318件中 71 - 80件表示
  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たブラッドフォード・ディルマン

    シリーズで唯一イーストウッドが監督を務めた『ダーティハリー4』は、シリーズの中で最も暗く暴力的な作品とされている。また、ソンドラ・ロックがイーストウッドと共演した最後の映画作品でもある。脚本はが担当し、強姦被害を受け廃人になった妹の復讐のために、加害者グループを殺す女性が題材になっている。パット・ヒングルとブラッドフォード・ディルマンが共演し、撮影は1983年春から夏にかけて行われた。映画でキャラハンが発した「Go ahead, make my day」(「)という台詞はキャラハンの代名詞になり、ロナルド・レーガンが使用したことで有名になった。映画はシリーズで最高額の7,000万ドルの興行収入を記録し、批評家からは強姦被害を受けた女性の身体的・心理的影響を描いた点を評価された。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たエルモア・レナード

    1972年にイーストウッドは『シノーラ』に出演した。脚本はエルモア・レナードが担当し、白人地主とメキシコ人農民の荒そうに巻き込まれるガンマンの活躍を描いている。監督には『荒野の七人』のジョン・スタージェスが起用され、1971年11月からで撮影が開始されたが、同時期に『ロイ・ビーン』の撮影とブッキングしている。6月からはヨセミテ国立公園で湖のシーンが撮影された。撮影中、「イーストウッドが馬アレルギーになり、気管支感染の可能性があるなど健康状態が芳しくない」という誤報が流れた。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たバージェス・メレディス

    第3シーズンの撮影が始まった頃、ハリウッドの記者たちは、「イーストウッドに疲れが見えている」と憶測し始めたが、イーストウッドはこの間も様々なテレビドラマに精力的に出演している。『ローハイド』はロン・チェイニー・ジュニア、メアリー・アスター、ラルフ・ベラミー、バージェス・メレディス、ディーン・マーティン、バーバラ・スタンウィックなどの人気俳優が出演し人気を維持したが、1963年末には脚本に新鮮味が薄れ人気に陰りが見え始めた。シリーズは1965年まで続いたが、イーストウッドのキャリアは1963年後半に転換することになる。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たドワイト・D・アイゼンハワー

    1950年代から、古くは共和党支持者であった。大統領選挙では、1952年にドワイト・D・アイゼンハワーに投票し、68年と72年にはリチャード・ニクソンを支持し、投票している。74年には政治的に穏健派であり、中庸であると自称している。現在は政府の極小化を主張するリバタリアニズムを支持し、朝鮮戦争(1950-53年)・ヴェトナム戦争(1965年には50万人の大軍を派遣、73年撤退)・テロとの戦い・イラク戦争などの外征戦争に反対している。都会人であるので、妊娠中絶・同性結婚の選択権も擁護している。成立しなかった、憲法の男女平等修正条項案も支持している。なお、イーストウッドは共和党候補のみを支持してきたわけではなく、90年代からは、しばしば民主党候補者を支持してきている。2002年には下院議員候補の民主党リベラル・環境保護派のサム・ファーを支持し、1000ドルを寄付している。ライターはイーストウッドのことを、フリードマンとチョムスキーを合わせたような人物と評している。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たジョン・サクソン

    ルビンは早速オーディションの手配をするが、「彼は素人だ。どの道に進み、何をするのか分かっていなかった」と述べており、イーストウッドの売り込みにそれほど熱心ではなかった。それでもルビンは希望を持つようにイーストウッドを励ましてドラマの養成コースに参加させ、イーストウッドは1954年4月に週給100ドルでユニバーサルと契約を結んだ。イーストウッドの妻マーガレットを含むハリウッド業界の人間は、「ルビンは同性愛者で、イーストウッドと性的な関係を持っていた」と疑っていた。ユニバーサルとの契約後、イーストウッドは端役として役をこなすが、時にはスタッフの前で全裸で演技をすることもあった。仕事を始めた当初、イーストウッドは素っ気ない演技しかできず、スタッフからの評判は芳しくなかった。俳優仲間のジョン・サクソンは、「一種の干し草のようなもの……薄い喉仏で、台詞を言うのが遅く、非常に不気味だった」と述べている。イーストウッドはユーモアのセンスがあり、女優が出演しない映画では演技できたが、主役に選ばれることはなく、初期の活動の成功には結び付かなかった。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たヴィットリオ・デ・シーカ

    同じ頃、『ローハイド』はフレミングが降板し、番組自体も『コンバット!』の人気に押されて放送が終了した。放送終了後、イーストウッドはディノ・デ・ラウレンティスと会い、彼の妻シルヴァーナ・マンガーノが主演を務める『華やかな魔女たち』への出演契約を結んだ。1966年後半にローマを訪れたイーストウッドは、2万ドルの出演料を受け取り、新しいフェラーリを購入している。映画は短編で、イーストウッドが出演したのは第5話「またもやいつもの通りの」の自堕落な夫役であり、ニューヨーク・タイムズからは「パフォーマンスが全くない」と批判された。この後、イーストウッドはパリを訪れ、「またもやいつもの通りの」で監督を務めたヴィットリオ・デ・シーカと共に『夕陽のガンマン』の宣伝を行った。彼はフランスでの人気を確立しており、「新しいゲイリー・クーパー」と呼ばれていた。パリでは俳優のピエール・ルシエントやカトリーヌ・ドヌーヴと交流した。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たアンドリュー・ロビンソン

    『ダーティハリー』は、ハリー・ジュリアンとリタ・フィンクの二人が書いた脚本が元になっており、主人公ハリー・キャラハンはニューヨーク市警察の警官という設定だった。ラングが二人の脚本をイーストウッドに提示し、ワーナー・ブラザースが映画化の権利を取得した。当初、監督にはアーヴィン・カーシュナー、キャラハン役にはフランク・シナトラが予定されていたが、二人とも脚本に不満を感じ、オファーを断っている。イーストウッドは『恐怖のメロディ』撮影直後の1970年12月に契約を結び、ワーナーと共同製作することに同意した。製作決定後に脚本の多くが変更され、舞台もサンフランシスコに変更された。ある日、イーストウッドとシーゲルはでサンフランシスコ・フォーティナイナーズの試合を観戦し、キャラハンと犯人が対峙するシーンとして最適な場所だと判断した。また、イーストウッドが観賞した演劇に出演していたアンドリュー・ロビンソンが、病的な殺人鬼スコーピオン役に起用された。音楽担当にはシフリンが起用され、多くのジャズトラックを作曲した。衣装デザイナーのグレン・ライトは、『ローハイド』からイーストウッドの衣装を担当しており、犯罪を追及する強い意志を強調するために茶色と黄色のチャックジャケットをデザインした。撮影は1971年4月から始まり、夜間に多くの撮影を行い、サンフランシスコ市街の他、スタントシーンが撮影された。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たドナルド・トランプ

    2016年大統領選挙では、共和党のドナルド・トランプ候補に対して正式な支持を表明しなかったが、民主党のヒラリー・クリントン候補によるオバマ政権の継承を阻止し、現状を打破できる人物と評した。トランプの舌禍については両候補とも問題のある発言をしていると指摘しつつ、メディアの言葉狩りに疑問を呈している。ポリティカル・コレクトネスを強制する風潮について「みんなとても注意深くなっている。今はそんなご機嫌取りの時代だ」「軟弱な時代になった」と批判的にコメントしている。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たイーライ・ウォラック

    『夕陽のガンマン』公開の2か月後、イーストウッドはドル箱三部作の最終作『続・夕陽のガンマン』の撮影に入った。主要キャストには前作で共演したリー・ヴァン・クリーフの他にイーライ・ウォラックが起用され、レオーネが引き続き監督を務めた。当初、イーストウッドは脚本に不満を感じ、ウォラックの方が活躍するという懸念を抱いており、レオーネに対して「最初の映画で私は一人でした。次の映画では二人、ここでは三人です。このままいくと、私はいずれ騎兵隊と出演することになるでしょう」と伝えている。最終的に、イーストウッドは出演料25万ドル、フェラーリの新車1台、アメリカ国内収益の10%を受け取ることで出演に同意したが、同時期に彼の広報戦略を巡り、三部作への出演を支援していたマーシュと、彼の影響力を削ごうとするウィリアム・モリス・エージェンシーとレオナルドとの間に対立が起きた。これに対し、イーストウッドはウェルズの助言を受けてマーシュの仕事をマネージャーの職務に限定して影響力を排除し、今後の広報をガットマン&パムのジェリー・パムに任せた。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たバーバラ・スタンウィック

    第3シーズンの撮影が始まった頃、ハリウッドの記者たちは、「イーストウッドに疲れが見えている」と憶測し始めたが、イーストウッドはこの間も様々なテレビドラマに精力的に出演している。『ローハイド』はロン・チェイニー・ジュニア、メアリー・アスター、ラルフ・ベラミー、バージェス・メレディス、ディーン・マーティン、バーバラ・スタンウィックなどの人気俳優が出演し人気を維持したが、1963年末には脚本に新鮮味が薄れ人気に陰りが見え始めた。シリーズは1965年まで続いたが、イーストウッドのキャリアは1963年後半に転換することになる。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

318件中 71 - 80件表示

「クリント・イーストウッド」のニューストピックワード