143件中 61 - 70件表示
  • 妖女伝説

    妖女伝説から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    老いを迎えていたクレオパトラは、オクタウィアヌスの捕虜となるのを良しとせず、大神官ソロンを訪ね「バア(魂)の秘法」を用いて転生を行うために自死する。妖女伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 地中海世界

    地中海世界から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クラッススはパルティアとの戦いで戦死し、ポンペイウスはカエサルに敗北したため、カエサルは広大なローマの支配領域に一人支配を打ち立てた。カエサルは終身独裁官に就任し、独裁的な権力を誇ったがブルートゥスら共和派によって暗殺された。カエサルの後継者は側近であったマルクス・アントニウスとカエサルの養子であるオクタウィアヌスで争われたが、エジプトのクレオパトラ7世と同盟したアントニウスをアクティオンの海戦でオクタウィアヌスが破り、オクタウィアヌスはローマにて全権を掌握しアウグストゥスの尊称を得た。彼は、インペラトルの個人名としての使用とカエサルの家族名は養父から受け継いだものの、あくまで共和政の伝統の継承者を装いつづけた。コンスル命令権、上級プロコンスル命令権、護民官職権の3つの権限を中核としたプリンケプス(元首)の地位は養子ティベリウスに受け継がれ、アウグストゥスの治世より帝政ローマの開始とされる。アウグストゥスは内戦の過程で、影響下にありながらも一応の独立を保っていたプトレマイオス朝も女王クレオパトラ7世を破ることでローマに組み込み、地中海世界全域はローマ帝国の支配下に置かれた。地中海世界 フレッシュアイペディアより)

  • ファム・ファタール

    ファム・ファタールから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    妲己、褒姒、モーガン・ル・フェイ、リリス、クレオパトラ7世、ラミアー、白娘子などが代表とされる。また、女スパイ、マタ・ハリも有名な悪女の一例である。ファム・ファタール フレッシュアイペディアより)

  • ローマ内戦 (紀元前49年-紀元前45年)

    ローマ内戦 (紀元前49年-紀元前45年)から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    カエサルはポンペイウスを追ってアレクサンドリアへ渡ったが、既にポンペイウスは殺害されていた。プトレマイオス朝ではプトレマイオス13世及び彼の姉アルシノエ4世と、プトレマイオス13世の妻として共同でファラオの座にあったクレオパトラ7世が争う状態であったが、ポンペイウスを殺害したプトレマイオス13世の責任を強く見た(贈り物としてプトレマイオス13世の侍従が手渡したポンペイウスの首を見てカエサルは涙したと伝えられる)こともあって、カエサルはクレオパトラ7世の側について彼女を勝利に導き、クレオパトラ7世がプトレマイオス朝の実権を握った(名目上はプトレマイオス14世との共同統治)。ローマ内戦 (紀元前49年-紀元前45年) フレッシュアイペディアより)

  • アルシノエ4世

    アルシノエ4世から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    アルシノエ4世(、紀元前68年または67年 - 紀元前41年)は、プトレマイオス朝のファラオであったプトレマイオス12世の娘。ベレニケ4世、クレオパトラ7世は姉、プトレマイオス13世は弟に当る。アルシノエ4世 フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジュ・メリエス

    ジョルジュ・メリエスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    1899年にも特殊効果の実験を続けている。例えば Cléopâtre はクレオパトラを描いた歴史映画ではなくミイラが現代に蘇るホラー映画で、2005年にパリで発見されるまでフィルムが現存しないと思われていた。この年、メリエスの2つの作品が有名になる。同年夏、当時論争となっていたドレフュス事件を描いた L'Affaire Dreyfus を製作。フランス陸軍所属のユダヤ人大尉アルフレド・ドレフュスがスパイ容疑で告発された事件である。メリエスはドレフュス派であり、ドレフュスが冤罪であり不当にデビルズ島の監獄に収監されたというように同情的に描いた。この映画が上映されると、両派の口論から乱闘に発展したため、警察は映画の結末部分の上映を禁止した。また同年後半、上映時間7分、20のシーンで構成され35人以上が出演した映画『』を製作。この映画はヨーロッパやアメリカ合衆国の各地で上映され、大成功を収めた。Siegmund Lubin らアメリカの映画配給業者は、エジソンの映画市場支配が進む中、それに対抗できる魅力的作品を必要としていた。メリエスの作品は特に人気があり、『シンデレラ』は1899年12月の初公開以降も毎年のように再上映されている。トーマス・エジソンに代表されるアメリカの映画製作者は海外からの競争相手の参入に憤慨し、『シンデレラ』の成功後はメリエスの作品がアメリカ国内で上映されないよう画策したが、間もなく海賊版が出回るようになった。メリエスらは海外市場で対抗するため Chambre Syndicale des Editeurs Cinématographiques という組合を結成。メリエスが1912年まで組合長を務め、ロベール=ウーダン劇場がその本部となった。そのころ、映画での収益をモントルイユのスタジオ拡充に使い、より精巧なセットを作れるようになり、増え続ける衣装や小道具などを納める倉庫を増設した。ジョルジュ・メリエス フレッシュアイペディアより)

  • バタフライ効果

    バタフライ効果から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    今日の「バタフライ効果」が意味する初期値鋭敏性や予測不可能性の存在についての学術的な議論は、ローレンツ以前にも、アンリ・ポアンカレなどにより行われてきた。また、デュラン・キセイン(Dylan Kissane)は、ブレーズ・パスカルが『パンセ』に記述した「クレオパトラの鼻が低かったら、大地の全表面は変わっていただろう」という格言も同じような発想に基づいたものと評している。カオス理論の全体的な発展の歴史については、カオス理論を参照のこと。以下では、ローレンツの研究を中心に「バタフライ効果」という用語が広まるまでの経緯を説明する。バタフライ効果 フレッシュアイペディアより)

  • 鼻

    から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    日本語・中国語では鼻は「高い/低い」で表現するが、他の多くの言語では「長い/短い」で表現する。「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、歴史は変わっていただろう」というパスカルの『パンセ』における言葉は、実際には「court(短い)」であり、芥川龍之介の『侏儒の言葉』で「〜鼻が曲がっていたら」となっているのは、これを「courbe (曲がった)」と誤解したためと言われ、鼻と「長い/短い」という表現との間の連想が働かなかったためではないかと考えられる。 フレッシュアイペディアより)

  • 兄弟姉妹婚

    兄弟姉妹婚から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    プトレマイオス13世、プトレマイオス14世と、クレオパトラ7世(異母姉か)兄弟姉妹婚 フレッシュアイペディアより)

  • その時歴史が動いた (漫画)

    その時歴史が動いた (漫画)から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ『クレオパトラ 世界帝国の夢?知られざる愛と誇りの決断』(画:安宅一人)その時歴史が動いた (漫画) フレッシュアイペディアより)

143件中 61 - 70件表示

「クレオパトラ7世」のニューストピックワード