143件中 81 - 90件表示
  • レオノア・ヴァレラ

    レオノア・ヴァレラから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    父親はチリ人の生物学者フランシスコ・バレーラ、母親はフランス人ダンサー。子供の頃にチリ・クーデターを逃れてコスタリカに移住。その後ドイツ・アメリカ・フランスなどで暮らす。パリで演技を学び、1995年にデビュー。1999年にはテレビ映画''''でクレオパトラ女王を演じた。レオノア・ヴァレラ フレッシュアイペディアより)

  • グナエウス・ポンペイウス

    グナエウス・ポンペイウスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    18世紀の音楽家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのオペラ《エジプトのジュリオ・チェーザレ》では、史実と異なり、ポンペーオ(ポンペイウス)を殺害したエジプト王トロメーオ(プトレマイオス13世)に対し、コルネーリアとセスト母子がチェーザレ(カエサル)とクレオパトラの協力を得て復讐を果たすという筋書きになっている。グナエウス・ポンペイウス フレッシュアイペディアより)

  • ソード&サンダル

    ソード&サンダルから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ヘラクレス、マチステ、サムソンといったスーパーヒーロー以外が主人公のソード&サンダル映画もたくさんある。とはいえ、主人公となるのは、アリババ、ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)、オデュッセウス(ユリシーズ)、クレオパトラ、三銃士、テセウス、アキレウス(アキレス)、ロビン・フッド、サンドカン、エル・シッドといった有名なキャラクターである。カーク・ダグラス主演の『ユリシーズ』(1954年)は、多くのソード&サンダル映画ファンがそのジャンルの流行のきっかけとなった作品と考える作品だが、決定的な引き金となったのはスティーヴ・リーヴス主演の『ヘラクレス』だった。ソード&サンダル フレッシュアイペディアより)

  • カレン・マクドゥーガル

    カレン・マクドゥーガルから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    2002年、PLAYBOYはマクドゥーガルの写真に基づき限定版ドールを発売した。そしてそれが解剖学的に正確で、彼女の彫像のような肉体の精密なモデルであると強調した。彼女のコレクターズ・フィギュアは当初、シリーズにおいて最初に発売される予定であったが、デザインのやり直しのために遅れた。彼女は2002年に「Wild On!」がブルック・バーク (Brooke Burke) の後釜の新しいホスト候補としてリストした12人のライバルの内の1人であった(「Wild Off! 」として知られる)。コンテストは、ラスベガスのパームスで行われた。各々のライバル達は「ワイルドな」チャレンジ完遂を定められた。マクドゥーガルのチャレンジは、クレオパトラの扮装をして、ジュリアス・シーザーとして着飾った俳優と腕を組んで一日シーザーズ・パレスのカジノを歩き回ることであった。彼女はチャレンジを完遂し、仲間のライバル達から当初は本命と思われていたが、5人によるファイナルラウンドへは進まなかった。最終的にはシンディ・テイラー (Cindy Taylor) が、「Wild Off! 」の勝者となった。カレン・マクドゥーガル フレッシュアイペディアより)

  • 内乱記

    内乱記から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    10月 - カエサル、アレクサンドリアに到着、プトレマイオス13世とクレオパトラ7世を呼びつける。内乱記 フレッシュアイペディアより)

  • キプロス

    キプロスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    紀元前58年、共和政ローマから派遣された小カトによってキプロスはローマ属州(キュプルス属州)となった。クレオパトラ7世はマルクス・アントニウスと結んでキプロスの支配権を再び手に収めたが、アクティウムの海戦に敗北し、プトレマイオス朝の滅亡と共に再度ローマ属州へ復帰した。キプロス フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラの針

    クレオパトラの針から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    クレオパトラの針(クレオパトラのはり)とは、19世紀にロンドン、パリ、ニューヨークに移され、立てられた3つの古代エジプトのオベリスクである。ロンドンとニューヨークのものは元々は対だったもので、パリのものは別の場所から移された(対の片方は元の場所にある)。いずれも古代エジプトの本物のオベリスクだが、クレオパトラ7世とは何の関係もなく、彼女より千年以上前に作られたものである。例えば、ロンドンのものはエジプト第18王朝のトトメス3世の時代に作られたものだが、「クレオパトラの針」と呼ばれている。パリのものが最初にエジプトから移され、最初に「クレオパトラの針」と呼ばれた。クレオパトラの針 フレッシュアイペディアより)

  • 月 (暦)

    月 (暦)から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)はローマ内戦で逃れたグナエウス・ポンペイウスを追ってエジプトに遠征し、クレオパトラ7世と協調して勝利を収めた。この際、彼はソシゲネスから暦を学びローマに持ち帰った。これを基礎に紀元前47年に制定された、一年を太陽暦365日(閏366日)とし、新年を冬至に近いJanuarius の初日からとした暦がユリウス暦である。1か月は30日または31日が交互になるよう定め、超過分はヌマ暦で最終月だったFebruarius(2月)を29日(閏年は30日)と少なくして調整した。この際、元老院はシーザーを称え「第 5の月」(Quintilis) の呼称を「ユリウス」 (Julius)へ改訂する決議をした。月 (暦) フレッシュアイペディアより)

  • ヘロデ大王

    ヘロデ大王から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ヘロデのチャンスは人生最大の危機によって訪れた。政教一致政権であるハスモン朝において大祭司でもあったヒルカノスの甥アンティゴノスがパルティアの援助を受けて伯父に叛旗を翻したのである。エルサレムにいたヘロデの兄ファサエロスも捕らえられて殺害された。ヘロデはヒルカノス2世の孫娘であるマリアムネ1世を妻としてハスモン朝との関係を作っていたが親ローマであったため身に危険がおよび、ガリラヤから当時クレオパトラのもとにいたマルクス・アントニウスの援助を求めてアレクサンドリアへ逃れ、そこからローマに渡った。ヘロデ大王 フレッシュアイペディアより)

  • 前世療法

    前世療法から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    前世記憶について、それを思い出す人の前世は大抵、国王や貴族など高貴な身分であり、召使などの低い身分のものであることはない、といった批判がある。そうしたケースでは、前世記憶は願望が投影された虚偽記憶である事になる。ジョン・レナードは「中でも最も人気の高いのはクレオパトラで、男性の場合は大抵、古代エジプトのファラオという形を取る」と批判している。霊媒であったダニエル・ダングラス・ホームは「私は12人のマリー・アントワネット、20人のアレキサンダーに拝謁を賜っているが、過去生で街角の只のおじさんだったという人には一度もお目にかかったことがない」と揶揄している。前世療法 フレッシュアイペディアより)

143件中 81 - 90件表示

「クレオパトラ7世」のニューストピックワード