前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • 排出取引

    排出取引から見たクリーン開発メカニズムクリーン開発メカニズム

    炭素クレジットは4種類あり、各国が持つ排出枠に対する削減量である初期割当量 (Assigned Amount Unit, AAU)、各国が吸収源活動で得た吸収量 (Removal Unit, RMU)、クリーン開発メカニズム事業で得られた認証排出削減量 (Certified Emission Reductions, CER)、共同実施事業によって得られた排出削減ユニット (Emission Reduction Units, ERU) に分けられる。排出取引 フレッシュアイペディアより)

  • 京都議定書

    京都議定書から見たクリーン開発メカニズムクリーン開発メカニズム

    また、京都メカニズム(CDM、排出権取引(ET)、共同実施(JI))や、吸収源活動が盛り込まれている。京都議定書 フレッシュアイペディアより)

  • 共同実施

    共同実施から見たクリーン開発メカニズムクリーン開発メカニズム

    同じ京都議定書が定めるクリーン開発メカニズム(CDM)とは、先進国が途上国で事業を行う点が異なるだけでほかは類似した点が多い。ただし、共同実施よりもクリーン開発メカニズムのほうが、費用・削減効率の両面から容易なものが多く、共同実施の事業数はそれほど多くない。共同実施 フレッシュアイペディアより)

  • 寺河炭鉱

    寺河炭鉱から見たクリーン開発メカニズムクリーン開発メカニズム

    坑内で発生するガスは、換気により大気中へ放出されてきたが、メタンガスが中心であることに着目され、日本を中心として国際的な協力関係の下にガス発電所の建設、運営が進められている。日本からは電力会社大手6社、三井物産、アジア開発銀行などが関与。2009年には、温室効果ガスの削減に繋がるものとして国際的なクリーン開発メカニズムとして登録が行われている。寺河炭鉱 フレッシュアイペディアより)

  • 吸収源

    吸収源から見たクリーン開発メカニズムクリーン開発メカニズム

    気候変動枠組条約(UNFCCC)や京都議定書、その流れを汲んだ国際合意では、吸収源活動に関して詳細な規定を定めている。まず、吸収源活動を京都議定書の附属書I締約国(京都議定書の署名及び締結を行った国のうち、*が付いている国)の国内で行う場合は、各国政府や認定機関などが、吸収源活動による削減の科学的根拠を証明したり方法を認定したりする。CDMやJIにおける吸収源活動の場合は、それぞれの方法に準拠して認定される。認定されると、各国の排出枠から、吸収源活動で削減された分が吸収量(Removal Unit, RMU)として差し引かれる。吸収源 フレッシュアイペディアより)

  • 日本経済研究所

    日本経済研究所から見たクリーン開発メカニズムクリーン開発メカニズム

    経済・産業分野から地域開発、都市開発・社会資本整備、PFI、環境・エネルギー・福祉など国内の調査研究、更にはベトナムなどの東南アジア諸国を含む開発途上国関連調査やメコン地域への進出を企図する民間企業へのコンサルティングなどをも活動範囲としており、現状分析と将来を見据えた各種提言等をおこなっている。最近では2008年5月12日に設立された国内CDM推進協議会の事務局にもなっており、環境問題や気候変動問題の分野でも研究・調査活動を展開している。日本経済研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 認証排出削減量

    認証排出削減量から見たクリーン開発メカニズムクリーン開発メカニズム

    認証排出削減量(にんしょうはいしゅつさくげんりょう、、略称CER)は、京都議定書で規定された途上国への地球温暖化対策のための技術・資金援助スキームであるクリーン開発メカニズム (CDM) のルールに則って温室効果ガスを削減し、その排出削減量に基づき発行される国連認証のクレジットである。カーボンオフセットに利用される。認証は第三者の認証機関が行う。認証排出削減量 フレッシュアイペディアより)

  • パヤタス・ダンプサイト

    パヤタス・ダンプサイトから見たクリーン開発メカニズムクリーン開発メカニズム

    ごみ山から発生するメタンガスを利用した発電所を建設する計画がある。2007年07月10日にケソン市で起工式が行われ、レイエス環境天然資源相が出席した。この計画はフィリピン政府によりクリーン開発メカニズム(CDM)事業として承認を受けている。建設するのはイタリアのPANGEAグリーン・エナジー社である。パヤタス・ダンプサイト フレッシュアイペディアより)

  • ポスト京都議定書

    ポスト京都議定書から見たクリーン開発メカニズムクリーン開発メカニズム

    京都メカニズムとして定められたクリーン開発メカニズム、排出権取引、共同実施、吸収源活動などは引き継がれる可能性が高いと考えられているが、廃止や修正、新たなメカニズムの導入も考えられている。具体的な削減手法を指定することや、現議定書が公平性に欠くことから国際協調炭素税などの新手法も議論されている。ポスト京都議定書 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合域内排出量取引制度

    欧州連合域内排出量取引制度から見たクリーン開発メカニズムクリーン開発メカニズム

    京都議定書における売買制度と同じようにEUの制度では、制限対象となっている施設運営者が義務を履行するために排出削減単位 (ERU) の形態となっている炭素クレジットを利用することが認められている。UNFCCCのクリーン開発メカニズム理事会または共同実施プロジェクトのホスト国のそれぞれによって認証されたカーボンプロジェクトが策定した認証排出削減量 (CER) 単位はEUによって同等の価値があるものとして受け入れられている。欧州連合域内排出量取引制度 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示