155件中 21 - 30件表示
  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たマネックスグループ

    2001年(平成13年)4月 - セゾン証券の株式をマネックス証券(現:マネックスグループ)に株式交換。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たユーシーカード

    以前から流通系カード会社最大手として知られていたが、2004年(平成16年)にみずほフィナンシャルグループとの間で資本(第三者割当増資)・業務提携することが発表され、2006年(平成18年)1月にみずほ銀行傘下のクレジットカード会社であるユーシーカード(←第一勧銀カード・富士銀クレジット・興銀カード3社のUCカード部門を再編して発足)をクレディセゾンは吸収合併し、クレディセゾン発行のUCカードとして事業継続している。これは銀行系と流通系というカード会社の設立母体が違う垣根を越えた最初の再編となり、2004年(平成16年)8月にスクープしたNHKニュースでは衝撃的な事例として報じられている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たオリエントコーポレーション

    12月9日 - みずほ銀行が保有していたクレセゾン株の大半を買い取る。これによって同行は第7位株主となる。この方針によって銀行資本から分離した独立系カード会社としての地位を確立すると同時に、みずほFG親密のカード会社の地位をオリエントコーポレーションに譲る。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たユナイテッド航空

    「マイレージ・プラス《セゾン》カード」(ユナイテッド航空クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た良品計画

    「MUJI Card」(良品計画クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たウォルマート

    《セゾン》カードは基本的に一般カードが一部を除いて年会費が永久無料であることなどを強調している。一般的に年会費有料のカードはその元を取るために使われ、年会費無料のカードは使わなくても損をしないことから稼働率は低くなる傾向にある。セゾンカードは、銀行系のような堅さやステータスは無いものの、流通系の親近感、おしゃれなイメージ、日本国内でのウォルマートグループ店舗(西友など)での特定日利用5%割引なども手伝って、カード稼働率はトップとなっている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たジュピターテレコム

    「J:COMMUNITY Card《セゾン》」(ジュピターテレコムクレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た損害保険

    1983年、緑屋再建時から西武百貨店と西武クレジット社長を兼任していた坂倉芳明にかわって、竹内敏雄に社長が交代したことを契機に、西武百貨店のカードである西武カスタマーズカード、西武百貨店と西友の共用カードである西武ニューカスタマーズカード及び、旧緑屋のグリーンカードを統合した上、西武流通グループの統合カードとして前年から試行発行されていた西武カードを改称して、セゾンカードの発行が開始された。翌84年からグループ以外の加盟店開拓にも注力し、ハウスカードからナショナルカードへの拡大が図られた。88年にビザカード、マスターカードとの提携を開始し、のちに付帯業務としてリース事業、融資事業、生命保険、損害保険の取り扱い、信用保証業務なども順次開始された。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たおサイフケータイ

    株式会社NTTドコモのiD及びモバイル決済推進協議会が推奨するQUICPayにそれぞれ対応している。利用するはそれぞれのサービスに対応する携帯電話(おサイフケータイ)が必要であり、カード種別によってはいずれか一方の対応のみ、若しくはいずれにも対応しない場合がある。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たアフィリエイト

    その後、グレーゾーン金利問題や2006年改正貸金業法に関連するキャッシング事業の収縮に対応し、過払い金請求等に備え巨額の貸倒引当金の計上や過剰与信の抑制などを実施し、キャッシング収益に頼りきらない収益構造を模索して改革に取り組んでいる。業務資本提携を結んでいるみずほ銀行(みずほマイレージクラブカード)をはじめヤマダ電機・三井アウトレットパーク等の大型商業施設や専門店を中心とした各社との提携カード開発による新規顧客開拓の拡大、2006年10月から会員向けの(現在は非会員も利用可)アフィリエイトサイト(ポイントサイト)「永久不滅.com」(アフィリエイト報酬を永久不滅ポイントで会員に還元する)の開設や、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを消費者のニーズ別にプラチナカードから年会費無料の“ベーシック(2010年4月よりPEARLへリニューアル)”までの4グレードに拡充し、選択の余地を広げるといった内容である。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

155件中 21 - 30件表示

「クレディセゾン」のニューストピックワード