118件中 41 - 50件表示
  • 頬紅

    頬紅から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    古代エジプトではクレオパトラ7世が使用したとされる。頬紅 フレッシュアイペディアより)

  • アクティウムの海戦

    アクティウムの海戦から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    グナエウス・ポンペイウスの子セクストゥス・ポンペイウスが処刑され、第二回三頭政治の立役者の1人で、最高神祇官でもあったマルクス・アエミリウス・レピドゥスが失脚したことにより、ローマの政争はアントニウスとオクタウィアヌスの対立へと移った。オクタウィアヌスの姉オクタウィアと離別し、ローマとは疎遠になっていたアントニウスはプトレマイオス朝エジプトのクレオパトラ7世と結び、東方専制君主の立場でオクタウィアヌスに挑もうとした。それに対しオクタウィアヌスは紀元前32年親戚関係を考慮し、アントニウスではなくクレオパトラに宣戦布告した。アクティウムの海戦 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ・セレネ

    クレオパトラ・セレネから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ・セレネ(紀元前39年 - 6年)は、クレオパトラ7世とマルクス・アントニウスの娘。クレオパトラ・セレネ フレッシュアイペディアより)

  • アスプコブラ

    アスプコブラから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    古代エジプトの女王クレオパトラは、本種に腕(あるいは胸ともいわれる)を噛ませて自殺したといわれる。アスプコブラ フレッシュアイペディアより)

  • アンティーク・ジュエリー

    アンティーク・ジュエリーから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ラピスラズリと銀は国外から輸入しなければならなかったが、それ以外のジュエリー素材は、ほとんどがエジプト内もしくは周辺地域に存在した。たとえば紅海ではクレオパトラのお気に入りだったエメラルドが採取された。アンティーク・ジュエリー フレッシュアイペディアより)

  • エジプトのジュリアス・シーザー

    エジプトのジュリアス・シーザーから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ローマの将軍シーザー(チェーザレ)が紀元前47年にエジプト遠征を行った際の、エジプト女王クレオパトラや国王プトレマイオス13世(トロメーオ)とのかかわりをめぐる物語。華やかで勇壮な音楽が多く、現在でも欧米での上演の頻度はヘンデルのオペラの中で最も高い。エジプトのジュリアス・シーザー フレッシュアイペディアより)

  • 知ってるつもり?! 放送リスト

    知ってるつもり?! 放送リストから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    10月13日 女帝伝説 ※90分SP 西太后中心の回、他にクレオパトラなど知ってるつもり?! 放送リスト フレッシュアイペディアより)

  • シビュラの託宣

    シビュラの託宣から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    第11巻は324行から成り、ノアの大洪水以降の世界史を語っている。ローマの建国、トロイア戦争、アレクサンドロス3世(大王)、ディアドコイなどを仄めかしつつ、クレオパトラとユリウス・カエサルの時代までの歴史を辿る。救世主の類型なども含めて宗教的要素には見るべきものがなく、キリスト教的要素は含まれていない。終始一貫しているエジプトへの強い関心から、エジプトで書かれたことが確実視されており、「神の民」との対比でエジプトに下る災厄を予告していることなどからユダヤ人の作品と考えられている。シビュラの託宣 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラの針

    クレオパトラの針から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラの針とは、19世紀にロンドン、パリ、ニューヨークに移され、立てられた3つの古代エジプトのオベリスクである。ロンドンとニューヨークのものは元々は対だったもので、パリのものは別の場所から移された(対となっていたものは元の場所にある)。いずれも古代エジプトの本物のオベリスクだが、クレオパトラ7世とは何の関係もなく、彼女より千年以上前に作られたものである。例えば、ロンドンのものはエジプト第18王朝のトトメス3世の時代に作られたものだが、「クレオパトラの針」と呼ばれている。パリのものが最初にエジプトから移され、最初に「クレオパトラの針」と呼ばれた。クレオパトラの針 フレッシュアイペディアより)

  • ソード&サンダル

    ソード&サンダルから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ヘラクレス、マチステ、サムソンといったスーパーヒーロー以外が主人公のソード&サンダリ映画もたくさんある。とはいえ、主人公となるのは、アリババ、ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)、オデュッセウス(ユリシーズ)、クレオパトラ、三銃士、テセウス、アキレウス(アキレス)、ロビン・フッド、サンドカン、エル・シドといった有名なキャラクターである。カーク・ダグラス主演の『ユリシーズ』(1954年)は、多くのソード&サンダル映画ファンがそのジャンルの流行のきっかけとなった作品と考える作品だが、決定的な引き金となったのはスティーヴ・リーヴス主演の『ヘラクレス』だった。ソード&サンダル フレッシュアイペディアより)

118件中 41 - 50件表示