126件中 91 - 100件表示
  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た携帯電話

    株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ)のiD及びモバイル決済推進協議会が推奨するQUICPayにそれぞれ対応している。ただし、利用するにはそれぞれのサービスに対応する携帯電話(おサイフケータイ)が必要であり、またカード種別によってはいずれか一方の対応のみ、若しくはいずれにも対応しない場合がある。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た緑屋

    月賦百貨店であった緑屋がかつてのセゾングループ(後に縮小)に入り、業態を転換し現在のクレディセゾンに至る。すでに飽和状態にあるとされる日本のクレジットカード業界において年々会員数を増加させ高い収益を上げていたが、2007年度(平成19年度)は減益となった。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たゴールドカード

    《セゾン》カードは、VISA、MasterCard、JCB及びAMERICAN EXPRESSの4つの国際ブランドを発行している(UCカードは、MasterCard及びVISAの2つである)。このうちAMERICAN EXPRESSブランド及びマイレージ・プラス提携カード(VISA付)はプラチナカードも発行しており(他の国際ブランドはゴールドカードまで)、《セゾン》永久不滅ポイントにおいても他の国際ブランドに比べて有利に貯まる様に設計されている(マイレージ・プラス提携は永久不滅ポイントの対象外)。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た三井アウトレットパーク

    その後、グレーゾーン金利問題や2006年改正貸金業法に関連するキャッシング事業の収縮に対応し、過払い金請求等に備え巨額の貸倒引当金の計上や過剰与信の抑制などを実施し、キャッシング収益に頼りきらない収益構造を模索して改革に取り組んでいる。業務資本提携を結んでいるみずほ銀行(みずほマイレージクラブカード)をはじめヤマダ電機・三井アウトレットパーク等の大型商業施設や専門店を中心とした各社との提携カード開発による新規顧客開拓の拡大、2006年10月から会員向けの(現在は非会員も利用可)アフィリエイトサイト(ポイントサイト)「永久不滅.com」(アフィリエイト報酬を永久不滅ポイントで会員に還元する)の開設や、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを消費者のニーズ別にプラチナカードから年会費無料の“ベーシック(2010年4月よりPEARLへリニューアル)”までの4グレードに拡充し、選択の余地を広げるといった内容である。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た西武グループ

    巨大流通・不動産グループであったセゾングループが2001年(平成13年)に解体した現在においても、旧セゾングループ各社及び西武グループの結節点とも言える存在。これは、旧セゾングループ各社と提携した提携カードを発行し、旧セゾングループと兄弟関係にあった西武グループとの提携カードも発行していることが起因している(なお、西武信用金庫のキャッシュカードを一体化した提携カードがあるが、同信用金庫は西武グループとは無関係である。)。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た負債

    《セゾン》カードのポイントサービスが《セゾン》永久不滅ポイントである(一部の提携カードを除く)。文字通り「永久不滅」であり、解約・退会しない限りポイントに有効期限はない。ポイントはクレジットカード会社にとって特典経費(損失)が発生し且つ負債にもなるため、有効期限のないこのポイントは業界では異例であった。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たUCカード

    なお、UCカードは「UC永久不滅ポイント」の名称で《セゾン》永久不滅ポイントと同様のサービスを提供しているが、両者を合算する事はできない。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た福岡高等裁判所

    長崎県佐世保市在住の男性の長男が2005年(平成17年)1月から2月にかけて携帯電話でインターネット上の有料アダルトサイトを複数回閲覧し、その料金約285万円を父親のクレジットカードで無断で決済した。これを巡りクレディセゾン(当時はユーシーカード)は男性に対しカード管理に落ち度があったとして代金の支払いを求めたが拒否されたため提訴。一審の長崎地裁佐世保支部は2008年(平成20年)4月24日、ネット決済について「決済時に暗証番号などの本人確認を入力する必要が無かったため、会員に成りすまして利用することは容易だった」と指摘、また決済時の安全管理について「可能な限り会員以外の不正使用を阻止するための対策が不十分だった」として、同社の訴えを棄却する判決を出した。この判決に対し同社は福岡高裁に控訴。2008年(平成20年)12月2日、男性の長男が解決金約380万円を支払うことで和解が成立した。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たリボルビング払い

    1982年(昭和57年)に西武百貨店から転入した林野宏(現:代表取締社長)を筆頭に、30歳代前後の本社若手社員による柔軟な発想による業界の先駆けとなるサービス開発が特徴的である。1988年(昭和63年)に「≪セゾン≫カードインターナショナル」をVISAまたはMasterCardブランド付帯のプロパーカードを年会費無料で発行開始し、1997年(平成9年)にはアメリカン・エキスプレスブランド付帯の「≪セゾン≫アメリカン・エキスプレスカード」を年会費3150円で募集開始した。2003年(平成15年)には当時グレーゾーン金利が容認されている中で、キャッシングリボの利息がショッピングリボと同一の年14%としたリボルビング払い専用クレジットカード(リボ払い用追加カードではない)「《セゾン》フォービート」カードの募集開始。2006年(平成18年)には貸付金利が最小8%とクレジットカード会社発行では当初最低利率であったローンカード「セゾンカードローン(2008年にセゾンMONEY CARDへ改称)」事業を開始し、他のカード・信販会社も同型商品の取扱いに追従した。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たドリームパスポート

    ドリームパスポート(競走馬。2007、2008年のキャラクター)クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

126件中 91 - 100件表示

「クレディセゾン」のニューストピックワード