クリーン開発メカニズム ニュース&Wiki etc.

クリーン開発メカニズム(クリーンかいはつメカニズム、英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「クリーン開発メカニズム」のつながり調べ

  • 欧州連合域内排出量取引制度

    欧州連合域内排出量取引制度から見たクリーン開発メカニズム

    京都議定書における売買制度と同じようにEUの制度では、制限対象となっている施設運営者が義務を履行するために排出削減単位 (ERU) の形態となっている炭素クレジットを利用することが認められている。UNFCCCのクリーン開発メカニズム理事会または共同実施プロジェクトのホスト国のそれぞれによって認証されたカーボンプロジェクトが策定した認証排出削減量 (CER) 単位はEUによって同等の価値があるものとして受け入れられている。(欧州連合域内排出量取引制度 フレッシュアイペディアより)

  • デット・ノルスケ・ベリタス

    デット・ノルスケ・ベリタスから見たクリーン開発メカニズム

    地球温暖化対策として注目を集める温室効果ガス関連の第三者機関としても、世界のトップシェアを占めている。CDM(Clean Development Mechanism:クリーン開発メカニズム)は世界の50%のシェア、JI(Joint Implementation:共同実施)においても世界40%のシェアを獲得している。(デット・ノルスケ・ベリタス フレッシュアイペディアより)

「クリーン開発メカニズム」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ