143件中 51 - 60件表示
  • プトレマイオス12世

    プトレマイオス12世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    プトレマイオス12世アウレテス(、紀元前117年 - 紀元前51年)は、古代エジプトプトレマイオス朝のファラオ(在位:紀元前80年 - 紀元前58年、紀元前55年 - 紀元前51年)。父はプトレマイオス9世、妻はクレオパトラ5世。子にベレニケ4世、クレオパトラ7世、アルシノエ4世、プトレマイオス13世、プトレマイオス14世等。プトレマイオス12世 フレッシュアイペディアより)

  • 田淵俊彦

    田淵俊彦から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    2004年7月 - 仲間由紀恵が挑む 世紀の美女伝説スペシャル「悲劇の女王クレオパトラ2000年の謎」演出田淵俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • プトレマイオス13世

    プトレマイオス13世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    プトレマイオス13世(, 紀元前63年 - 紀元前47年)は、エジプトのヘレニズム国家プトレマイオス朝のファラオ(在位:紀元前51年 - 紀元前47年)。プトレマイオス12世の子で姉にベレニケ4世、クレオパトラ7世、アルシノエ4世、弟に。プトレマイオス13世 フレッシュアイペディアより)

  • アンティーク・ジュエリー

    アンティーク・ジュエリーから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ラピスラズリと銀は国外から輸入しなければならなかったが、それ以外の素材のほとんどをエジプト内もしくは周辺地域産である。たとえばクレオパトラのお気に入りだったエメラルドは、紅海で採取されたという。ジュエリー制作はもっぱら神殿や宮殿に備え付けの大規模な工房が行った。アンティーク・ジュエリー フレッシュアイペディアより)

  • プトレマイオス14世

    プトレマイオス14世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    プトレマイオス12世の息子で、プトレマイオス13世の弟として生まれた。紀元前47年1月13日にプトレマイオス13世が死去すると、姉でファラオのクレオパトラ7世にファラオに推挙された。クレオパトラ7世はプトレマイオス14世と結婚していたが、彼女は共和政ローマの終身独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルの愛人であり続けた。またクレオパトラ7世は1人でエジプトを統治し、プトレマイオス14世は名ばかりの統治者だった。プトレマイオス14世 フレッシュアイペディアより)

  • アルシノエ2世

    アルシノエ2世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    アルシノエ2世(, 紀元前316年 - 紀元前270年7月から紀元前260年没)は、プトレマイオス朝エジプトの女王である。リュシマコス王との結婚によりその妻としてトラキア、小アジア、マケドニアの女王となり、後に弟であり夫ともなったプトレマイオス2世とともにエジプトを治めた。その意見は力を持ち、クレオパトラの先駆とも称される。アルシノエ2世 フレッシュアイペディアより)

  • ルパン三世 (2014年の映画)

    ルパン三世 (2014年の映画)から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    香港にあるドーソンの邸宅には「ザ・ワークス」のメンバーが集結しており、ルパンもその中にいた。盗みの結果を公表した後、ドーソンはメンバーたちに自身が盗み出したコレクションを見せ、その中でアントニウスがクレオパトラに贈ったジュエリー「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」の一部である「光の首飾り」を手に取ると、盗みの師であり、かつての相棒でもあったルパン一世との思い出を語る。しかし、かねてからドーソンに恨みを抱いていたメンバーのマイケル・リーが裏切り、「光の首飾り」を奪おうとする。それと同時にマイケルが雇った傭兵のロイヤル、マリア、サーベルが邸宅を襲撃し、銭形ら警官隊との銃撃戦が始まる。マイケルはドーソンを人質に邸宅を脱出しようとするが、ルパンとドーソンの用心棒だった次元大介が反撃し、そこにロイヤルたちも現れて乱戦となる。混乱の中でドーソンはロイヤルに射殺され、マイケルは「光の首飾り」を奪って逃走する。脱出に成功したルパンは、マイケルを探すために次元や不二子と手を組み、泥棒稼業を続けることにする。ルパン三世 (2014年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ウェルギリウス

    ウェルギリウスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    『農耕詩』の歌の調子は、楽観と悲観の間を揺れ動く。そのため詩人の意図するところをめぐって激しい議論がなされている。しかし、本作はのちの教訓詩の模範となった。ウェルギリウスとマエケナスは、紀元前31年のアクティウムの海戦において、マルクス・アントニウスとクレオパトラの連合軍を破り、凱旋を果たしたオクタウィアヌスに、かわるがわる交代で『農耕詩』を読み聞かせたと言い伝えられている。ウェルギリウス フレッシュアイペディアより)

  • エーミール・ルートヴィヒ

    エーミール・ルートヴィヒから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ (高津久美子訳 筑摩書房)エーミール・ルートヴィヒ フレッシュアイペディアより)

  • シビュラの託宣

    シビュラの託宣から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    第11巻は324行から成り、ノアの大洪水以降の世界史を語っている。ローマの建国、トロイア戦争、アレクサンドロス3世(大王)、ディアドコイなどを仄めかしつつ、クレオパトラとユリウス・カエサルの時代までの歴史を辿る。救世主の類型なども含めて宗教的要素には見るべきものがなく、キリスト教的要素は含まれていない。終始一貫しているエジプトへの強い関心から、エジプトで書かれたことが確実視されており、「神の民」との対比でエジプトに下る災厄を予告していることなどからユダヤ人の作品と考えられている。シビュラの託宣 フレッシュアイペディアより)

143件中 51 - 60件表示

「クレオパトラ7世」のニューストピックワード