前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た京都議定書

    クリーン開発メカニズム(クリーンかいはつメカニズム、英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度である。京都議定書の第12条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た京都メカニズム

    クリーン開発メカニズム(クリーンかいはつメカニズム、英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度である。京都議定書の第12条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た認証排出削減量

    京都議定書第12条やマラケシュ合意では、附属書I締約国(京都議定書の署名及び締結を行なった国のうち、*が付いている国)が、非附属書I締約国で指定国家機関(Designated National Authority, DNA)を有する国において、排出量削減や吸収量増加に関する事業を行い、その事業によって生じた排出量の削減分の一部を認証排出削減量(Certified Emission Reductions, CER)とし、付属書I締約国の温室効果ガス排出量の削減分に加えることができるとしている。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た温室効果ガス

    クリーン開発メカニズム(クリーンかいはつメカニズム、英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度である。京都議定書の第12条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た環境保護団体

    一方で、このメカニズムによって、先進国の温室効果ガス削減技術の向上が停滞したりといった影響を懸念する声もあり、一部の環境保護団体やEUは、クリーン開発メカニズムの濫用を避けるよう求めている。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た欧州連合

    一方で、このメカニズムによって、先進国の温室効果ガス削減技術の向上が停滞したりといった影響を懸念する声もあり、一部の環境保護団体やEUは、クリーン開発メカニズムの濫用を避けるよう求めている。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た投資

    途上国への削減技術の普及、途上国への投資の増加、先進国と途上国との格差(南北問題)の軽減といった副次的な効果もある。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た持続可能な開発

    先進国が持つ温室効果ガスの削減技術や豊富な資金が、途上国に導入されるのを促すことによって、途上国の持続可能な開発を促進すること、世界全体での温室効果ガスの削減量を増やすこと、先進国の温室効果ガス削減をより容易にすることなどが主な目的である。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た南北問題

    途上国への削減技術の普及、途上国への投資の増加、先進国と途上国との格差(南北問題)の軽減といった副次的な効果もある。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た開発途上国

    クリーン開発メカニズム(クリーンかいはつメカニズム、英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度である。京都議定書の第12条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示