前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示
  • クレオパトラ5世

    クレオパトラ5世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ5世トリュファイナ、またはクレオパトラ6世トリュファイナ(希:、英:Cleopatra V Tryphaena、紀元前95年頃?紀元前69年または紀元前57年)は、古代エジプト、プトレマイオス朝のファラオ・女王(在位紀元前79年-紀元前69年または紀元前57年)。父はプトレマイオス9世、母は不明。プトレマイオス12世の姉妹・妻で、ベレニケ4世の母。後述するように、彼女をクレオパトラ6世トリュファイナ、クレオパトラ・セレネ1世をクレオパトラ5世セレネとして数える説がある。有名なクレオパトラ7世の母と考えられてきたが、否定説も有力。クレオパトラ5世 フレッシュアイペディアより)

  • ユッルス・アントニウス

    ユッルス・アントニウスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    しかし紀元前36年、アントニウスはオクタウィアとローマにいた子供たちを捨て、かつての愛人・クレオパトラの元へ奔った。紀元前32年頃には夫婦の離婚が成立し、ユッルスとその異母妹たちはローマのオクタウィアの元に引き取られ、兄のマルクス・アンティッルスは父に従いエジプトに残った。ユッルス・アントニウス フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前30年代

    紀元前30年代から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    紀元前31年9月2日、アクティウムの海戦でオクタウィアヌスがマルクス・アントニウスとクレオパトラ7世の軍を破った。紀元前30年8月、勝者はアレクサンドリアを占領した。マルクス・アントニウスとクレオパトラ7世は自殺し、彼らの子供カエサリオンはユリウス・カエサルの下で育ったが、後に殺害された。エジプトはローマ帝国の属領となり、オクタウィアヌスはローマの支配者となり、ローマ帝国が建国された。紀元前30年代 フレッシュアイペディアより)

  • ゼノビア

    ゼノビアから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ゼノビアはローマの迷走に乗じる格好で「サーサーン朝の侵略からローマ東部属州を護る」という名目で皇帝直轄領アエギュプトゥス(エジプト)及びカッパドキアやパレスティナ、カルケドン等のローマ東部属州・都市に軍を派遣して次々と「領土」を拡大していった。ゼノビアは自らを「エジプトの女王」と称し、またこれらの事件から「戦士女王()」とも呼ばれた。実際にゼノビアは騎馬術にも優れた才能を示したという。ゼノビアはカルタゴの女王ディードーやアッシリアの女王セミラミス、プトレマイオス朝のクレオパトラ7世の後継者を自称したとされる。ゼノビア フレッシュアイペディアより)

  • アントニーとクレオパトラ

    アントニーとクレオパトラから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    『ジュリアス・シーザー』に次いで古代ローマに題材をとり、恋に身を滅ぼすアントニウスとクレオパトラを描いたもの。四大悲劇から晩年のロマンス劇への移行を示す。アントニーとクレオパトラ フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前1世紀

    紀元前1世紀から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    紀元前47年 - クレオパトラ7世がエジプトの主権を握る。紀元前1世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 8月12日

    8月12日から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    紀元前30年 - 古代エジプト・プトレマイオス朝の実質的な最後のファラオ・クレオパトラが自殺。8月12日 フレッシュアイペディアより)

  • ガイウス・ユリウス・カエサル

    ガイウス・ユリウス・カエサルから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ポンペイウスの死を知ったカエサルは、軍勢を伴ってアレクサンドリアに上陸した。エジプトでは、先王プトレマイオス12世の子であるクレオパトラ7世とプトレマイオス13世の姉弟が争っており、両者の仲介を模索したものの、プトレマイオス13世派から攻撃を受けた為、クレオパトラ7世の側に立って政争に介入し、ナイルの戦いで、カエサル麾下のローマ軍はプトレマイオス13世派を打ち破った。この戦いで敗死したプトレマイオス13世に代わって、プトレマイオス14世がクレオパトラ7世と共同でファラオの地位に就いた。ガイウス・ユリウス・カエサル フレッシュアイペディアより)

  • 自殺

    自殺から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    歴史をひもとけば、歴史的な人物の自殺に関する記述は古代にまで遡ることができ、紀元前1100年ころ中国の帝辛(紂王)が戦に破れ焼身自殺したと伝えられており、エジプトのプトレマイオス朝最後の女王クレオパトラ7世はアクティウムの海戦で破れても敵に屈することを拒み、蛇に自分の体を噛ませて自殺したと伝えられている。(→)自殺 フレッシュアイペディアより)

  • 女王

    女王から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    伝えられる中で最も古い女王としては、旧約聖書に出てくるシバの女王がいるが、伝説の域を出ていない。プトレマイオス朝エジプトでは、男王との共同統治という形でクレオパトラなどの女王が現れた(単独で統治した女性のファラオは第18王朝のハトシェプストがいるのみである)。女王 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示