102件中 61 - 70件表示
  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たパルミラ王国

    砂漠の女王 - 星野之宣による漫画で『妖女伝説』収録の作品。クレオパトラが「バア転生の秘法」を用いて、古代パレスチナの王女サロメ、パルミラ王国の女王ゼノビアといった砂漠の女王として転生を繰り返し、数奇な運命をたどってゆく。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見た三頭政治

    紀元前42年のフィリッピの戦いでは第二回三頭政治側では無く、ローマ東方地区へ勢力を広げていたマルクス・ユニウス・ブルトゥスらの勢力を支援した。戦いはブルトゥスらが敗北し、三頭政治側のマルクス・アントニウスはクレオパトラ7世に出頭を命じた。これに対して、クレオパトラ7世はアプロディーテーのように着飾り、香を焚いてムードをつくってタルソスへ出頭した。逆にアントニウスを自らの宴席へ招待するなどし、瞬く間にアントニウスを魅惑したといわれる。アントニウスはエジプトに近いシリアなどの東方地域では勢力を維持しており、クレオパトラ7世と良い関係を作ることは、アントニウスにとって好都合であったことは事実である。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たサロメ (ヘロディアの娘)

    砂漠の女王 - 星野之宣による漫画で『妖女伝説』収録の作品。クレオパトラが「バア転生の秘法」を用いて、古代パレスチナの王女サロメ、パルミラ王国の女王ゼノビアといった砂漠の女王として転生を繰り返し、数奇な運命をたどってゆく。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見た乳房

    オクタウィアヌスは捕虜となったクレオパトラ7世が自殺することを警戒し、厳重な監視下に置いていたが、クレオパトラ7世自身はオクタウィアヌスに屈することを拒んで自殺した。贈答品のイチジクに忍ばせていたコブラに身体(乳房か腕)を噛ませて自殺したとも伝えられている。オクタウィアヌスは彼女の「アントニウスと共に葬られたい」との遺言を聞き入れた。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たローマ内戦 (紀元前49年-紀元前45年)

    紀元前49年、ガイウス・ユリウス・カエサル派とグナエウス・ポンペイウスら元老院派との間で内戦が勃発した。クレオパトラ7世は父王時代からの繋がりで元老院派を支援した。ポンペイウスの子小ポンペイウスがアレクサンドリアを訪れてクレオパトラ7世に兵員と食料の協力を要請した時、女王は小ポンペイウスに対し、予想を上回る兵員及び食料を提供した。この際に小ポンペイウスの愛人となったとされる。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たヘブライ語

    歴史家プルタルコスは、クレオパトラを、複数の外国語(エジプト語・メディア語・ゲエズ語・シリア語・パルティア語・アラビア語・ヘブライ語など)に通じた知的な女性と伝えている。ちなみにその容貌については、「彼女の美貌そのものはけっして比類なきものではなく、見る人をはっとさせるものでもないと言われていた」と評している。彼女はたしかに魅力的な女性ではあったが、それは容姿ではなく雰囲気や優雅で穏やかな話し方からくるものであったといわれる。美の基準は人・地域・時代などによって異なるので注意が必要だが、少なくともプルタルコスの評価では、あるいは当時の世間一般の見方では、特段美しいというわけではなかったようである。クレオパトラに惚れ込んだカエサルも、彼女の頭の良さと声の良さを讃えているが、容姿については語っていない。彼女の声の良さについては「まるで楽器のようだ」と絶賛している。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たアルテミス

    他方、アルシノエ4世は小アジアのエフェソスにあるアルテミス神殿に聖域逃避していたが、クレオパトラ7世はアントニウスに頼んで殺害させた。アルシノエ4世の墓はエフェソスに築かれたが、1927年にドイツ人考古学者らに荒らされ、頭蓋骨はドイツに持ち去られた。頭蓋骨は戦後、所在不明であり、数点の写真が残っているのみである。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見た独裁官

    紀元前46年、カエサルが10年間の独裁官に任命され、凱旋式を挙行した頃、クレオパトラ7世はカエサリオンを連れてローマを訪れた(アルシノエ4世が市中を引き回されるのを見たかもしれない)。クレオパトラ7世は、カエサルの庇護のもと目立たぬ形でローマに滞在していたが、紀元前44年にカエサルが暗殺されると、カエサリオンを連れ急遽エジプトに帰ったらしい。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たFate/Grand Order

    Fate/Grand Order(声:釘宮理恵) - アサシンのサーヴァントとして登場クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ7世

    クレオパトラ7世から見たファルサルスの戦い

    しかし紀元前48年春、ローマからの独立を標榜するプトレマイオス13世派は、このクレオパトラ7世の動きに不信を募らせ、アレクサンドリア住民が親ローマ主義のクレオパトラ7世に対して起した反乱に乗じてクーデターを決行し、クレオパトラ7世を東部国境のペルシオンへと追いやった。ポンペイウスはファルサルスの戦いにカエサルに敗北した後にエジプトに上陸したが、9月29日にプトレマイオス13世派に殺害された。クレオパトラ7世 フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「クレオパトラ7世」のニューストピックワード