「あなたの身長はどれくらいですか」と尋ね、イーストウッドは「6フィート4インチです」と返答した。プロデューサーは事務所にイーストウッドを呼び、後にチャールズ・マーキス・ウォーレンに紹介され、彼の目の前で『牛泥棒』で主演を演じたヘンリー・フォンダの台詞を暗唱させられた。その1週間後、イーストウッドはウォーレンがプロデューサーを務める西部劇テレビシリーズ『ローハイド』への出演が決定し、彼の俳優としてのキャリアの転機となった。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

318件中 41 - 50件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード