143件中 41 - 50件表示
  • イリオス

    イリオスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    トロースはスカマンドロス河の娘カリロエーと結婚し、クレオパトラー(プトレマイオス朝の女王クレオパトラ7世とは別人)、イーロス、アッサラコス、ガニュメーデースをもうけた。ガニュメーデースが気に入ったゼウスは、鷲に変身してガニュメーデースをさらい、オリュンポスの給仕係とした。そして、その代償に馬を与えた。なお、アッサラコスの子がカピュスで、カピュスの子がアンキーセース。アンキセスの子がローマの元となった都市を築いた英雄アイネイアースである。イリオス フレッシュアイペディアより)

  • エフェソス

    エフェソスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    エフェソスはヘレニズム都市として栄えたが、紀元前2世紀に共和政ローマの支配下に入り、小アジアの西半分を占めるアシア属州の首府とされた。共和政ローマ最末期に第二回三頭政治の一頭として権力を握ったマルクス・アントニウスがプトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラ7世と共に滞在した地で、かつクレオパトラとの内戦で敗北して捕虜となったアルシノエ4世が送られ、そしてアントニウスら2人の意向により殺害された地としても知られている。その後、古代ローマ帝国の東地中海交易の中心となった。現在残るアルテミス神殿の遺構はローマ時代に建てられたもので、巨大な図書館と劇場を備えていた。劇場は当時最大のもので、5万人が収容された。エフェソスの繁栄は港湾によるところが大きかったが、土砂の沈降により2世紀頃から港湾の規模は縮小されていった。これは、エフェソスの側にある2つの山から流れ込む土砂の堆積によるものであった。エフェソス フレッシュアイペディアより)

  • エリート・ビート・エージェント

    エリート・ビート・エージェントから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    『応援団』のクレオパトラと同様のシチュエーションであるが、EBAがタイムスリップする経緯は省略されておりいきなりフィレンツェの街中を馬車に乗って颯爽と登場する。エリート・ビート・エージェント フレッシュアイペディアより)

  • 日立グループ館

    日立グループ館から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    250インチ2面、縦3.1m×横11mのハイビジョンシアターによる映像「タイムジャンプ」。文明を築いてきた人類の手にスポットを当てた。双方向システムを導入し、映像の登場人物(クレオパトラ、ジュリアス・シーザー、始皇帝、コロンブス)とジャンケンで対戦。4人全員に勝つと、オリジナル腕時計が進呈された。ただし、「あいこ」の場合、プレーヤー(来場者)の負けと言うルール設定だった。日立グループ館 フレッシュアイペディアより)

  • ベレニケ4世

    ベレニケ4世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ベレニケ4世エピファニア(希:, ラテン文字表記:Berenice IV Epiphaneia, 紀元前77年 - 紀元前55年)は、古代エジプト、プトレマイオス朝のファラオ・女王(在位:紀元前58年 - 紀元前55年)。父はプトレマイオス12世、母はクレオパトラ5世。有名なクレオパトラ7世の異母姉に当たる。他の兄弟姉妹にアルシノエ4世、プトレマイオス13世、プトレマイオス14世がいる。ベレニケ4世 フレッシュアイペディアより)

  • 船に乗れ!

    船に乗れ!から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    サトルの副科(ピアノ)の担当教諭。学園一の美人で、あだ名は「クレオパトラ」。津島の祖母のレッスンを受けによく津島家へ通っていたため、サトルを見知っていた。男嫌いなことで有名で、言い寄る男たちは皆玉砕、それまでは男子生徒の受け持ちも拒んでいた。船に乗れ! フレッシュアイペディアより)

  • アルマヴィル (アルメニア)

    アルマヴィル (アルメニア)から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    歴史家によると、アルメニア王国の最初の首都はアルマヴィルであった(しかし、地理的観点から見ると最初の首都はヴァンだった)。彼は紀元前149年ごろ、ヴァガルシャク王がアルマヴィルにパルティアの植民地を築いたこと、そしてこの地に宗教施設を建てたことなどの伝承を受け継いでいた。また、彼は紀元前90年から紀元前36年にかけて王位に就いていたティグラネス2世がクレオパトラ7世への復讐のため、パレスチナに遠征団を派遣し多くのユダヤ人を捕虜にし、この地で開拓に従事させたとも述べている。ユダヤ人らの開拓地はその後、現在のトルコ国境付近の村、イェルヴァンダシャトに移ったが、アルタクシアス1世の時代に再びアルマヴィルになった。紀元360年代にはペルシャ王シャープール2世がアルタシャトから3万人のアルメニア人と多くのユダヤ人を引きつれこの地に攻め入った。そのうち、後者はティグラネス王によってパレスチナから連行されてきた者たちだった。この攻撃により、街は無惨なまでに破壊された。アルマヴィル (アルメニア) フレッシュアイペディアより)

  • タップ・オシリス・マグナ神殿

    タップ・オシリス・マグナ神殿から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    タテニア尾根の上には、マイオレット湖と海を隔てる石灰岩のアウトクロップがあり、1930年代に部分的に修復された2つのモニュメントがある。1つはファロス島の大灯台の再建に使用されたタワーであり、もう1つはクレオパトラの最後の休息地であると信じられているオシリスの神殿の遺跡である。まだ実施されている塔についての最も学術的な研究では、「アブシールの塔」は間違いなく灯台でもなく、塔でもないと結論づけられた。ファロス島の大灯台が建立された後、プトレマイオス時代に建てられたのはおそらく葬儀記念碑だけだったでしょう。タップ・オシリス・マグナ神殿 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前48年

    紀元前48年から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    12月 - アレクサンドリアでカエサルとクレオパトラ7世対プトレマイオス13世とアルシノエ4世の戦いが行われた。プトレマイオス13世とアルシノエ4世は敗れて逃走したが、アレクサンドリア図書館の火災で死亡した。紀元前48年 フレッシュアイペディアより)

  • アエギュプトゥス

    アエギュプトゥスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    元はプトレマイオス朝が支配していたが、紀元前30年にクレオパトラ7世とマルクス・アントニウスをオクタウィアヌス(のちの初代ローマ皇帝アウグストゥス)が破ったことにより、ローマの支配下に入った。またローマ皇帝の私領として、皇帝個人の収入源となった。この地域は、ローマ帝国にとって重要な穀物の供給地となった。7世紀にイスラム帝国の支配下に入った。アエギュプトゥス フレッシュアイペディアより)

143件中 41 - 50件表示

「クレオパトラ7世」のニューストピックワード