1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示
  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た費用

    技術的に温室効果ガスの削減がすでに進んでいる先進国では、更なる技術革新による温室効果ガス削減は多くの労力と費用がかかり、思うように進まないことが考えられていた。京都メカニズムが「柔軟性措置」と呼ばれるように、この問題を柔軟な措置によって解決するため、途上国での削減を認め、国内で行うよりも少ない労力や費用で排出量の削減をできるようにするものである。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た資金

    クリーン開発メカニズム(クリーンかいはつメカニズム、英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度である。京都議定書の第12条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た技術

    クリーン開発メカニズム(クリーンかいはつメカニズム、英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度である。京都議定書の第12条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

  • クリーン開発メカニズム

    クリーン開発メカニズムから見た先進国

    クリーン開発メカニズム(クリーンかいはつメカニズム、英語:Clean Development Mechanism, 略称:CDM)とは、先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度である。京都議定書の第12条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。クリーン開発メカニズム フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
14件中 11 - 14件表示