前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
155件中 1 - 10件表示
  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た西友

    1983年、緑屋再建時から西武百貨店と西武クレジット社長を兼任していた坂倉芳明にかわって、竹内敏雄に社長が交代したことを契機に、西武百貨店のカードである西武カスタマーズカード、西武百貨店と西友の共用カードである西武ニューカスタマーズカード及び、旧緑屋のグリーンカードを統合した上、西武流通グループの統合カードとして前年から試行発行されていた西武カードを改称して、セゾンカードの発行が開始された。翌84年からグループ以外の加盟店開拓にも注力し、ハウスカードからナショナルカードへの拡大が図られた。88年にビザカード、マスターカードとの提携を開始し、のちに付帯業務としてリース事業、融資事業、生命保険、損害保険の取り扱い、信用保証業務なども順次開始された。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た西武百貨店

    1983年、緑屋再建時から西武百貨店と西武クレジット社長を兼任していた坂倉芳明にかわって、竹内敏雄に社長が交代したことを契機に、西武百貨店のカードである西武カスタマーズカード、西武百貨店と西友の共用カードである西武ニューカスタマーズカード及び、旧緑屋のグリーンカードを統合した上、西武流通グループの統合カードとして前年から試行発行されていた西武カードを改称して、セゾンカードの発行が開始された。翌84年からグループ以外の加盟店開拓にも注力し、ハウスカードからナショナルカードへの拡大が図られた。88年にビザカード、マスターカードとの提携を開始し、のちに付帯業務としてリース事業、融資事業、生命保険、損害保険の取り扱い、信用保証業務なども順次開始された。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たマスターカード

    1983年、緑屋再建時から西武百貨店と西武クレジット社長を兼任していた坂倉芳明にかわって、竹内敏雄に社長が交代したことを契機に、西武百貨店のカードである西武カスタマーズカード、西武百貨店と西友の共用カードである西武ニューカスタマーズカード及び、旧緑屋のグリーンカードを統合した上、西武流通グループの統合カードとして前年から試行発行されていた西武カードを改称して、セゾンカードの発行が開始された。翌84年からグループ以外の加盟店開拓にも注力し、ハウスカードからナショナルカードへの拡大が図られた。88年にビザカード、マスターカードとの提携を開始し、のちに付帯業務としてリース事業、融資事業、生命保険、損害保険の取り扱い、信用保証業務なども順次開始された。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たジェーシービー

    1995年(平成7年)6月 - ジェーシービーとの提携により「《セゾン》カードJCB」を発行。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たロフト (雑貨店)

    西友グループ、ロフト、パルコなどセゾンと深く提携している店舗の一部ではセゾンカウンターというセゾンカードの対面窓口が設けられている(ほとんどが郵便局窓口の様なオープンカウンターで、係員が10数名いる百貨店内の大規模なものから西友などに設置されている係員が2?3名常駐の小規模なものまで全国に150ヶ所以上)。このカウンターではカード入会(一部カウンターでは発行も可能)・メンバーズローン(証書貸付)の申込、カード利用相談等の受付業務を行っている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た堤清二

    11月25日 - 育ての親である堤清二が死去。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たクレジットカード

    株式会社クレディセゾン()は、日本のクレジットカード会社である。セゾンとも略記され、本項目でもそのように表記する箇所がある。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たアメリカン・エキスプレス

    1982年(昭和57年)に西武百貨店から転入した林野宏(現:代表取締役社長)を筆頭に、30歳代前後の本社若手社員による柔軟な発想による業界の先駆けとなるサービス開発が特徴的である。1988年(昭和63年)に「≪セゾン≫カードインターナショナル」をVISAまたはMasterCardブランド付帯のプロパーカードを年会費無料で発行開始し、1997年(平成9年)にアメリカン・エキスプレスブランド付帯の「≪セゾン≫アメリカン・エキスプレスカード」を年会費3150円で募集開始した。2003年(平成15年)に、当時グレーゾーン金利が容認されている中で、キャッシングリボの利息がショッピングリボと同一の年14%としたリボルビング払い専用クレジットカード(リボ払い用追加カードではない)「《セゾン》フォービート」カードの募集開始。2006年(平成18年)に、貸付金利が最小8%とクレジットカード会社発行では当初最低利率であったローンカード「セゾンカードローン(2008年にセゾンMONEY CARDへ改称)」事業を開始し、他のカード・信販会社も同型商品の取扱いに追従した。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たWOWOW

    「WOWOW《セゾン》カード」(WOWOWクレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たソニー銀行

    「MONEYKit《セゾン》カード」(ソニー銀行クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
155件中 1 - 10件表示

「クレディセゾン」のニューストピックワード