118件中 31 - 40件表示
  • エーミール・ルートヴィヒ

    エーミール・ルートヴィヒから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ (高津久美子訳 筑摩書房)エーミール・ルートヴィヒ フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前40年代

    紀元前40年代から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世:エジプトのファラオ(紀元前70年 - 紀元前30年)紀元前40年代 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前50年代

    紀元前50年代から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世:エジプトのファラオ(紀元前70年-紀元前30年)紀元前50年代 フレッシュアイペディアより)

  • アルシノエ2世

    アルシノエ2世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    アルシノエ2世(, 紀元前316年 - 紀元前270年7月から紀元前260年没)は、プトレマイオス朝エジプトの女王である。リュシマコス王との結婚によりその妻としてトラキア、小アジア、マケドニアの女王となり、後に弟であり夫ともなったプトレマイオス2世とともにエジプトを治めた。その意見は力を持ち、クレオパトラの先駆とも称される。アルシノエ2世 フレッシュアイペディアより)

  • プトレマイオス13世

    プトレマイオス13世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    プトレマイオス13世(, 紀元前63年 - 紀元前47年)は、エジプトのヘレニズム国家プトレマイオス朝のファラオ。プトレマイオス12世の子で姉にベレニケ4世、クレオパトラ7世、アルシノエ4世、弟に。プトレマイオス13世 フレッシュアイペディアより)

  • 炎の筆魂

    炎の筆魂から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    全3話で宮本武蔵、クレオパトラ、北条時宗の順で彼らの功績、成功の秘訣、そしてそこから得られる教訓をギャグタッチに描く。炎の筆魂 フレッシュアイペディアより)

  • エマ・ハミルトン

    エマ・ハミルトンから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ウィリアム卿は、すっかりエマに魅了され、グレヴィルにとっては衝撃だったが、1791年9月に卿はエマと正式に結婚した。ウィリアム卿の愛人だった頃から、エマは自ら「アティテュード」(Attitudes)と呼んだ、ポーズや踊り、演技を取り混ぜて表現する見せ物で人気を得ていた。数枚のショールを使い、ギリシャ神話のメデイアから女王クレオパトラまで、多くの古典的な題材を見せたのである。彼女の演技は、貴族・芸術家・作家を魅了した。その中にはゲーテも含まれていた。王や王妃たちのみならず、新しい舞踊の流行はヨーロッパ中に広まり、彼女の着たギリシャ風のドレープのたっぷりとしたドレスも知られるようになった。エマ・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス (紀元前32年の執政官)

    グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス (紀元前32年の執政官)から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    紀元前32年にはコンスルとなり、アントニウスのパルティア遠征に従軍。オクタウィアヌスとアントニウスが対立すると、最初アントニウス側につくが、アントニウスがプトレマイオス朝のクレオパトラ7世と親しくなると離反、アクティウムの海戦直前にオクタウィアヌスの側につく。そして海戦が終わって直後に没した。グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス (紀元前32年の執政官) フレッシュアイペディアより)

  • その時歴史が動いたの全放送リスト

    その時歴史が動いたの全放送リストから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    9月3日 クレオパトラ 世界帝国の夢 ?知られざる愛と誇りの決断?その時歴史が動いたの全放送リスト フレッシュアイペディアより)

  • アルシノエ4世

    アルシノエ4世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    アルシノエ4世(、紀元前68年または67年 - 紀元前41年)は、プトレマイオス朝のファラオであったプトレマイオス12世の娘。ベレニケ4世、クレオパトラ7世は姉、プトレマイオス13世は弟に当る。アルシノエ4世 フレッシュアイペディアより)

118件中 31 - 40件表示