前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
143件中 1 - 10件表示
  • クレオパトラ5世

    クレオパトラ5世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ5世トリュファイナ、またはクレオパトラ6世トリュファイナ(希:、ラテン文字表記:Cleopatra V Tryphaena、紀元前95年頃?紀元前69年または紀元前57年)は、古代エジプト、プトレマイオス朝のファラオ・女王(在位紀元前79年-紀元前69年または紀元前57年)。父はプトレマイオス9世、母は不明。プトレマイオス12世の姉妹・妻で、ベレニケ4世の母。後述するように、彼女をクレオパトラ6世トリュファイナ、クレオパトラ・セレネ1世をクレオパトラ5世セレネとして数える説がある。有名なクレオパトラ7世の母と考えられてきたが、否定説も有力。クレオパトラ5世 フレッシュアイペディアより)

  • ガイウス・ユリウス・カエサル

    ガイウス・ユリウス・カエサルから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ポンペイウスの死を知ったカエサルは、軍勢を伴ってアレクサンドリアに上陸した。エジプトでは、先代のプトレマイオス12世の子であるクレオパトラ7世とプトレマイオス13世の姉弟が争っており、両者の仲介を模索したものの、プトレマイオス13世派から攻撃を受けた為、クレオパトラ7世の側に立って政争に介入し、ナイルの戦いで、カエサル麾下のローマ軍はプトレマイオス13世派を打ち破った。この戦いで敗死したプトレマイオス13世に代わって、プトレマイオス14世がクレオパトラ7世と共同でファラオの地位に就いた。ガイウス・ユリウス・カエサル フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前47年

    紀元前47年から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    2月 - ナイルの戦いでガイウス・ユリウス・カエサルとクレオパトラ7世がアルシノエ4世の軍を破った。プトレマイオスが殺害されると、カエサルはアレクサンドリアで包囲した軍を解放した。紀元前47年 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前30年

    紀元前30年から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    8月 - クレオパトラ7世が自害し、カエサリオンが処刑されて、古代エジプト最後のヘレニズム王朝プトレマイオス朝が終焉した。紀元前30年 フレッシュアイペディアより)

  • ゼノビア

    ゼノビアから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ゼノビアはローマの迷走に乗じる格好で「サーサーン朝の侵略からローマ東部属州を護る」という名目で皇帝直轄領アエギュプトゥス(エジプト)及びカッパドキアやパレスティナ、カルケドン等のローマ東部属州・都市に軍を派遣して次々と「領土」を拡大していった。ゼノビアは自らを「エジプトの女王」と称し、またこれらの事件から「戦士女王()」とも呼ばれた。実際にゼノビアは騎馬術にも優れた才能を示したという。ゼノビアはカルタゴの女王ディードーやアッシリアの女王セミラミス、プトレマイオス朝のクレオパトラ7世の後継者を自称したとされる。ゼノビア フレッシュアイペディアより)

  • ヴィヴィアン・リー

    ヴィヴィアン・リーから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    リーは演劇学校を退学後の1935年に4本の映画に端役で出演し、1937年の映画『無敵艦隊』のヒロインに抜擢された。この作品でリーの美貌が評判となったが、リー自身は容姿ばかりが注目されることが必ずしも女優としての成功につながるとは限らないことを危惧していた。映画女優として有名となったとはいえ、リーは活動の主軸を舞台においており、30年にわたる舞台女優としての活動で幅広い役柄を演じた。ノエル・カワードやジョージ・バーナード・ショウらの戯曲をはじめ、演目もコメディから古典劇、たとえばウィリアム・シェークスピアの戯曲『ハムレット』におけるオフィーリア、『アントニーとクレオパトラ』のクレオパトラ、『ロミオとジュリエット』のジュリエット、『マクベス』のマクベス夫人や、ジャン・アヌイがソフォクレスの「アンティゴネ」を翻案したアンチゴーヌなどを演じた経験がある。ヴィヴィアン・リー フレッシュアイペディアより)

  • 歴史映画

    歴史映画から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    「クレオパトラ」(クレオパトラ7世が主人公)歴史映画 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前30年代

    紀元前30年代から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    9月2日、アクティウムの海戦でオクタウィアヌスがマルクス・アントニウスとクレオパトラ7世の軍を破った。紀元前30年8月、勝者はアレクサンドリアを占領した。マルクス・アントニウスとクレオパトラ7世は自殺し、彼らの子供カエサリオンはユリウス・カエサルの下で育ったが、後に殺害された。エジプトはローマ帝国の属領となり、オクタウィアヌスはローマの支配者となり、ローマ帝国が建国された。紀元前30年代 フレッシュアイペディアより)

  • アントニーとクレオパトラ

    アントニーとクレオパトラから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    『ジュリアス・シーザー』に次いで古代ローマに題材をとり、恋に身を滅ぼすアントニウスとクレオパトラを描いたもの。四大悲劇から晩年のロマンス劇への移行を示す。アントニーとクレオパトラ フレッシュアイペディアより)

  • ユッルス・アントニウス

    ユッルス・アントニウスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    しかし紀元前36年、アントニウスはオクタウィアとローマにいた子供たちを捨て、かつての愛人クレオパトラの元へ奔った。紀元前32年頃には夫婦の離婚が成立し、ユッルスとその異母妹たちはローマのオクタウィアの元に引き取られ、兄のマルクス・アンティッルスは父に従いエジプトに残った。ユッルス・アントニウス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
143件中 1 - 10件表示

「クレオパトラ7世」のニューストピックワード