143件中 71 - 80件表示
  • スタテイラ

    スタテイラから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    アンドロマコスの妹ラオディケ1世はアンティオコス2世と結婚。セレウコス2世とラオディケの母となる。ラオディケはポントス王ミトリダテス2世と結婚、ミトリダテス3世とラオディケを儲ける。このラオディケとアンティオコス3世が結婚している為、ポントス王家とセレウコス朝は三重に婚姻関係がある。ラオディケ1世の孫アンティオコス3世の娘クレオパトラ1世はプトレマイオス5世に嫁いでおり、プトレマイオス朝にもその血が入り込んだ。それはコンマゲネ王家やクレオパトラ7世、ローマ帝国の皇室の1つユリウス・クラウディウス朝の一部の家系(小ユリアの家系)に繋がり、更にその血筋は有力なローマ貴族(アニキウス氏族のアニキア家やアレオビンドゥス家)や西ゴート王国の王族の一部を形成し、現在のスペイン王室も末裔といわれる。スタテイラ フレッシュアイペディアより)

  • ロルカ

    ロルカから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    19世紀以後、毎年受難週(セマナ・サンタ)の間礼拝行進が行われるようになった。ロルカの礼拝行進は、華やかさと敬虔な信仰心が入り交じった様相から非常にユニークである。ローマ兵士たちと4頭だて2輪戦車が、バロック様式の聖人像と交替し、素人がなりきるエジプト女王クレオパトラ7世、ネロ、悪魔やその他聖書・歴史上の人物が山車にのって現れるのである。ロルカ フレッシュアイペディアより)

  • プトレマイオス朝

    プトレマイオス朝から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    プトレマイオス朝はエジプトの伝統を取り入れて血族結婚を繰り返したとされ、200年以上エジプトを支配しながらエジプト人の血が混じらずマケドニア人の血脈を保ったとされていたが、クレオパトラ7世の妹であるアルシノエ4世とされる骨の分析の結果、マケドニア系とアフリカ系の特徴を持っていたことが分かり、マケドニア人の血脈を保っていたという定説は覆った。プトレマイオス朝 フレッシュアイペディアより)

  • トウダイグサ属

    トウダイグサ属から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    学名のEuphorbiaは、ヌミディア王ユバ2世に仕えたギリシャ人医師エウポルボス (Euphorbos) に由来する。ユバ2世の一人目の妻はマルクス・アントニウスとクレオパトラ7世の娘クレオパトラ・セレネである。エウポルブスはサボテンに似たユーホルビア植物が強力な瀉下薬となることを記した。紀元前12年、ユバ2世は、侍医のの像を作ったアウグストゥスに応えて、この植物の名前をエウポルブスから名付けた。植物学者のカール・フォン・リンネはエウポルブスを顕彰し、この「Euphorbia」を属名として採用した。トウダイグサ属 フレッシュアイペディアより)

  • 貝紫色

    貝紫色から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    なかでも、カエサルの紫のマント、プトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラ7世の旗艦の帆がこの貝紫に染められていたことは有名で、新約聖書「マルコによる福音書」でイエスが着せ掛けられた紫(「マタイによる福音書」では緋色)の王者を象徴する衣もおそらく貝紫であっただろうとされる。貝紫色 フレッシュアイペディアより)

  • モロッコの歴史

    モロッコの歴史から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    紀元前112年、ヌミディア王ユグルタがローマ人を殺戮して始まったユグルタ戦争では、ルキウス・コルネリウス・スッラがユグルタを捕縛して出世し、やがて三頭政治の時代となった。ローマ内戦中では、紀元前49年にヌミディア王ユバ1世がオプティマテス(閥族派)のグナエウス・ポンペイウスに味方してバグラダス川の戦いに参戦したが、紀元前46年のタプススの戦いでガイウス・ユリウス・カエサルに破れ、ヌミディア王国は滅亡し、ローマの属州アフリカの一部となった。マウレタニア王国はローマの属国となり、クレオパトラ7世の娘クレオパトラ・セレネと結婚したヌミディア王家のが、紀元前25年にアウグストゥスによってマウレタニア属王位に就けられた。しかし、40年に皇帝カリグラによってユバ2世の子が暗殺されたため、44年にクラウディウス帝の勅令によってローマ帝国の属州マウレタニア(マウレタニア・カエサリエンシスとマウレタニア・ティンギタナ)となった。モロッコの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 世界とんでも!?ヒストリー

    世界とんでも!?ヒストリーから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    所(後期には解答者)側がまず得点(50G・100G・200G・300G)を決定する。次に解答者(後期には所)が倍率(1倍(ナポレオン)・3倍(クレオパトラ)・5倍(聖徳太子)・7倍(ヒストロイド(番組のマスコット))・10倍(所ジョージ))を決定する。2つのスロットの結果の合計が獲得できる個人の得点となる。世界とんでも!?ヒストリー フレッシュアイペディアより)

  • ネフェルティティ

    ネフェルティティから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ネフェルティティは、クレオパトラと並んで美女の代名詞にもなっている。「古代エジプトの3大美女」と言えば、紀元前1世紀、プトレマイオス朝の女王クレオパトラ7世、紀元前13世紀、第19王朝の大王ラムセス2世の正妃ネフェルタリ、そしてこのネフェルティティがあげられる。ネフェルティティ フレッシュアイペディアより)

  • イタリアの歴史

    イタリアの歴史から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    カエサルの姪の息子にあたり、養子となってその後を継いだオクタウィアヌスはカエサルの腹心であったマルクス・アントニウスらと同盟を結んで共和主義者を打倒した。しかし、その後主導権を巡って両者の対立は深まり再び内戦へと発展してしまう。オクタウィアヌスはプトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラと組んだアントニウスを、紀元前31年アクティウムの海戦で破った。これにより内乱は終結し、約1世紀に渡る混迷に終止符が打たれた。イタリアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 頬紅

    頬紅から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    古代エジプトではクレオパトラ7世が使用したとされる。頬紅 フレッシュアイペディアより)

143件中 71 - 80件表示

「クレオパトラ7世」のニューストピックワード