118件中 91 - 100件表示
  • トウダイグサ属

    トウダイグサ属から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    学名のEuphorbiaは、ヌミディア王ユバ2世に仕えたギリシャ人医師エウポルボス (Euphorbos) に由来する。ユバ2世の一人目の妻はマルクス・アントニウスとクレオパトラ7世の娘クレオパトラ・セレネである。エウポルブスはサボテンに似たユーホルビア植物が強力な瀉下薬となることを記した。紀元前12年、ユバ2世は、侍医のの像を作ったアウグストゥスに応えて、この植物の名前をエウポルブスから名付けた。植物学者のカール・フォン・リンネはエウポルブスを顕彰し、この「Euphorbia」を属名として採用した。トウダイグサ属 フレッシュアイペディアより)

  • モロッコの歴史

    モロッコの歴史から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    紀元前112年、ヌミディア王ユグルタがローマ人を殺戮して始まったユグルタ戦争では、ルキウス・コルネリウス・スッラがユグルタを捕縛して出世し、やがて三頭政治の時代となった。ローマ内戦中では、紀元前49年にヌミディア王ユバ1世がオプティマテス(閥族派)のグナエウス・ポンペイウスに味方してバグラダス川の戦いに参戦したが、紀元前46年のタプススの戦いでガイウス・ユリウス・カエサルに破れ、ヌミディア王国は滅亡し、ローマの属州アフリカの一部となった。マウレタニア王国はローマの属国となり、クレオパトラ7世の娘クレオパトラ・セレネと結婚したヌミディア王家のが、紀元前25年にアウグストゥスによってマウレタニア属王位に就けられた。しかし、40年に皇帝カリグラによってユバ2世の子が暗殺されたため、44年にクラウディウス帝の勅令によってローマ帝国の属州マウレタニア(Mauretania Caesariensis、Mauretania Tingitana)となった。モロッコの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 真珠

    真珠から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    エジプトでは紀元前3200年頃から既に知られていたと言われるが、宝飾品としてあるいは薬として珍重されるようになったのは後の時代である。クレオパトラが酢に溶かして飲んでいたと伝えられる。世界の他の地域でも中国では紀元前2300年頃、ペルシャで紀元前7世紀頃、ローマでは紀元前3世紀頃から真珠が用いられていたという記録がある。真珠 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前48年

    紀元前48年から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    12月 - アレクサンドリアでカエサルとクレオパトラ7世対プトレマイオス13世とアルシノエ4世の戦いが行われた。プトレマイオス13世とアルシノエ4世は破れて逃走したが、アレクサンドリア図書館の火災で死亡した。紀元前48年 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前70年

    紀元前70年から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    12月 - クレオパトラ7世、プトレマイオス朝最後のファラオ(+ 紀元前30年)紀元前70年 フレッシュアイペディアより)

  • イタリアの歴史

    イタリアの歴史から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    カエサルの姪の息子にあたり、養子となってその後を継いだオクタウィアヌスはカエサルの腹心であったマルクス・アントニウスらと同盟を結んで共和主義者を打倒した。しかし、その後主導権を巡って両者の対立は深まり再び内戦へと発展してしまう。オクタウィアヌスはプトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラと組んだアントニウスを、紀元前31年アクティウムの海戦で破った。これにより内乱は終結し、約1世紀に渡る混迷に終止符が打たれた。イタリアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前51年

    紀元前51年から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    春 - プトレマイオス12世が死去し、クレオパトラ7世とプトレマイオス13世が後を継ぎ、共同統治を始めた。紀元前51年 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前32年

    紀元前32年から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    7月 - 元老院がマルクス・アントニウスとクレオパトラ7世に宣戦布告した。アウグストゥスはドゥクスに任命された。紀元前32年 フレッシュアイペディアより)

  • エフェソス

    エフェソスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    エフェソスはヘレニズム都市として栄えたが、紀元前2世紀に共和制ローマの支配下に入り、小アジアの西半分を占めるアシア属州の首府とされた。共和制ローマ最末期に第二回三頭政治の一頭として権力を握ったマルクス・アントニウスがプトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラ7世と共に滞在した地で、かつクレオパトラとの内戦で敗北して捕虜となったアルシノエ4世が送られ、そしてアントニウスら2人の意向により殺害された地としても知られている。その後、古代ローマ帝国の東地中海交易の中心となった。現在残るアルテミス神殿の遺構はローマ時代に建てられたもので、巨大な図書館と劇場を備えていた。劇場は当時最大のもので、5万人が収容された。エフェソスの繁栄は港湾によるところが大きかったが、土砂の沈降により2世紀頃から港湾の規模は縮小されていった。これは、エフェソスの側にある2つの山から流れ込む土砂の堆積によるものであった。エフェソス フレッシュアイペディアより)

  • グナエウス・ポンペイウス

    グナエウス・ポンペイウスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    18世紀の音楽家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのオペラ《エジプトのジュリオ・チェーザレ》では、史実と異なり、ポンペーオ(ポンペイウス)を殺害したエジプト王トロメーオ(プトレマイオス13世)に対し、コルネーリアとセスト母子がチェーザレ(カエサル)とクレオパトラの協力を得て復讐を果たすという筋書きになっている。グナエウス・ポンペイウス フレッシュアイペディアより)

118件中 91 - 100件表示