126件中 21 - 30件表示
  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たローソン

    「ローソンPontaカードVISA《セゾン》」(旧称「ローソンパスVISA」)(ローソンクレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たウォルマート

    《セゾン》カードは基本的に一般カードの年会費永久無料(一部を除く)などを売りにしている。一般的に年会費有料のカードはその元を取るために使われ、年会費無料のカードは使わなくても損をしないことから稼働率は低くなる傾向にある。しかしセゾンカードは、銀行系のような堅さやステータスは無いものの、流通系の親近感、おしゃれなイメージの良さや、日本国内でのウォルマートグループ店舗(西友など)での特定日利用5%割引なども手伝って、カード稼働率はトップとなっている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たマツダ

    「マツダm'z PLUSカード《セゾン》」(マツダクレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たジュピターテレコム

    「J:COMMUNITY Card《セゾン》」(ジュピターテレコムクレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たみずほフィナンシャルグループ

    以前から流通系カード会社最大手として知られていたが、2004年(平成16年)にみずほフィナンシャルグループとの間で資本(第三者割当増資)・業務提携することが発表され、2006年(平成18年)1月にみずほ銀行傘下のクレジットカード会社であるユーシーカード(←第一勧銀カード・富士銀クレジット・興銀カード3社のUCカード部門を再編して発足)をクレディセゾンは吸収合併し、クレディセゾン発行のUCカードとして事業継続している。これは銀行系と流通系というカード会社の設立母体が違う垣根を越えた最初の再編となり、2004年(平成16年)8月にスクープしたNHKニュースでは衝撃的な事例として報じられている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たJCB

    《セゾン》カードは、VISA、MasterCard、JCB及びAMERICAN EXPRESSの4つの国際ブランドを発行している(UCカードは、MasterCard及びVISAの2つである)。このうちAMERICAN EXPRESSブランド及びマイレージ・プラス提携カード(VISA付)はプラチナカードも発行しており(他の国際ブランドはゴールドカードまで)、《セゾン》永久不滅ポイントにおいても他の国際ブランドに比べて有利に貯まる様に設計されている(マイレージ・プラス提携は永久不滅ポイントの対象外)。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たQUICPay

    株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ)のiD及びモバイル決済推進協議会が推奨するQUICPayにそれぞれ対応している。ただし、利用するにはそれぞれのサービスに対応する携帯電話(おサイフケータイ)が必要であり、またカード種別によってはいずれか一方の対応のみ、若しくはいずれにも対応しない場合がある。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たおサイフケータイ

    株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ)のiD及びモバイル決済推進協議会が推奨するQUICPayにそれぞれ対応している。ただし、利用するにはそれぞれのサービスに対応する携帯電話(おサイフケータイ)が必要であり、またカード種別によってはいずれか一方の対応のみ、若しくはいずれにも対応しない場合がある。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たNTTドコモ

    株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモNTTドコモ)のiD及びモバイル決済推進協議会が推奨するQUICPayにそれぞれ対応している。ただし、利用するにはそれぞれのサービスに対応する携帯電話(おサイフケータイ)が必要であり、またカード種別によってはいずれか一方の対応のみ、若しくはいずれにも対応しない場合がある。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たセブン・カードサービス

    2010年(平成22年)3月17日、かつて西武百貨店傘下のセゾングループ企業であった経緯から発行してきたそごう・西武との提携カード「ミレニアム/クラブ・オン カード《セゾン》」事業が、セブン&アイグループによるそごう・西武買収でセブン・カードサービスとの間でねじれが生じた状態になっていたため、セブン&アイグループと包括提携を結んで本体から分離することとし、9月にセゾン100%出資で新会社 セブンCSカードサービスを設立し、2011年4月にセブンCSカードサービスに同事業を分割吸収させ、更にセブン&アイ・フィナンシャル・グループ(現:セブン・フィナンシャルサービス)がセブンCSカードサービス株の過半数を取得し合弁事業化した。2013年3月までにセブンCSカードサービスは、セブン・フィナンシャルサービス傘下のセブン・カードサービスとの統合が予定されている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

126件中 21 - 30件表示

「クレディセゾン」のニューストピックワード