143件中 11 - 20件表示
  • 女王

    女王から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    古代のプトレマイオス朝エジプトでは、男王との共同統治という形でクレオパトラなどの女王が現れた。古代エジプトでは王位継承権を、王室の王女が持つことが多く(王子が持つこともあった)、この王女と結婚した王室の男性がファラオ(王)になるという慣習があった。この慣習の後、プトレマイオス朝では、代々男王と女王の共同統治が続くことになった。一方、力を持ち単独で支配した女性のファラオは第18王朝のハトシェプストがいるのみである。他にはセベクネフェルなどの単独の女王もいた。女王 フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプト

    古代エジプトから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ペルシアのこの圧政は10年間しか継続せず、紀元前332年、マケドニア王のアレクサンドロス3世がエジプトへと侵攻し、占領された。アレクサンドロスがペルシアを滅ぼすとエジプトもそのままアレクサンドロス帝国の一地方となったが、紀元前323年にアレクサンドロス3世が死去すると後継者たちによってディアドコイ戦争が勃発し、王国は分裂した。この混乱の中でディアドコイの一人であるプトレマイオスがこの地に拠って勢力を拡大し、紀元前305年にはプトレマイオス1世として即位することで、古代エジプト最後の王朝であるプトレマイオス朝が建国された。この王朝はセレウコス朝シリア王国、アンティゴノス朝マケドニア王国と並ぶヘレニズム3王国のひとつであり、国王および王朝の中枢はギリシャ人によって占められていた。プトレマイオス1世は首都をアレクサンドロスによって建設された海港都市であるアレクサンドリアに置き、国制を整え、またムセイオンおよびアレクサンドリア図書館を建設して学術を振興するなどの善政を敷いた。続くプトレマイオス2世およびプトレマイオス3世の時代にも繁栄が続いたが、その後は暗愚な王と政局の混乱が続き、またシリアをめぐるセレウコス朝との6回にわたるシリア戦争などの打ち続く戦争によって国力は疲弊していった。紀元前80年にはプトレマイオス11世が殺されたことで王家の直系が断絶し、以後は勢力を増していく共和政ローマの影響力が増大していくこととなった。紀元前51年に即位したクレオパトラ7世はガイウス・ユリウス・カエサルやマルクス・アントニウスといったローマの有力者たちと誼を通じることでエジプトの存続を図ったが、紀元前31年にオクタウィアヌス率いるローマ軍にアクティウムの海戦で敗北し、紀元前30年にアレクサンドリアが陥落。クレオパトラ7世は自殺し、プトレマイオス朝は滅亡した。これによりエジプトの独立王朝時代は終焉し、以後はローマの皇帝属州アエギュプトゥスとなった。古代エジプト フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前1世紀

    紀元前1世紀から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    紀元前47年 - ナイルの戦いで勝利を得たクレオパトラ7世がカエサルの支持を得てエジプトの実権を握る。紀元前1世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 8月12日

    8月12日から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    紀元前30年 - 古代エジプト・プトレマイオス朝の実質的な最後のファラオ・クレオパトラが自殺。8月12日 フレッシュアイペディアより)

  • アサシン クリード オリジンズ

    アサシン クリード オリジンズから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    時は紀元前49年。エジプトの共同統治者であるクレオパトラとプトレマイオスの姉弟が政治的対立を深める中、ファラオの守護戦士「メジャイ」は事実上その役目を失い、最後のメジャイであるバエクはエジプトの守護者としてシワにあるアムン神殿を警護する任務に就いていた。アサシン クリード オリジンズ フレッシュアイペディアより)

  • 山主敏子

    山主敏子から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ 世界の伝記13 ぎょうせい 1981.4山主敏子 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンニ・クレリッチ

    ジャンニ・クレリッチから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    それから10年後の1984年、クレリッチはスザンヌ・ランランの生涯をたどった伝記『Divina. Suzanne Lenglen, la piu grande tennista del XX secolo』(女神?スザンヌ・ランラン、20世紀最大の女子テニス選手)を出版した。ランランに関しては多数の文献が出版されているが、クレリッチの本は類書の中で最も高い評価を得てきた。1987年にクレリッチが制作した劇“Ottaviano e Cleopatra”(オクタウィアヌスとクレオパトラ)は、当年度の「イタリア年間最優秀劇賞」を受賞した。スザンヌ・ランランの伝記の劇場版は、本の出版から16年後の2000年にローマで上演された。ジャンニ・クレリッチ フレッシュアイペディアより)

  • トロードス山脈

    トロードス山脈から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    マルクス・アントニウスやクレオパトラの時代から、トロードス山脈ではブドウ栽培がさかんで、良質のワインの産地にもなってきた。現在ではアーモンドの栽培なども行われている。トロードス山脈 フレッシュアイペディアより)

  • グナエウス・ポンペイウス・ミノル

    グナエウス・ポンペイウス・ミノルから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    紀元前49年、父がガイウス・ユリウス・カエサルとの内戦に突入すると、小ポンペイウスも父に従ってエジプトへ渡り、艦隊を率いた。また、エジプトではクレオパトラ7世と親密な関係にあったとされる(プルタルコス「英雄伝」アントニウス26)。紀元前49年8月、ファルサルスの戦いで父が率いる元老院派が敗退した後は、父と別れてアフリカ属州の州都ウティカへと逃れた。グナエウス・ポンペイウス・ミノル フレッシュアイペディアより)

  • 6年

    6年から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ・セレネ - クレオパトラ7世とマルクス・アントニウスの娘(* 紀元前39年)6年 フレッシュアイペディアより)

143件中 11 - 20件表示

「クレオパトラ7世」のニューストピックワード