前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
126件中 1 - 10件表示
  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た西武百貨店

    1982年(昭和57年)に西武百貨店から転入した林野宏(現:代表取締社長)を筆頭に、30歳代前後の本社若手社員による柔軟な発想による業界の先駆けとなるサービス開発が特徴的である。1988年(昭和63年)に「≪セゾン≫カードインターナショナル」をVISAまたはMasterCardブランド付帯のプロパーカードを年会費無料で発行開始し、1997年(平成9年)にはアメリカン・エキスプレスブランド付帯の「≪セゾン≫アメリカン・エキスプレスカード」を年会費3150円で募集開始した。2003年(平成15年)には当時グレーゾーン金利が容認されている中で、キャッシングリボの利息がショッピングリボと同一の年14%としたリボルビング払い専用クレジットカード(リボ払い用追加カードではない)「《セゾン》フォービート」カードの募集開始。2006年(平成18年)には貸付金利が最小8%とクレジットカード会社発行では当初最低利率であったローンカード「セゾンカードローン(2008年にセゾンMONEY CARDへ改称)」事業を開始し、他のカード・信販会社も同型商品の取扱いに追従した。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た西友

    《セゾン》カードは基本的に一般カードの年会費永久無料(一部を除く)などを売りにしている。一般的に年会費有料のカードはその元を取るために使われ、年会費無料のカードは使わなくても損をしないことから稼働率は低くなる傾向にある。しかしセゾンカードは、銀行系のような堅さやステータスは無いものの、流通系の親近感、おしゃれなイメージの良さや、日本国内でのウォルマートグループ店舗(西友など)での特定日利用5%割引なども手伝って、カード稼働率はトップとなっている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たMasterCard

    1982年(昭和57年)に西武百貨店から転入した林野宏(現:代表取締社長)を筆頭に、30歳代前後の本社若手社員による柔軟な発想による業界の先駆けとなるサービス開発が特徴的である。1988年(昭和63年)に「≪セゾン≫カードインターナショナル」をVISAまたはMasterCardブランド付帯のプロパーカードを年会費無料で発行開始し、1997年(平成9年)にはアメリカン・エキスプレスブランド付帯の「≪セゾン≫アメリカン・エキスプレスカード」を年会費3150円で募集開始した。2003年(平成15年)には当時グレーゾーン金利が容認されている中で、キャッシングリボの利息がショッピングリボと同一の年14%としたリボルビング払い専用クレジットカード(リボ払い用追加カードではない)「《セゾン》フォービート」カードの募集開始。2006年(平成18年)には貸付金利が最小8%とクレジットカード会社発行では当初最低利率であったローンカード「セゾンカードローン(2008年にセゾンMONEY CARDへ改称)」事業を開始し、他のカード・信販会社も同型商品の取扱いに追従した。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たクレジットカード

    株式会社クレディセゾン(英称:Credit Saison Co., Ltd.)は、日本のクレジットカード会社である。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たソニー銀行

    「MONEYKit《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カード」(ソニー銀行クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たロフト (雑貨店)

    西友グループ、ロフト、パルコなどセゾンと深く提携している店舗の一部ではセゾンカウンターというセゾンカードの対面窓口が設けられている(ほとんどが郵便局窓口の様なオープンカウンターで、係員が10数名いる百貨店内の大規模なものから西友などに設置されている係員が2?3名常駐の小規模なものまで全国に150ヶ所以上)。このカウンターではカード入会(一部カウンターでは発行も可能)・メンバーズローン(証書貸付)の申込、カード利用相談、保険代理店として各種保険(セゾングループ繋がりでAIGエジソン生命やセゾン自動車火災保険商品が主体)の申込などの受付業務を行っている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たソフトバンクモバイル

    「SoftBankカード プレミアム アメリカン・エキスプレス・カード」(ソフトバンクモバイル及びソフトバンク・ペイメント・サービス)クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たユナイテッド航空

    「マイレージ・プラス《セゾン》プラチナカード」(ユナイテッド航空クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た高島屋

    事業提携している?島屋には高島屋クレジット運営の「タカシマヤカードカウンター」、そごう西武にはセブンCSカードサービス運営の「そごうミレニアムカードカウンター」「クラブ・オン カウンター(西武百貨店)」がそれぞれ設けられている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たアメリカン・エキスプレス

    1982年(昭和57年)に西武百貨店から転入した林野宏(現:代表取締社長)を筆頭に、30歳代前後の本社若手社員による柔軟な発想による業界の先駆けとなるサービス開発が特徴的である。1988年(昭和63年)に「≪セゾン≫カードインターナショナル」をVISAまたはMasterCardブランド付帯のプロパーカードを年会費無料で発行開始し、1997年(平成9年)にはアメリカン・エキスプレスブランド付帯の「≪セゾン≫アメリカン・エキスプレスカード」を年会費3150円で募集開始した。2003年(平成15年)には当時グレーゾーン金利が容認されている中で、キャッシングリボの利息がショッピングリボと同一の年14%としたリボルビング払い専用クレジットカード(リボ払い用追加カードではない)「《セゾン》フォービート」カードの募集開始。2006年(平成18年)には貸付金利が最小8%とクレジットカード会社発行では当初最低利率であったローンカード「セゾンカードローン(2008年にセゾンMONEY CARDへ改称)」事業を開始し、他のカード・信販会社も同型商品の取扱いに追従した。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
126件中 1 - 10件表示

「クレディセゾン」のニューストピックワード