230件中 101 - 110件表示
  • 中間持株会社

    中間持株会社から見たクレディセゾンクレディセゾン

    JPNホールディングス(クレディセゾン傘下。ジェーピーエヌ債権回収などを統括。事業会社のヒューマンプラス(現・セゾンパーソナルプラス)に合併)中間持株会社 フレッシュアイペディアより)

  • 赤城自然園

    赤城自然園から見たクレディセゾンクレディセゾン

    赤城自然園(あかぎしぜんえん)は、群馬県渋川市赤城町にある自然観察園。2017年現在はクレディセゾンが運営する。赤城自然園 フレッシュアイペディアより)

  • VINTAGE GARAGE

    VINTAGE GARAGEから見たクレディセゾンクレディセゾン

    VINTAGE GARAGE(ビンテージ・ガレージ)は、2011年4月3日から2016年2月28日までJ-WAVEで放送されていたラジオ番組。制作はJ-WAVEが担当していた。2015年9月まではクレディセゾン(SAISON AMERICAN EXPRESS CARD)の単独提供で、JAPAN FM LEAGUE5局同時ネット番組であった。VINTAGE GARAGE フレッシュアイペディアより)

  • マイレージ・プラス

    マイレージ・プラスから見たクレディセゾンクレディセゾン

    提携クレジットカードはクレディセゾン・UC・JCB・ダイナースクラブの4社が発行している。マイレージ・プラス フレッシュアイペディアより)

  • サラ金カード

    サラ金カードから見たクレディセゾンクレディセゾン

    1990年代になると消費者金融と信販のCD間で相互にカード利用提携が盛んに行われ、1990年代後半、特に2000年の銀行系消費者金融の参入によって銀行・信用金庫などの金融機関でのATM、近年はコンビニATMやビューアルッテなどのステーションATM、郵便局のATMでも利用できるように広がっている。しかしながら、2010年の貸金業法改正の影響から、地方銀行を中心にカード利用提携の解消し、提携していたクレジットカード会社や信販会社のCDも殆どが撤去され(クレディセゾンのように自社ATMのリプレース・新規設置を行っている例外もある)、提携ATMを利用した場合のATM利用手数料の有料化などが行われた。サラ金カード フレッシュアイペディアより)

  • ライオンレースホース

    ライオンレースホースから見たクレディセゾンクレディセゾン

    2006年、クレディセゾンが買収。ライオンレースホース フレッシュアイペディアより)

  • HOT 100

    HOT 100から見たセゾンカードクレディセゾン

    2014年9月を以てMcDonald'sが3番組のスポンサーから撤退。翌10月より『TOKIO - 』はOlympicグループが、『ZIP - 』はATEAMが冠スポンサーとなった。『OSAKAN - 』も2015年4月よりNTT docomoが冠スポンサーとなった。同年9月を以て『TOKIO - 』の冠スポンサーからOlympicグループが撤退し、翌10月よりクレディセゾン(SAISON CARD名義)が冠スポンサーとなる。HOT 100 フレッシュアイペディアより)

  • HOT 100

    HOT 100から見たクレディセゾンクレディセゾン

    2014年9月を以てMcDonald'sが3番組のスポンサーから撤退。翌10月より『TOKIO - 』はOlympicグループが、『ZIP - 』はATEAMが冠スポンサーとなった。『OSAKAN - 』も2015年4月よりNTT docomoが冠スポンサーとなった。同年9月を以て『TOKIO - 』の冠スポンサーからOlympicグループが撤退し、翌10月よりクレディセゾン(SAISON CARD名義)が冠スポンサーとなる。HOT 100 フレッシュアイペディアより)

  • セゾン投信

    セゾン投信から見たクレディセゾンクレディセゾン

    2006年6月12日設立。株式会社クレディセゾンの100%出資子会社であったが、2014年9月に日本郵便が40%を取得している。セゾン投信 フレッシュアイペディアより)

  • ルック (音楽グループ)

    ルック (音楽グループ)から見たクレディセゾンクレディセゾン

    1986年(昭和61年)、「少年の瞳」がクレディセゾン(セゾンカードインターナショナル)のCMソングに使用された。ルック (音楽グループ) フレッシュアイペディアより)

230件中 101 - 110件表示

「クレディセゾン」のニューストピックワード