前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 企業価値評価システムHOLT

    企業価値評価システムHOLTから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    企業価値評価システムHOLT(ホルト)はクレディ・スイスグループが提供するコーポレート・ファイナンスの理論に基づき構築された企業価値評価プラットフォームの名称。企業価値評価システムHOLT フレッシュアイペディアより)

  • ザンクトガレン大学

    ザンクトガレン大学から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    Walter B. Kielholz, 社長, クレディ・スイス, 副社長, Swiss Reザンクトガレン大学 フレッシュアイペディアより)

  • プライベート・バンキング

    プライベート・バンキングから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    口座開設に必要な額があり、金融機関によりその金額は異なっている。日本で事業を行っている金融機関では東海東京証券(プレミアVIP倶楽部)、三菱UFJメリルリンチPB証券で1億円以上、UBSで2億円以上、三井住友銀行で5億円以上となっている。なお、クレディ・スイスでは10億円以上の金融資産を保有する人を対象としている。プライベート・バンキング フレッシュアイペディアより)

  • クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

    クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件から見たクレディ・スイス証券クレディ・スイス

    クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(クレディ・スイスしょうけんしゅうだんしんこくもれじけん)とは、クレディ・スイス証券の従業員(退職者も含む)が集団で国税の申告漏れをしたとされている事件である。クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件 フレッシュアイペディアより)

  • CFROI

    CFROIから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    CFROI(Cash Flow Return on Investment、投資に対する現金収益率)は、クレディ・スイスグループが提供する企業価値評価システムHOLTにより計算される財務指標。事業のために投じた資本から、どれだけの利回りでキャッシュフローを生み出しているかを示している。Cash Flow Return on Investmentの英語の各単語の頭文字をとって名付けられている。日本国内では、クレディ・スイスグループのシーエスエフビー ホルト エルエルシーの登録商標(商標登録第4355313号)となっている。CFROI フレッシュアイペディアより)

  • Credit Suisse

    Credit Suisseから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    Credit Suisse フレッシュアイペディアより)

  • ETN

    ETNから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    最初のETNは、「iPath Exchange-Traded Notes」として売り出され、2006年6月12日にバークレイズにより発行された。これはまもなくベアー・スターンズ、ゴールドマン・サックス、スウェーデン輸出信用銀行が後に続いた。2008年に、更に新たな発行者が独自の商品を携えその市場に参入した。これらに含まれるのはBNPパリバ、ドイツ銀行、UBS、リーマン・ブラザーズ、モルガン・スタンレー、クレディ・スイスである。2008年4月の時点で、異なる指数を追跡する9つの発行者からの56のETNがある。ETNの人気は主に投資家に提供する利益によるものである。ETN フレッシュアイペディアより)

  • 商品取引員

    商品取引員から見たクレディ・スイス証券クレディ・スイス

    クレディ・スイス証券 - 東京都港区六本木1-6-1商品取引員 フレッシュアイペディアより)

  • 簿外債務

    簿外債務から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    日本債券信用銀行 - クレディ・スイス・ファイナンシャル・プロダクツが加担、支店長が逮捕簿外債務 フレッシュアイペディアより)

  • アクサ生命保険

    アクサ生命保険から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    2007年にアクサグループがウインタートウルグループをクレディ・スイスから買収したことにより、ウインタートウルの日本法人であるウインタートウル・スイス生命もアクサグループ入りし、2008年1月に社名をアクサ フィナンシャル生命に変更した。同社は銀行窓販専業会社として営業していたが、2009年10月1日にアクサ フィナンシャル生命を吸収合併し、再びアクサ生命に一体化した。アクサ生命保険 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示