102件中 21 - 30件表示
  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たプトレマイオス12世

    現在、世間一般に美女「クレオパトラ」として浸透しているのは、クレオパトラ7世のことである。クレオパトラの父はプトレマイオス12世(アウレテス)、母はクレオパトラ5世であり、兄弟はベレニケ4世(姉)、アルシノエ4世(妹)、プトレマイオス13世、プトレマイオス14世(共に弟)が知られる。「クレオパトラ」の名はギリシア語で「父親の栄光」を意味する。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たアレクサンドル・プーシキン

    プーシキン『エジプトの夜』クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たマルクス・ユニウス・ブルトゥス

    紀元前42年のフィリッピの戦いでは第二回三頭政治側では無く、ローマ東方地区へ勢力を広げていたマルクス・ユニウス・ブルトゥスらの勢力を支援した。戦いはブルトゥスらが敗北し、三頭政治側のマルクス・アントニウスはクレオパトラ7世に出頭を命じた。これに対して、クレオパトラ7世はアプロディーテーのように着飾り、香を焚いてムードをつくってタルソスへ出頭した。逆にアントニウスを自らの宴席へ招待するなどし、瞬く間にアントニウスを魅惑したといわれる。アントニウスはエジプトに近いシリアなどの東方地域では勢力を維持しており、クレオパトラ7世と良い関係を作ることは、アントニウスにとって好都合であったことは事実である。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たクーデター

    しかし紀元前48年春、ローマからの独立を標榜するプトレマイオス13世派は、このクレオパトラ7世の動きに不信を募らせ、アレクサンドリア住民が親ローマ主義のクレオパトラ7世に対して起した反乱に乗じてクーデターを決行し、クレオパトラ7世を東部国境のペルシオンへと追いやった。ポンペイウスはファルサルスの戦いにカエサルに敗北した後にエジプトに上陸したが、9月29日にプトレマイオス13世派に殺害された。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たアルタウァスデス2世

    その後、2人の間には紀元前39年に双子の男女のとクレオパトラ・セレネ、紀元前36年にはもう一人の男の子が誕生した。アントニウスはクレオパトラ7世の支援を得てパルティア遠征を行ったが、惨敗を喫した。その後でオクタウィアヌスの姉オクタウィアと離婚した。クレオパトラ7世とアントニウスは結婚したのかもしれない。アントニウスは紀元前34年に再度東方遠征を行いアルメニア王国(アルタクシアス朝)を攻撃して国王アルタウァスデス2世を捕虜とした。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たグナエウス・ポンペイウス

    紀元前49年、ガイウス・ユリウス・カエサル派とグナエウス・ポンペイウスら元老院派との間で内戦が勃発した。クレオパトラ7世は父王時代からの繋がりで元老院派を支援した。ポンペイウスの子小ポンペイウスがアレクサンドリアを訪れてクレオパトラ7世に兵員と食料の協力を要請した時、女王は小ポンペイウスに対し、予想を上回る兵員及び食料を提供した。この際に小ポンペイウスの愛人となったとされる。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たアウグストゥス

    クレオパトラ7世は、嫡子のいないカエサルの後継者にカエサリオンを望んでいたと思われるが、カエサルは庶子に当たるカエサリオンを後継者に指名してはいなかった。紀元前46年、既にカエサルは実の大甥(カエサルの妹の孫で姪の子)で養子のガイウス・オクタウィウス・トゥリヌスを後継者と定め、遺言書を遺していた。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たプトレマイオス13世

    現在、世間一般に美女「クレオパトラ」として浸透しているのは、クレオパトラ7世のことである。クレオパトラの父はプトレマイオス12世(アウレテス)、母はクレオパトラ5世であり、兄弟はベレニケ4世(姉)、アルシノエ4世(妹)、プトレマイオス13世、プトレマイオス14世(共に弟)が知られる。「クレオパトラ」の名はギリシア語で「父親の栄光」を意味する。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たマルクス・アントニウス

    紀元前42年のフィリッピの戦いでは第二回三頭政治側では無く、ローマ東方地区へ勢力を広げていたマルクス・ユニウス・ブルトゥスらの勢力を支援した。戦いはブルトゥスらが敗北し、三頭政治側のマルクス・アントニウスはクレオパトラ7世に出頭を命じた。これに対して、クレオパトラ7世はアプロディーテーのように着飾り、香を焚いてムードをつくってタルソスへ出頭した。逆にアントニウスを自らの宴席へ招待するなどし、瞬く間にアントニウスを魅惑したといわれる。アントニウスはエジプトに近いシリアなどの東方地域では勢力を維持しており、クレオパトラ7世と良い関係を作ることは、アントニウスにとって好都合であったことは事実である。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たゼノビア

    砂漠の女王 - 星野之宣による漫画で『妖女伝説』収録の作品。クレオパトラが「バア転生の秘法」を用いて、古代パレスチナの王女サロメ、パルミラ王国の女王ゼノビアといった砂漠の女王として転生を繰り返し、数奇な運命をたどってゆく。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示

「クレオパトラ7世」のニューストピックワード