118件中 21 - 30件表示
  • 小オクタウィア

    小オクタウィアから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    その後、夫アントニウスはオクタウィアヌスとの協定の結果、ローマ世界の東側を支配領域としてエジプトに赴くが、ここでクレオパトラ7世に出会うと愛人関係になり、ローマにあって子供たちと夫の留守を守るオクタウィアとの関係は急速に疎遠となっていった。そして紀元前35年、オクタウィアがパルティア遠征に失敗した夫アントニウスの要請で軍団を編成し派遣した後に、夫に一方的に離縁された。この事はオクタウィアヌスを激怒させ、確執の多かった弟と夫の決定的な決裂となった。そしてアントニウスはアクティウムの海戦の後に自殺する。小オクタウィア フレッシュアイペディアより)

  • 高野優 (翻訳家)

    高野優 (翻訳家)から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ 古代エジプト最後の女王 エディット・フラマリオン 創元社 1994.9 (「知の再発見」双書)高野優 (翻訳家) フレッシュアイペディアより)

  • エリート・ビート・エージェント

    エリート・ビート・エージェントから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    『応援団』のクレオパトラと同様のシチュエーションであるが、EBAがタイムスリップする経緯は省略されておりいきなりフィレンツェの街中を馬車に乗って颯爽と登場する。エリート・ビート・エージェント フレッシュアイペディアより)

  • ファム・ファタール

    ファム・ファタールから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    妲己、呂雉、モーガン・ル・フェイ、リリス、クレオパトラ7世、ラミアー、白娘子など代表でも存在する。女スパイマタ・ハリも有名な悪女の一例である。ファム・ファタール フレッシュアイペディアより)

  • カレン・マクドゥーガル

    カレン・マクドゥーガルから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    2002年、PLAYBOYはマクドゥーガルの写真に基づき限定版ドールを発売した。そしてそれが解剖学的に正確で、彼女の彫像のような肉体の精密なモデルであると強調した。彼女のコレクターズ・フィギュアは当初、シリーズにおいて最初に発売される予定であったが、デザインのやり直しのために遅れた。彼女は2002年に「Wild On!」がブルック・バーク (Brooke Burke) の後釜の新しいホスト候補としてリストした12人のライバルの内の1人であった(「Wild Off! 」として知られる)。コンテストは、ラスベガスのパームスで行われた。各々のライバル達は「ワイルドな」チャレンジ完遂を定められた。マクドゥーガルのチャレンジは、クレオパトラの扮装をして、ジュリアス・シーザーとして着飾った俳優と腕を組んで一日シーザーズ・パレスのカジノを歩き回ることであった。彼女はチャレンジを完遂し、仲間のライバル達から当初は本命と思われていたが、5人によるファイナルラウンドへは進まなかった。最終的にはシンディ・テイラー (Cindy Taylor) が、「Wild Off! 」の勝者となった。カレン・マクドゥーガル フレッシュアイペディアより)

  • その時歴史が動いた (漫画)

    その時歴史が動いた (漫画)から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ『クレオパトラ 世界帝国の夢?知られざる愛と誇りの決断』(画:安宅一人)その時歴史が動いた (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • アルタウァスデス2世

    アルタウァスデス2世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    アルタウァスデスとその家族は金の鎖で縛られた格好で、アレクサンドリアで行われたアントニウスの凱旋式で晒し者となった。プトレマイオス朝のクレオパトラ7世はアルタウァスデスに対して、自らに従うように要求したがアルタウァスデスはこれを拒否した。紀元前31年、アクティウムの戦いでアントニウス派が敗北すると、エジプトへ逃れたクレオパトラの命令でアルタウァスデスは処刑された。クレオパトラはアルタウァスデスの首をメディアに滞在していたアルタクシアスの元へと送り届けた。アルタウァスデス2世 フレッシュアイペディアより)

  • 貝紫色

    貝紫色から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    なかでも、カエサルの紫のマント、プトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラ7世の旗艦の帆がこの貝紫に染められていたことは有名で、新約聖書「マルコによる福音書」でイエスが着せ掛けられた紫(「マタイによる福音書」では緋色)の王者を象徴する衣もおそらく貝紫であっただろうとされる。貝紫色 フレッシュアイペディアより)

  • 古代エジプトの服飾

    古代エジプトの服飾から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    アイシャドーは上下の瞼に塗り、時代は下るが名高い女王クレオパトラ7世は上瞼を青く、下瞼を緑に彩っていたといわれる。古代エジプトの服飾 フレッシュアイペディアより)

  • 内乱の一世紀

    内乱の一世紀から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ポンペイウスを追ってエジプトに着いたカエサルはクレオパトラ7世をプトレマイオス朝の王位につけて、圧倒的な民衆の支持を背景にローマの権力を一手に収めると紀元前46年に終身独裁官となり、属州の徴税請負人の廃止、無産市民の新植民地市の建設、ユリウス暦の制定など急進的な政治改革を推進した。大がかりなモニュメントがつくられ、イベントも開催された。内乱の一世紀 フレッシュアイペディアより)

118件中 21 - 30件表示