前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示
  • 岡田靖

    岡田靖から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    中央大学経済学部卒業・上智大学大学院経済学研究科博士課程中退。大和證券経済研究所経済調査部・大和證券・クレディスイスファーストボストン経済調査部長・学習院大学経済学部特別客員教授を経て内閣府経済社会総合研究所主任研究官。岡田靖 フレッシュアイペディアより)

  • 企業価値評価システムHOLT

    企業価値評価システムHOLTから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    企業価値評価システムHOLT(ホルト)はクレディ・スイスグループが提供するコーポレート・ファイナンスの理論に基づき構築された企業価値評価プラットフォームの名称。企業価値評価システムHOLT フレッシュアイペディアより)

  • CFROI

    CFROIから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    CFROI(Cash Flow Return on Investment、投資に対する現金収益率)は、クレディ・スイスグループが提供する企業価値評価システムHOLTにより計算される財務指標。事業のために投じた資本から、どれだけの利回りでキャッシュフローを生み出しているかを示している。Cash Flow Return on Investmentの英語の各単語の頭文字をとって名付けられている。日本国内では、クレディ・スイスグループのシーエスエフビー ホルト エルエルシーの登録商標(商標登録第4355313号)となっている。CFROI フレッシュアイペディアより)

  • プライベート・バンキング

    プライベート・バンキングから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    口座開設に必要な金額があり、金融機関によりその金額は異なっている。日本で事業を行っている金融機関では三菱UFJメリルリンチPB証券で1億円以上、UBSで2億円以上、三井住友銀行で5億円以上、クレディ・スイスでは10億円以上となっている。プライベート・バンキング フレッシュアイペディアより)

  • ザンクトガレン大学

    ザンクトガレン大学から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    Walter B. Kielholz, 社長, クレディ・スイス, 副社長, Swiss Reザンクトガレン大学 フレッシュアイペディアより)

  • 水野温氏

    水野温氏から見たクレディ・スイス証券クレディ・スイス

    水野 温氏(みずの あつし、1959年(昭和34年)8月18日 - )は、日本の経済学者、実業家、中央銀行家。クレディ・スイス証券取締役副会長。Ph.D.(ニューヨーク市立大学、1989年)。愛知県出身。水野温氏 フレッシュアイペディアより)

  • ボストン

    ボストンから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    かつてマサチューセッツ銀行(現クレディ・スイス)は、当時の法的に従属する関係に関わらず、第一合衆国銀行に対等で競争的な経営を展開したといわれる。ボストン フレッシュアイペディアより)

  • 波多野聖

    波多野聖から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    。農林中央金庫やクレディ・スイス、日興アセットマネジメント等で株式投資ファンド・マネージャーとして活動後、藤原オフィス・アセット・マネジメント代表取締役として独立。引退後作家となる。波多野聖 フレッシュアイペディアより)

  • クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

    クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件から見たクレディ・スイス証券クレディ・スイス

    クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(クレディ・スイスしょうけんしゅうだんしんこくもれじけん)とは、クレディ・スイス証券の従業員(退職者も含む)が集団で国税の申告漏れとなった事件である。クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグバン (金融市場)

    ビッグバン (金融市場)から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    1985年まで、ロンドン市場には400もの外国銀行が参加していた。海外金融機関の方は次の通り。セキュリティー・パシフィック(Security Pacific Bank)がブローカーのホア・ゴベットとジョバーのC.T.ピュレイを、シティコープがブローカーのヴィッカース・ダコタと Scrimgeour Vickers と、ブローカーのJ.E.デヴィを、スカンディア(Skandia)がブローカーのキルター・グッディソンを、シェアソン・リーマンがブローカーの L. Messel & Co.を、オーストラリア・ニュージーランド銀行子会社グリンドレイ・バンクがブローカーのケーペル・キュアマイヤースを、香港上海銀行がブローカーのジャームス・ケーペルを、UBSがブローカーのPhillips & DrewとジョバーのJ.モウルスダールを、チェース・マンハッタンがともにブローカーのラウリー・ミルバンクとサイモン・アンド・コーラスを、バンカメの核(North Carolina National Bank)がブローカーのパンミュア・ゴードンを、バンク・ブリュッセル・ランバートがブローカーのウィリアム・ド・ブロー・ヒル・チャップリンを、クレディ・スイスがブローカーのブックマスター・アンド・ムーアを、アラブ・インターナショナル(Banque arabe internationale d'investissement)がブローカーのシェパード・アンド・チェースを、CIBCがグレンフェル・アンド・コールスグレイブを、メリルリンチがジョバーのA.B.ギルス・アンド・クレスウェルを、パリバがブローカーのキルター・グッディソンを、ソシエテ・ジェネラルがストラウス・ターンブルを、ロンバー・オディエがブローカーのマーシャルを、それぞれ買収するという計画を発表した。ビッグバン (金融市場) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示