155件中 81 - 90件表示
  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た東京証券取引所

    1968年(昭和43年)6月 - 東京証券取引所市場第一部上場。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たエムエイチカードサービス

    以前から流通系カード会社最大手として知られていたが、2004年(平成16年)にみずほフィナンシャルグループとの間で資本(第三者割当増資)・業務提携することが発表され、2006年(平成18年)1月にみずほ銀行傘下のクレジットカード会社であるユーシーカード(←第一勧銀カード・富士銀クレジット・興銀カード3社のUCカード部門を再編して発足)をクレディセゾンは吸収合併し、クレディセゾン発行のUCカードとして事業継続している。これは銀行系と流通系というカード会社の設立母体が違う垣根を越えた最初の再編となり、2004年(平成16年)8月にスクープしたNHKニュースでは衝撃的な事例として報じられている。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た西武信用金庫

    「西武信用金庫《セゾン》カード」(西武信用金庫クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たビザカード

    1983年、緑屋再建時から西武百貨店と西武クレジット社長を兼任していた坂倉芳明にかわって、竹内敏雄に社長が交代したことを契機に、西武百貨店のカードである西武カスタマーズカード、西武百貨店と西友の共用カードである西武ニューカスタマーズカード及び、旧緑屋のグリーンカードを統合した上、西武流通グループの統合カードとして前年から試行発行されていた西武カードを改称して、セゾンカードの発行が開始された。翌84年からグループ以外の加盟店開拓にも注力し、ハウスカードからナショナルカードへの拡大が図られた。88年にビザカード、マスターカードとの提携を開始し、のちに付帯業務としてリース事業、融資事業、生命保険、損害保険の取り扱い、信用保証業務なども順次開始された。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た川徳

    「カワトクカード」(川徳クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た荘内銀行

    「荘銀《セゾン》カード」(荘内銀行クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た東京ガスエネルギー

    「東京ガスエネルギー CLOVIA CARD《セゾン》」(東京ガスエネルギークレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たみずほマイレージクラブ

    その後、グレーゾーン金利問題や2006年改正貸金業法に関連するキャッシング事業の収縮に対応し、過払い金請求等に備え巨額の貸倒引当金の計上や過剰与信の抑制などを実施し、キャッシング収益に頼りきらない収益構造を模索して改革に取り組んでいる。業務資本提携を結んでいるみずほ銀行(みずほマイレージクラブカード)をはじめヤマダ電機・三井アウトレットパーク等の大型商業施設や専門店を中心とした各社との提携カード開発による新規顧客開拓の拡大、2006年10月から会員向けの(現在は非会員も利用可)アフィリエイトサイト(ポイントサイト)「永久不滅.com」(アフィリエイト報酬を永久不滅ポイントで会員に還元する)の開設や、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを消費者のニーズ別にプラチナカードから年会費無料の“ベーシック(2010年4月よりPEARLへリニューアル)”までの4グレードに拡充し、選択の余地を広げるといった内容である。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見た富士銀行

    メインバンクは、緑屋時代からの富士銀行の系譜を継ぐ、みずほ銀行であり、同行がかつて筆頭株主であったことからみずほ系と解されることが多い。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

  • クレディセゾン

    クレディセゾンから見たコナミスポーツ&ライフ

    永久不滅ポイントが国内利用分では1.5倍、海外では2倍積算となる。コナミスポーツクラブの法人会員(都度利用)の利用サービスが付帯される等、ゴールドカード《セゾン》とは特典が異なる。プラチナよりも後の2007年11月より発行開始された。クレディセゾン フレッシュアイペディアより)

155件中 81 - 90件表示

「クレディセゾン」のニューストピックワード