155件中 11 - 20件表示
  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た西日本旅客鉄道

    西日本旅客鉄道(JR西日本)のSMART ICOCA、札幌市交通局(発行は札幌総合情報センター)のSAPICAも利用可能。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たパルコ

    西友グループ、ロフト、パルコなどセゾンと深く提携している店舗の一部ではセゾンカウンターというセゾンカードの対面窓口が設けられている(ほとんどが郵便局窓口の様なオープンカウンターで、係員が10数名いる百貨店内の大規模なものから西友などに設置されている係員が2?3名常駐の小規模なものまで全国に150ヶ所以上)。このカウンターではカード入会(一部カウンターでは発行も可能)・メンバーズローン(証書貸付)の申込、カード利用相談等の受付業務を行っている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たヤマダ電機

    その後、グレーゾーン金利問題や2006年改正貸金業法に関連するキャッシング事業の収縮に対応し、過払い金請求等に備え巨額の貸倒引当金の計上や過剰与信の抑制などを実施し、キャッシング収益に頼りきらない収益構造を模索して改革に取り組んでいる。業務資本提携を結んでいるみずほ銀行(みずほマイレージクラブカード)をはじめヤマダ電機・三井アウトレットパーク等の大型商業施設や専門店を中心とした各社との提携カード開発による新規顧客開拓の拡大、2006年10月から会員向けの(現在は非会員も利用可)アフィリエイトサイト(ポイントサイト)「永久不滅.com」(アフィリエイト報酬を永久不滅ポイントで会員に還元する)の開設や、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを消費者のニーズ別にプラチナカードから年会費無料の“ベーシック(2010年4月よりPEARLへリニューアル)”までの4グレードに拡充し、選択の余地を広げるといった内容である。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たローソン

    「ローソンPontaカードVISA《セゾン》」(旧称「ローソンパスVISA」)(ローソンクレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たマツダ

    「マツダm'z PLUSカード《セゾン》」(マツダクレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たみずほフィナンシャルグループ

    以前から流通系カード会社最大手として知られていたが、2004年(平成16年)にみずほフィナンシャルグループとの間で資本(第三者割当増資)・業務提携することが発表され、2006年(平成18年)1月にみずほ銀行傘下のクレジットカード会社であるユーシーカード(←第一勧銀カード・富士銀クレジット・興銀カード3社のUCカード部門を再編して発足)をクレディセゾンは吸収合併し、クレディセゾン発行のUCカードとして事業継続している。これは銀行系と流通系というカード会社の設立母体が違う垣根を越えた最初の再編となり、2004年(平成16年)8月にスクープしたNHKニュースでは衝撃的な事例として報じられている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たジブラルタ生命保険

    2002年(平成14年)2月 - セゾン生命保険の株式をAIGエジソン生命保険(現:ジブラルタ生命保険)に譲渡。新ポイントプログラム「《セゾン》ドリーム」(現「《セゾン》永久不滅ポイント」)を開始。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た高島屋

    「タカシマヤ《セゾン》カード」(?島屋クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たセブン&アイ・ホールディングス

    2010年(平成22年)3月17日、かつて西武百貨店傘下のセゾングループ企業であった経緯から発行してきたそごう・西武との提携カード「ミレニアム/クラブ・オン カード《セゾン》」事業が、セブン&アイグループによるそごう・西武買収でセブン・カードサービスとの間でねじれが生じた状態になっていたため、セブン&アイグループと包括提携を結んで本体から分離することとし、9月にセゾン100%出資で新会社 セブンCSカードサービスを設立し、2011年4月にセブンCSカードサービスに同事業を分割吸収させ、更にセブン&アイ・フィナンシャル・グループ(現:セブン・フィナンシャルサービス)がセブンCSカードサービス株の過半数を取得し合弁事業化した。2013年3月までにセブンCSカードサービスは、セブン・フィナンシャルサービス傘下のセブン・カードサービスとの統合が予定されていた。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た第一勧銀カード

    以前から流通系カード会社最大手として知られていたが、2004年(平成16年)にみずほフィナンシャルグループとの間で資本(第三者割当増資)・業務提携することが発表され、2006年(平成18年)1月にみずほ銀行傘下のクレジットカード会社であるユーシーカード(←第一勧銀カード・富士銀クレジット・興銀カード3社のUCカード部門を再編して発足)をクレディセゾンは吸収合併し、クレディセゾン発行のUCカードとして事業継続している。これは銀行系と流通系というカード会社の設立母体が違う垣根を越えた最初の再編となり、2004年(平成16年)8月にスクープしたNHKニュースでは衝撃的な事例として報じられている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

155件中 11 - 20件表示

「クレディセゾン」のニューストピックワード