89件中 51 - 60件表示
  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たパルティア

    その後、2人の間には紀元前39年に双子の男女のアレクサンデル・ヘリオスとクレオパトラ・セレネ、紀元前36年にはもう一人の男の子プトレマイオス・フィラデルフォスが誕生した。アントニウスはクレオパトラ7世の支援を得てパルティア遠征を行なったが、惨敗を喫した。その後でオクタウィアヌスの姉オクタウィアと離婚した。クレオパトラ7世とアントニウスは結婚したのかもしれない。アントニウスは、再度東方遠征を行ってアルメニア王国(アルタクシアス朝)を攻撃して国王アルタウァスデス2世を捕虜とした。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たナイルの戦い (紀元前47年)

    一応、カエサルは両共同統治者を和解させるのに成功したとはいえ、この和解は15日間しか続かなかった。ディオ・カッシウスによると、プトレマイオス13世側がカエサル軍を攻撃したので、カエサルはその時ちょうどエジプトへ到来したローマ軍を使って、紀元前47年のナイルの戦いでプトレマイオス13世派を制圧し、プトレマイオス13世をナイル川で溺死させた。プトレマイオス13世と結託し、クレオパトラ7世と敵対していた妹アルシノエ4世は捕らえられてローマへ送られ、紀元前46年にローマで催されたカエサルの凱旋式で引き回された。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見た古代エジプト

    クレオパトラ7世フィロパトル(, , 紀元前70年12月/紀元前69年1月 - 紀元前30年8月12日)は、古代エジプトプトレマイオス朝最後のファラオである。父はプトレマイオス12世(アウレテス)、母はクレオパトラ5世であり、兄弟はベレニケ4世(姉)、アルシノエ4世(妹)、プトレマイオス13世、(共に弟)が知られる。「クレオパトラ」の名はギリシャ語で「父の栄光」を意味する。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見た少女フレンド

    「クレオパトラ」 - 里中満智子による漫画作品。1975年、少女フレンド誌上(8号 - 11号)で発表。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たナイル川

    一応、カエサルは両共同統治者を和解させるのに成功したとはいえ、この和解は15日間しか続かなかった。ディオ・カッシウスによると、プトレマイオス13世側がカエサル軍を攻撃したので、カエサルはその時ちょうどエジプトへ到来したローマ軍を使って、紀元前47年のナイルの戦いでプトレマイオス13世派を制圧し、プトレマイオス13世をナイル川で溺死させた。プトレマイオス13世と結託し、クレオパトラ7世と敵対していた妹アルシノエ4世は捕らえられてローマへ送られ、紀元前46年にローマで催されたカエサルの凱旋式で引き回された。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たアクティウムの海戦

    紀元前31年、アントニウス派およびプトレマイオス朝の連合軍とオクタウィアヌスが率いるローマ軍が、ギリシャ西岸のアクティウムで激突する(アクティウムの海戦)。この海戦の最中にクレオパトラ7世は戦場を離脱し、アントニウスもクレオパトラ7世の船を追って逃亡し、ともにアレクサンドリアへ戻った。結局、アントニウス派およびプトレマイオス朝の連合軍は、追跡してきたオクタウィアヌス軍に敗北を喫する。アントニウスは部下を置き去りにし、女を追って戦場を後にしたと嘲笑されることになった。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たオプティマテス

    紀元前49年、ガイウス・ユリウス・カエサル派とグナエウス・ポンペイウスら元老院派との間で内戦が勃発、父王時代からの繋がりでクレオパトラ7世は元老院派を支援し、ポンペイウスの子小ポンペイウスはアレクサンドリアを訪れ、クレオパトラ7世に兵員と食料の協力を要請した時、女王は小ポンペイウスに対し、予想を上回る兵員及び食料を提供した。この際に小ポンペイウスの愛人となったとされる。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見た共和政ローマ

    プトレマイオス朝では、権力を巡る骨肉の争いが常態化していた。事実、クレオパトラが14歳の紀元前55年、父と姉ベレニケ4世は王位を巡って争い、父がローマの支援を得て勝利してベレニケ4世を処刑した。このようにエジプト国内は不安定な状況下に置かれていた。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たフランス

    フランスの哲学者ブレーズ・パスカルは、クレオパトラがその美貌と色香でカエサルやアントニウスを翻弄したとして、「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら(※逐語訳すれば『短かったら』、鼻参照)歴史が変わっていた」と評した。前述の通り、同時代人にとってクレオパトラが特段の美人では無かった事から、この評価は誤解に基づくものともされる。もっとも、パスカルはこの話を単に例えとして記述しているに過ぎない。「人間とは、またその存在が紡ぎ出す歴史とは、何か少しを変えてしまうだけで何もかもが変わってしまう。それほど、それらは絶対的指針を持たぬ流動的で儚いものなのだ」という思想を言葉にするために、『クレオパトラの鼻』を引き合いに出したということである。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たマンドリンオーケストラ

    ベッルーティ マンドリンオーケストラ《クレオパトラの死と変容》クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

89件中 51 - 60件表示