230件中 111 - 120件表示
  • エムアイカード

    エムアイカードから見たセゾンカードクレディセゾン

    名鉄百貨店との提携カードである。2016年1月31日を以ってサービスを終了した。1999年からセントラルファイナンス(メディアカード)とクレディセゾン(セゾンカード)の2社による国際ブランド付帯の提携カード「Meiカード」が存在していたが、名鉄百貨店が伊勢丹の支援を受けたことで提携カードが2006年4月から伊勢丹アイカード発行のハウスカード(当初)に一新された経緯がある。兄弟会社であるめいてつエムザではMeiカードのサービスを継続していたため、特典やサービスは一切異なっていた。また、名古屋鉄道の提携カードである「メディアカード」や「MEITETSU μ's Card」にある定期券のクレジット決済可能などの会員特典は存在しなかった。エムアイカード フレッシュアイペディアより)

  • エムアイカード

    エムアイカードから見たクレディセゾンクレディセゾン

    名鉄百貨店との提携カードである。2016年1月31日を以ってサービスを終了した。1999年からセントラルファイナンス(メディアカード)とクレディセゾン(セゾンカード)の2社による国際ブランド付帯の提携カード「Meiカード」が存在していたが、名鉄百貨店が伊勢丹の支援を受けたことで提携カードが2006年4月から伊勢丹アイカード発行のハウスカード(当初)に一新された経緯がある。兄弟会社であるめいてつエムザではMeiカードのサービスを継続していたため、特典やサービスは一切異なっていた。また、名古屋鉄道の提携カードである「メディアカード」や「MEITETSU μ's Card」にある定期券のクレジット決済可能などの会員特典は存在しなかった。エムアイカード フレッシュアイペディアより)

  • UCカード

    UCカードから見たクレディセゾンクレディセゾン

    UCカード(ユーシーカード)は、株式会社クレディセゾン(以下「セゾン」)及びUCカードグループが発行するクレジットカードである。UCカード フレッシュアイペディアより)

  • 堤清二

    堤清二から見たセゾンカードクレディセゾン

    脱大衆文化と称して、DCブランドの展開や、無印良品、ファミリーマート、雑貨店のロフト、セゾンカード、FM放送のJ-WAVE、オーディオ・ビジュアル (AV) ソフト(CD・DVD等)の小売店チェーンWAVE、大型書店のリブロなどの事業も始める。田中一光、山本耀司らとの交流の中から、無印良品のヒントを得たといわれる。糸井重里による「不思議、大好き。」「おいしい生活。」などのキャッチコピーは西武百貨店を80年代文化の担い手として印象付けた。また、海外有名ブランドの導入を積極的に推進し、エルメス、ラルフ・ローレン、イブ・サンローラン、アルマーニ、ミッソーニなどを日本の百貨店で最初に導入したのは西武百貨店をはじめとするセゾングループである。さらに、セゾン美術館などメセナのさきがけといわれる活動も始める。1983年、自伝的小説『いつもと同じ春』で平林たい子文学賞受賞。しかしバブル崩壊により、金融機関からの借り入れに依存して事業の急拡大を進めていたセゾングループの経営は破綻を迎え、1991年に堤は同グループ代表を辞任。2000年には西洋環境開発(同年清算)を含むグループの清算のため、保有株の処分益等100億円を出捐し、セゾングループは解体された。一方、1995年に堤清二名義で書き学位請求論文として中央大学に提出した『消費社会批判』が認められ、博士(経済学)の学位を取得(論文博士)。翌1996年に岩波書店から書籍化される。堤清二 フレッシュアイペディアより)

  • 人間の約束

    人間の約束から見たクレディセゾンクレディセゾン

    協力 : 西友、西武百貨店、レストラン西武、西武クレジット、朝日工業、朝日航洋、西洋環境開発、西武オールステート生命保険、西武日産人間の約束 フレッシュアイペディアより)

  • グランドファンク

    グランドファンクから見たクレディセゾンクレディセゾン

    TOYOTA、AISIN、大塚製薬、リクルート、大和証券、NTT docomo、Kracie、Yahoo! JAPAN、明治 (企業)、ナブテスコ、アラクス、タマホーム、フォーラムエンジニアリング、JT、グリコ、三井不動産、SUBARU、TOTO、バスクリン、Coca-Cola、KIRIN、資生堂、Intel、アエラホーム、DeNA、LIXIL、住友生命、SHARP、NTT東日本、東芝、JAL、JR東日本、SECOM、JRA、日本医師会、東京ガス、大和ハウス、日清、サントリー、P&G、メルセデス・ベンツ、KOSE、クレディセゾン、SoftBank、日本マクドナルド、東京海上日動、日本経済新聞社、オリックス銀行、キヤノン、avex、コスモ石油、AGF、旭化成、WOWOW、コイケヤ、東京エレクトロン、ロッテ、Intel、エビスビール、HITACHI、ニコン、アサヒビール、三菱UFJニコス、トステム、富士通、プラチナギルドインターナショナル、東京ガス、積水ハウス、グリコ、太陽生命、マスターカード、日産自動車、SONY、Levi’s、TBC、HONDA、パルコ、東芝、イオン、ANA、ローソン、MAZDA、サッポロビール、マイクロソフト(順不同)グランドファンク フレッシュアイペディアより)

  • イオン所沢店

    イオン所沢店から見たクレディセゾンクレディセゾン

    このほか、クレディセゾンのATMが設置されている。イオン所沢店 フレッシュアイペディアより)

  • イープラス

    イープラスから見たセゾンカードクレディセゾン

    セゾンカードのWebサービス「Netアンサー」に会員登録の上ログインし、バナーをクリックすると、セゾンカード会員向けのe+サイトにリンクして、貸切公演や割引チケットを販売している事がある。この優待を受けるにはe+の決済登録をセゾンカードでのクレジット決済に指定する必要がある。イープラス フレッシュアイペディアより)

  • イープラス

    イープラスから見たクレディセゾンクレディセゾン

    1999年7月30日設立。当時のセゾングループが50%、ソニーとその関連企業が50%出資した。現在はクレディセゾン37.6%、ファミリーマート8.2%、パルコ4.2%で、ソニーグループの持分すべてをソニー・ミュージックエンタテインメントが保有している。イープラス フレッシュアイペディアより)

  • 三井住友トラスト・カード

    三井住友トラスト・カードから見たクレディセゾンクレディセゾン

    2013年1月現在は統合前の各前身会社の流れを汲み、VJA・オムニカード協会のブラザーカンパニーとして発行する「VISA/MasterCard」、ジェーシービーのフランチャイジーとして発行する「JCB」、UCカードのブラザーズカンパニーとして発行する「UC」(VISA/MasterCard)の3ブランドを取り扱ったが、JCB事業は2013年(平成25年)8月15日を以って終了し、翌8月16日以降JCB本体に移管した。またUCカード事業についても個人向けのカード更新については2017年1月までに終了し、法人向けのみ継続する予定が一度発表されたが、方針を転換し、個人向けのカード更新も引き続き行うことが2016年11月30日に発表され、その後、2017年4月10日付でにUCカード事業をユーシーカード(加盟店事業など)・クレディセゾン(発行)に全面譲渡することが2016年12月20日に発表された。三井住友トラスト・カード フレッシュアイペディアより)

230件中 111 - 120件表示

「クレディセゾン」のニューストピックワード