118件中 61 - 70件表示
  • クレオパトラ (小惑星)

    クレオパトラ (小惑星)から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ (216 Kleopatra) は小惑星帯に位置する小惑星。1880年4月10日にオーストリアの天文学者ヨハン・パリサによってポーラ(現クロアチア領プーラ)で発見された。古代エジプト最後の女王クレオパトラ7世にちなみ命名された。クレオパトラ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • ポメリウム

    ポメリウムから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    宗教的かつ政治的理由により、神権による王はポメリウム内に入ることを禁じられていた。そのため、そのような王がローマを訪れた際には不便なことになった。例えば、クレオパトラ7世はユリウス・カエサルに会うためにローマを訪問した際、ポメリウム内に入れなかった。ポメリウム フレッシュアイペディアより)

  • 譜久村聖

    譜久村聖から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    リボーン〜命のオーディション〜(2011年10月8日 - 17日、全労済ホール スペースゼロ) クレオパトラ譜久村聖 フレッシュアイペディアより)

  • タイムパトロール隊オタスケマン

    タイムパトロール隊オタスケマンから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    オジャママン1号の33歳。タイムパトロール隊アターシャ班所属。本名は、ヒステリーナ・アターシャ。夢は歴史にクレオパトラや楊貴妃以上の絶世の美女として名前を残すこと。歴代女ボスの中では最高年齢であり、結婚願望が強く心の人を慕っている。嫌いなものは注射、トマト。子分のことはそれぞれ、「セコ」、「ドワル」、「ゲキガ」と名前を省略して呼ぶことが多い。ちなみにオジャママンのメカ制作費は彼女の給料から捻出されていたという。第3話まで素顔だったが、第4話以降から正体がバレるのを防ぐため、目に仮面を装着するようになる。タイムパトロール隊オタスケマン フレッシュアイペディアより)

  • ロルカ

    ロルカから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    19世紀以後、毎年受難週(セマナ・サンタ)の間礼拝行進が行われるようになった。ロルカの礼拝行進は、華やかさと敬虔な信仰心が入り交じった様相から非常にユニークである。ローマ兵士たちと4頭だて2輪戦車が、バロック様式の聖人像と交替し、素人がなりきるエジプト女王クレオパトラ7世、ネロ、悪魔やその他聖書・歴史上の人物が山車にのって現れるのである。ロルカ フレッシュアイペディアより)

  • 地中海世界

    地中海世界から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クラッススはパルティアとの戦いで戦死し、ポンペイウスはカエサルに敗北したため、カエサルは広大なローマの支配領域に一人支配を打ち立てた。カエサルは終身独裁官に就任し、独裁的な権力を誇ったがブルートゥスら共和派によって暗殺された。カエサルの後継者は側近であったマルクス・アントニウスとカエサルの養子であるオクタウィアヌスで争われたが、エジプトのクレオパトラ7世と同盟したアントニウスをアクティオンの海戦でオクタウィアヌスが破り、オクタウィアヌスはローマにて全権を掌握しアウグストゥスの尊称を得た。彼は、インペラトルの個人名としての使用とカエサルの家族名は養父から受け継いだものの、あくまで共和政の伝統の継承者を装いつづけた。コンスル命令権、上級プロコンスル命令権、護民官職権の3つの権限を中核としたプリンケプス(元首)の地位は養子ティベリウスに受け継がれ、アウグストゥスの治世より帝政ローマの開始とされる。アウグストゥスは内戦の過程で、影響下にありながらも一応の独立を保っていたプトレマイオス朝も女王クレオパトラ7世を破ることでローマに組み込み、地中海世界全域はローマ帝国の支配下に置かれた。地中海世界 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    1980年代の紅白はそれまでより話題を集めにくくなっていた。この時期に最も注目されたものの1つが小林幸子の衣装であった。小林の衣装は1980年代半ばから派手になり、1985年・第36回の「夫婦しぐれ」で十二単を、翌1986年・第37回の「別離」ではクレオパトラの衣装を披露した。1991年・第42回の「冬化粧」では鳥となって飛んだ。1990年代になると、小林と美川憲一の豪華衣装対決が注目されるようになる。ちなみに、小林と美川が紅白で着用する豪華衣装は、本番・出場歌手発表の遥か前である時期から制作開始される。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • デンデラ神殿複合体

    デンデラ神殿複合体から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    神殿の壁に見られるクレオパトラ7世の描写は、プトレマイオス朝のエジプト芸術の好例である。人物はクレオパトラと彼女の息子カエサリオンを表す。神殿外側の後部に、そのクレオパトラ7世フィロパトルと、彼女の息子で、父親がガイウス・ユリウス・カエサルであるプトレマイオス15世(カエサリオン)の彫刻がある。デンデラ神殿複合体 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ (1934年の映画)

    クレオパトラ (1934年の映画)から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世:クローデット・コルベールクレオパトラ (1934年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • マルクス・アントニウス

    マルクス・アントニウスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    アントニウスはその後ギリシアへ渡り、紀元前57年よりグナエウス・ポンペイウスの党派でシュリア属州総督であったアウルス・ガビニウスの配下へ入り、騎兵隊長となった。紀元前55年、ファラオの座を追われていたプトレマイオス12世の復位の為にエジプトへ侵攻した。この時にアントニウスは当時18歳のクレオパトラ7世に魅了されたと、アッピアノスが『ローマ史』の中で記している。マルクス・アントニウス フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示