155件中 91 - 100件表示
  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た山口銀行

    「YM《セゾン》カード」(山口銀行、もみじ銀行)及びワイエムセゾン)クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たセブン・フィナンシャルサービス

    2010年(平成22年)3月17日、かつて西武百貨店傘下のセゾングループ企業であった経緯から発行してきたそごう・西武との提携カード「ミレニアム/クラブ・オン カード《セゾン》」事業が、セブン&アイグループによるそごう・西武買収でセブン・カードサービスとの間でねじれが生じた状態になっていたため、セブン&アイグループと包括提携を結んで本体から分離することとし、9月にセゾン100%出資で新会社 セブンCSカードサービスを設立し、2011年4月にセブンCSカードサービスに同事業を分割吸収させ、更にセブン&アイ・フィナンシャル・グループ(現:セブン・フィナンシャルサービス)がセブンCSカードサービス株の過半数を取得し合弁事業化した。2013年3月までにセブンCSカードサービスは、セブン・フィナンシャルサービス傘下のセブン・カードサービスとの統合が予定されていた。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たモバイル決済推進協議会

    株式会社NTTドコモのiD及びモバイル決済推進協議会が推奨するQUICPayにそれぞれ対応している。利用するはそれぞれのサービスに対応する携帯電話(おサイフケータイ)が必要であり、カード種別によってはいずれか一方の対応のみ、若しくはいずれにも対応しない場合がある。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たTOHOシネマズ

    「シネマイレージカード《セゾン》」(TOHOシネマズクレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たもみじ銀行

    「YM《セゾン》カード」(山口銀行、もみじ銀行)及びワイエムセゾン)クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たソフトバンク・ペイメント・サービス

    「SoftBankカード《セゾン》」(ソフトバンクモバイル及びソフトバンク・ペイメント・サービスクレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たプラチナカード

    その後、グレーゾーン金利問題や2006年改正貸金業法に関連するキャッシング事業の収縮に対応し、過払い金請求等に備え巨額の貸倒引当金の計上や過剰与信の抑制などを実施し、キャッシング収益に頼りきらない収益構造を模索して改革に取り組んでいる。業務資本提携を結んでいるみずほ銀行(みずほマイレージクラブカード)をはじめヤマダ電機・三井アウトレットパーク等の大型商業施設や専門店を中心とした各社との提携カード開発による新規顧客開拓の拡大、2006年10月から会員向けの(現在は非会員も利用可)アフィリエイトサイト(ポイントサイト)「永久不滅.com」(アフィリエイト報酬を永久不滅ポイントで会員に還元する)の開設や、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを消費者のニーズ別にプラチナカードから年会費無料の“ベーシック(2010年4月よりPEARLへリニューアル)”までの4グレードに拡充し、選択の余地を広げるといった内容である。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た合併 (企業)

    以前から流通系カード会社最大手として知られていたが、2004年(平成16年)にみずほフィナンシャルグループとの間で資本(第三者割当増資)・業務提携することが発表され、2006年(平成18年)1月にみずほ銀行傘下のクレジットカード会社であるユーシーカード(←第一勧銀カード・富士銀クレジット・興銀カード3社のUCカード部門を再編して発足)をクレディセゾンは吸収合併し、クレディセゾン発行のUCカードとして事業継続している。これは銀行系と流通系というカード会社の設立母体が違う垣根を越えた最初の再編となり、2004年(平成16年)8月にスクープしたNHKニュースでは衝撃的な事例として報じられている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た提携カード

    巨大流通・不動産グループであったセゾングループが2001年(平成13年)に解体した現在においても、旧セゾングループ各社及び西武グループの結節点とも言える存在である。これは、旧セゾングループ各社と提携した提携カードを発行し、旧セゾングループと兄弟関係にあった西武グループとの提携カードも発行していることが起因している。2002年、西武百貨店で累積欠損の存在と再建処理の必要が明らかになり、翌03年に同社の私的整理に際して、約100億円の債務株式化を要請されて再建を支えた。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た携帯電話

    長崎県佐世保市在住の男性の長男が、2005年(平成17年)1月から2月にかけて、携帯電話でインターネット上の有料アダルトサイトを複数回閲覧し、その料金約285万円を男性のクレジットカードで無断で決済した。これを巡りクレディセゾン(当時はユーシーカード)は男性に対しカード管理に落ち度があったとして代金の支払いを求めたが、拒否されたため提訴。一審の長崎地裁佐世保支部は2008年(平成20年)4月24日、ネット決済について「決済時に暗証番号などの本人確認を入力する必要が無かったため、会員に成りすまして利用することは容易だった」と指摘、決済時の安全管理について「可能な限り会員以外の不正使用を阻止するための対策が不十分だった」として、同社の訴えを棄却する判決を出した。この判決に対し同社は福岡高裁に控訴。2008年(平成20年)12月2日、男性の長男が解決金約380万円を支払うことで和解が成立した。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

155件中 91 - 100件表示

「クレディセゾン」のニューストピックワード