230件中 21 - 30件表示
  • 中国銀聯

    中国銀聯から見たクレディセゾンクレディセゾン

    「銀聯」(ぎんれん)のロゴがあるキャッシュカード及びクレジットカードは「銀聯カード」(/)と呼称されている。中華人民共和国では、与信審査や信用情報が未発達であるため、銀聯カードの多くはデビットカードである。中国以外にも、日本・アメリカ合衆国・大韓民国・タイ・シンガポール・ドイツ・フランス・オーストラリアなど、約20カ国に加盟店を広げており、VISAやMasterCardの様な、国際ブランドに近い存在となりつつある。日本国内では、三井住友カードと三菱UFJニコスが、銀聯クレジットカード、クレディセゾンが引出専用の銀聯プリペイドカードを発行している。銀聯デビットカードは、中国に本拠を置く銀行の在日支店の一部が発行している。また、銀聯キャッシュカードを用いた国外での現金引き出しには上限額の制限がある。中国銀聯 フレッシュアイペディアより)

  • 月明かりに照らされて

    月明かりに照らされてから見たクレディセゾンクレディセゾン

    メジャーデビュー・シングルで、「月明かりに照らされて」はセゾンカード インターナショナルのコマーシャルソング、及びテレビ朝日系『サンデージャングル』オープニング・テーマに起用された。ミュージック・ビデオはモノクロ映像で、PV集『動く山崎 VIDEO CLIPS 1995-1998』に収録されている。月明かりに照らされて フレッシュアイペディアより)

  • 志澤

    志澤から見たクレディセゾンクレディセゾン

    企業の志澤は西武クレジットが吸収合併し、小田原店は「西武クレジット 志澤店 志澤西武」と改称して1983年に西武百貨店へ店舗運営を引き継いだ。志澤 フレッシュアイペディアより)

  • ローソンパス

    ローソンパスから見たセゾンカードクレディセゾン

    「ローソンパスVISA」・「JMBローソンパスVISA」については、合併に伴い≪セゾン≫カードブランドの提携カードの一種になったことから、数度のシステム改修を経て2009年2月下旬より、西友での「≪セゾン≫カード感謝デー(請求時に5%割引)」の適用対象となった。しかし、西友とローソンは過去を含め無関係の同業他社であることから、2009年3月時点では「ローソンパス」単独の公式サイトには掲載されていない。ローソンパス フレッシュアイペディアより)

  • ローソンパス

    ローソンパスから見たクレディセゾンクレディセゾン

    ローソンパスは、かつて株式会社クレディセゾン(セゾン)が株式会社ローソンと提携し発行していたクレジットカードである。2007年のマイローソンポイント募集開始以前は、クレジット機能を除いたポイントカード「ローソンパスジュニア」も発行されていた。2010年3月1日をもって、ローソンPontaカードに移行した。ローソンパス フレッシュアイペディアより)

  • ソニー銀行

    ソニー銀行から見たクレディセゾンクレディセゾン

    この他、クレディセゾンと提携した「MONEYKit《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カード」(年会費10,500円)、「MONEYKit《セゾン》JCBカード」(年会費無料)の両商品も存在するが、新規の受付は2011年5月1日以降停止している。両商品とも既存会員は継続して利用可能であるが、ソニー銀行の口座を解約した場合は利用できなくなる。ソニー銀行 フレッシュアイペディアより)

  • VIEW Suicaカード

    VIEW Suicaカードから見たクレディセゾンクレディセゾン

    ただし、JALカードの他提携ブランドで発行している家族カードはVIEWカード側に設定が無く、同様にCLUB-Aゴールドカードの取扱も無い。VISA/Masterブランドが発行されていないのは、JR東日本(クレディセゾン/UCカード)とJALカード(三菱UFJニコス/DCカード)でブランド提携先が異なるためとされている。VIEW Suicaカード フレッシュアイペディアより)

  • TOKIO HOT 100

    TOKIO HOT 100から見たクレディセゾンクレディセゾン

    スポンサーはクレディセゾン(SAISON CARD名義)で、J-WAVEワイドプログラムで唯一の冠スポンサー番組になっている。そのため、正式にはスポンサー名をかぶせて『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(セゾンカード・トキオ・ホット・ワンハンドレッド)となる。TOKIO HOT 100 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄百貨店

    名鉄百貨店から見たクレディセゾンクレディセゾン

    こうした経緯から、2000年以降、ジェイアール名古屋タカシマヤとの競争激化に伴う経営悪化への対応として、名鉄の完全子会社化と、伊勢丹による支援・業務提携を受けた。それに伴い、同社のクレジットカードについても、セントラルファイナンス(現・セディナ)やクレディセゾンとの提携カードから、伊勢丹アイカード(現・エムアイカード)との提携による、「名鉄百貨店アイカード」に変更された。名鉄百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • クレジットカード

    クレジットカードから見たクレディセゾンクレディセゾン

    上記2社とは違い、自社でカード発行を行う「イシュア業務」と「アクワイアラー業務」と伴に、日本ではMUFGカード、クレディセゾンに、香港ではイオンクレジットサービスの現地法人に対しても、ライセンス供与を行っている。ローマ兵士のカードフェイスで知られる。日本国内では自社加盟店の他、提携先のJCBの加盟店でも使用できるため、日本国内における利用可能店舗数は、上記の2社にほぼ並ぶ。クレジットカード フレッシュアイペディアより)

230件中 21 - 30件表示

「クレディセゾン」のニューストピックワード