118件中 81 - 90件表示
  • 紀元前31年

    紀元前31年から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    9月2日 - ギリシア西岸で、アウグストゥスの軍がマルクス・アントニウスとクレオパトラ7世の軍を破った(アクティウムの海戦)。紀元前31年 フレッシュアイペディアより)

  • スエズ運河

    スエズ運河から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    歴史家の研究によると、紅海の海岸線は徐々に後退し、数世紀後にはティムサ湖やグレートビター湖の位置より遥か南の、現在の位置まで下がったと考えられている。さらに、ナイル川で堆積するシルトの存在も、運河が通る国々にとって維持補修することを困難なものとした。プトレマイオス2世から約100年後のクレオパトラ7世の頃には、ナイル川デルタのペルシア川支流に溜まったシルトによって、東西を結ぶ運河はどれも航行不能な状態になってしまった。スエズ運河 フレッシュアイペディアより)

  • 紀元前44年

    紀元前44年から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    9月2日 - ファラオのクレオパトラ7世がカエサリオンとの共同統治を宣言した。紀元前44年 フレッシュアイペディアより)

  • エメラルド

    エメラルドから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    エメラルドの歴史は古く、世界の4大宝石にも数えられている。ギリシア時代、アリストテレスの弟子テオフラストスの「石について」に登場している。プトレマイオス朝エジプトではクレオパトラも愛用していたと伝えられており、このことから富と権力の象徴でもあったとされている。ローマ帝国時代のプリニウスの「博物誌」では、ダイヤと真珠に次ぐ、第三位の宝石とされており、皇帝ネロはエメラルド製のモノクルを所有していたとの言い伝えもある。実際、ポンペイなどローマ帝国時代の遺跡からはエメラルド製品がよく出土する。エメラルド フレッシュアイペディアより)

  • 美

    から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    言語表現について述べれば、例えば、見事に開いた薔薇の花を「美しい」と人は表現し、あるいはレオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ(ジョコンダの微笑)』を美しいとも評する。古代エジプトの女王であったクレオパトラ7世は「美女」として著名であり、数学者は、抽象数学であるリー群やイデアル理論に出てくる定理を美しいと述べる。モーツァルトやフォーレの音楽は、繊細な美しさを持つと言われ、ヘルマン・ヘッセは、作品に『青春は美し』という題をつけた。また、日本語では、「姿ではなく、美しい心の持ち主」というような表現もする。 フレッシュアイペディアより)

  • バラ

    バラから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    古代ギリシア・ローマでは、バラは愛の女神アプロディテもしくはウェヌス(ヴィーナス)と関係づけられた。また香りを愛好され、香油も作られた。プトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラはバラを愛好し、ユリウス・カエサルを歓待したときもふんだんにバラの花や香油を使用したと伝えられている。バラ フレッシュアイペディアより)

  • 鼻

    から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    日本語・中国語では鼻は「高い/低い」で表現するが、他の多くの言語では「長い/短い」で表現する。「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、歴史は変わっていただろう」というパスカルの『パンセ』における言葉は、実際には「court(短い)」であり、芥川龍之介の『侏儒の言葉』で「?鼻が曲がっていたら」となっているのは、これを「courbe (曲がった)」と誤解したためと言われ、鼻と「長い/短い」という表現との間の連想が働かなかったためではないかと考えられる。 フレッシュアイペディアより)

  • 月 (暦)

    月 (暦)から見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    ガイウス・ユリウス・カエサル(ユリウス・シーザー)はローマ内戦で逃れたグナエウス・ポンペイウスを追ってエジプトに遠征し、クレオパトラ7世と協調して勝利を収めた。この際、彼はソシゲネスから暦を学びローマに持ち帰った。これを基礎に紀元前47年に制定された、一年を太陽暦365日(閏366日)とし、新年を冬至に近いJanuarius の初日からとした暦がユリウス暦である。1か月は30日または31日が交互になるよう定め、超過分はヌマ暦で最終月だったFebruarius(2月)を29日(閏年は30日)と少なくして調整した。この際、元老院はシーザーを称え「第5の月」(Quintilis) の呼称を「ユリウス」 (Julius)へ改訂する決議をした。月 (暦) フレッシュアイペディアより)

  • アウグストゥス

    アウグストゥスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    戦後、再び三頭政治内で三者の支配地域の取り決めが行われ、アントニウスはガリア・キサルピナからエジプトへ移った。ここでカエサルの愛人であったプトレマイオス朝女王クレオパトラ7世とその息子カエサリオンと出会う。レピドゥスはアフリカへと赴任する。そしてイタリア本国に留まる事になったオクタウィアヌスだったが、迅速に解決すべき問題に迫られる。アウグストゥス フレッシュアイペディアより)

  • ティトゥス

    ティトゥスから見たクレオパトラ7世クレオパトラ7世

    執政官7年目となる79年に、死亡した父の後を継いでローマ皇帝となる。ティトゥスが皇帝になった時、人々は彼が再びネロのようになるのではないかと心配した、と後年スエトニウスは書いている。理由は愛人であったベレニケで、ローマ市民にとって彼女はクレオパトラの再来であるかのように映っていた。しかし、市民の危惧を悟ったティトゥスはベレニケを妻とすることを諦め、そのため逆に市民の同情と支持を得ることになった。また、剣闘士試合を頻繁に開催したり、先帝ウェスパシアヌスを揶揄する喜劇が上演されても一切咎め立てしなかったので、ローマ市民の間でも人気が高かった。元老院との関係も良好で、反逆罪の罪状を使わないと宣言した。ティトゥスは何も良いことをしなかった時には「一日を失ってしまった」と嘆いたと言う。ティトゥス フレッシュアイペディアより)

118件中 81 - 90件表示