105件中 11 - 20件表示
  • パナマ文書

    パナマ文書から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    取引相手は30万社を超え、うち大部分はイギリスの海外領土のタックス・ヘイヴンで登録する会社である。連携機関にはドイツ銀行、HSBC、ソシエテ・ジェネラル、クレディ・スイス、UBS、コメルツ銀行、ABNアムロ銀行などの大手金融機関がある。このうち、ドイツ銀行とHSBCとクレディ・スイスは、2016年6月30日に国際通貨基金から、他のメガバンクとの密接なつながりを理由に金融システムへの潜在的なリスクを指摘された。パナマ文書 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤ゆかり

    佐藤ゆかりから見たクレディ・スイス・ファースト・ボストン証券クレディ・スイス

    1998年から2005年まで、外資系証券会社のエコノミストとして活動していた。2005年総選挙に立候補した時点の肩書は、外資系証券会社クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券(CSFB)におけるチーフ・エコノミスト兼経済調査部長(同社での在籍は2004年9月から1年間)。佐藤ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • スイス銀行

    スイス銀行から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    2011年に、スイス金融部門の59.4%、GDP6.2%に相当する350億スイス・フランに達した。UBSとクレディ・スイスの2大銀行は、資産管理額で19位の約1.375兆US$、25位の約1.090兆US$に位置し、国内の預金の半分以上を管理している。2008年時点で327の銀行及び証券会社が営業している。スイス銀行 フレッシュアイペディアより)

  • Credit Suisse

    Credit Suisseから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    Credit Suisse フレッシュアイペディアより)

  • JCP Executive Committee

    JCP Executive Committeeから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    2つのECは、JSR 355の可決を持って2012年の8月に統合された。現在のメンバーは、オラクル、IBM、HP、富士通、そしてレッドハットのような、巨大なJavaベンダーから構成されている。ゴールドマン・サックス、クレディ・スイスそしてTOTVSを含む、「エンドユーザー」会社の代表も参加している。SouJavaおよびLondon Java Communityといった2つのJavaユーザーグループも席を持っている。Eclipse Foundationもそうである。JCP Executive Committee フレッシュアイペディアより)

  • 吉野直子

    吉野直子から見たクレディスイスクレディ・スイス

    父はクレディスイス信託銀行社長だった吉野信次(1929- )。父の任地ロンドンで生まれる。母はハープ奏者吉野篤子。母の兄は歴史考証家の平井聖。父の転勤に従い、米国にあり、6歳からロサンジェルスでスーザン・マクドナルドにハープを学び始める。1981年に第1回ローマ国際ハープ・コンクールで第2位に入賞、1985年には第9回イスラエル国際ハープ・コンクールに参加者中最年少の17歳で優勝し、一躍その名を知られる。同年、アリオン賞受賞。吉野直子 フレッシュアイペディアより)

  • バルジ・ブラケット

    バルジ・ブラケットから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    ファースト・ボストン - 1988年に、クレディ・スイスに買収されクレディ・スイス・ファースト・ボストンを経て、クレディ・スイスを形成する。バルジ・ブラケット フレッシュアイペディアより)

  • 小谷野薫

    小谷野薫から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    2005年3月、クレディ・スイス証券に入社し、M&A部門のマネージング・ディレクターに就任した。この間、2005年ブルドックソースによるイカリソース経営再建、2006年王子製紙の敵対的TOBに対抗する北越製紙支援(日本における敵対的TOBの代表的な事例)、などに関与している。2007年ごろからデオデオ(エディオン)のM&Aに関与する。小谷野薫 フレッシュアイペディアより)

  • カーボンフリーコンサルティング

    カーボンフリーコンサルティングから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    シティバンク、エヌ・エイ(Citibank, N. A.)金融商品開発部部長、ゴールドマン・サックス証券ヴァイスプレジデント、クレディ・スイス証券金融商品開発部長、バンク・オブ・アメリカ証券法人営業本部長を歴任した中西武志によって2007年に設立。カーボンフリーコンサルティング フレッシュアイペディアより)

  • ETN

    ETNから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    最初のETNは、「iPath Exchange-Traded Notes」として売り出され、2006年6月12日にバークレイズにより発行された。これはまもなくベアー・スターンズ、ゴールドマン・サックス、スウェーデン輸出信用銀行が後に続いた。2008年に、更に新たな発行者が独自の商品を携えその市場に参入した。これらに含まれるのはBNPパリバ、ドイツ銀行、UBS、リーマン・ブラザーズ、モルガン・スタンレー、クレディ・スイスである。2008年4月の時点では、異なる指数を追跡する9つの発行者からの56の ETN があった。ETNの人気は主に投資家に提供する利益によるものである。ETN フレッシュアイペディアより)

105件中 11 - 20件表示