102件中 31 - 40件表示
  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見た小オクタウィア

    その後、2人の間には紀元前39年に双子の男女のとクレオパトラ・セレネ、紀元前36年にはもう一人の男の子が誕生した。アントニウスはクレオパトラ7世の支援を得てパルティア遠征を行ったが、惨敗を喫した。その後でオクタウィアヌスの姉オクタウィアと離婚した。クレオパトラ7世とアントニウスは結婚したのかもしれない。アントニウスは紀元前34年に再度東方遠征を行いアルメニア王国(アルタクシアス朝)を攻撃して国王アルタウァスデス2世を捕虜とした。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たグナエウス・ポンペイウス・ミノル

    紀元前49年、ガイウス・ユリウス・カエサル派とグナエウス・ポンペイウスら元老院派との間で内戦が勃発した。クレオパトラ7世は父王時代からの繋がりで元老院派を支援した。ポンペイウスの子小ポンペイウスがアレクサンドリアを訪れてクレオパトラ7世に兵員と食料の協力を要請した時、女王は小ポンペイウスに対し、予想を上回る兵員及び食料を提供した。この際に小ポンペイウスの愛人となったとされる。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たディオ・カッシウス

    一応、カエサルは両共同統治者を和解させるのに成功したとはいえ、この和解は15日間しか続かなかった。ディオ・カッシウスによると、プトレマイオス13世側がカエサル軍を攻撃したので、カエサルはその時ちょうどエジプトへ到来したローマ軍を使って、紀元前47年のナイル川の戦いでプトレマイオス13世派を制圧し、プトレマイオス13世をナイル川で溺死させた。プトレマイオス13世と結託してクレオパトラ7世と敵対していた妹アルシノエ4世は捕らえられてローマへ送られ、紀元前46年にローマで催されたカエサルの凱旋式で引き回された。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見た楊貴妃

    1000年女王(劇場版) - 楊貴妃、卑弥呼とともに、歴代の1000年女王として登場する。原作の漫画版にもわずかながら登場。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たクレオパトラ・セレネ

    その後、2人の間には紀元前39年に双子の男女のとクレオパトラ・セレネ、紀元前36年にはもう一人の男の子が誕生した。アントニウスはクレオパトラ7世の支援を得てパルティア遠征を行ったが、惨敗を喫した。その後でオクタウィアヌスの姉オクタウィアと離婚した。クレオパトラ7世とアントニウスは結婚したのかもしれない。アントニウスは紀元前34年に再度東方遠征を行いアルメニア王国(アルタクシアス朝)を攻撃して国王アルタウァスデス2世を捕虜とした。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見た暗殺

    紀元前46年、カエサルが10年間の独裁官に任命され、凱旋式を挙行した頃、クレオパトラ7世はカエサリオンを連れてローマを訪れた(アルシノエ4世が市中を引き回されるのを見たかもしれない)。クレオパトラ7世は、カエサルの庇護のもと目立たぬ形でローマに滞在していたが、紀元前44年にカエサルが暗殺されると、カエサリオンを連れ急遽エジプトに帰ったらしい。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たガイウス・ユリウス・カエサル

    紀元前49年、ガイウス・ユリウス・カエサル派とグナエウス・ポンペイウスら元老院派との間で内戦が勃発した。クレオパトラ7世は父王時代からの繋がりで元老院派を支援した。ポンペイウスの子小ポンペイウスがアレクサンドリアを訪れてクレオパトラ7世に兵員と食料の協力を要請した時、女王は小ポンペイウスに対し、予想を上回る兵員及び食料を提供した。この際に小ポンペイウスの愛人となったとされる。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たクレオパトラ5世

    現在、世間一般に美女「クレオパトラ」として浸透しているのは、クレオパトラ7世のことである。クレオパトラの父はプトレマイオス12世(アウレテス)、母はクレオパトラ5世であり、兄弟はベレニケ4世(姉)、アルシノエ4世(妹)、プトレマイオス13世、プトレマイオス14世(共に弟)が知られる。「クレオパトラ」の名はギリシア語で「父親の栄光」を意味する。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たティトゥス・ポンポニウス・アッティクス

    キケロはティトゥス・ポンポニウス・アッティクスへの書簡(紀元前44年6月付)の中でクレオパトラについて「女王は嫌いだ、こんな連中と関りたくない」と記した。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たベレニケ4世

    現在、世間一般に美女「クレオパトラ」として浸透しているのは、クレオパトラ7世のことである。クレオパトラの父はプトレマイオス12世(アウレテス)、母はクレオパトラ5世であり、兄弟はベレニケ4世(姉)、アルシノエ4世(妹)、プトレマイオス13世、プトレマイオス14世(共に弟)が知られる。「クレオパトラ」の名はギリシア語で「父親の栄光」を意味する。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示

「クレオパトラ7世」のニューストピックワード