52件中 31 - 40件表示
  • 小谷野薫

    小谷野薫から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    2005年3月、クレディ・スイス証券(クレディ・スイス)に入社し、M&A部門のマネージング・ディレクターに就任した。この間、2005年ブルドックソースによるイカリソース経営再建支援、2006年王子製紙の敵対的TOBに対抗する北越製紙支援、などに関与している。2007年ごろからデオデオ(エディオン)のM&Aに関与する。小谷野薫 フレッシュアイペディアより)

  • バルジ・ブラケット

    バルジ・ブラケットから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    ファースト・ボストン - 1988年に、クレディ・スイスに買収されクレディ・スイス・ファースト・ボストンを経て、クレディ・スイスを形成する。バルジ・ブラケット フレッシュアイペディアより)

  • 激論!クロスファイア

    激論!クロスファイアから見たクレディ・スイス証券クレディ・スイス

    白川浩道(クレディ・スイス証券チーフエコノミスト)激論!クロスファイア フレッシュアイペディアより)

  • 岡田靖

    岡田靖から見たクレディスイスクレディ・スイス

    岡田 靖(おかだ やすし、1955年 - 2010年4月10日)はエコノミスト、経済学者。中央大学経済学部卒業、上智大学大学院経済学研究科博士課程中退。大和證券経済研究所経済調査部、大和證券、クレディスイスファーストボストン証券経済調査部長、学習院大学経済学部特別客員教授を経て内閣府経済社会総合研究所主任研究官。電子掲示板いちごびびえすにてしばしば「ドラエモン」の名前で啓蒙的な書き込みを行っていた。2010年4月10日永眠。岡田靖 フレッシュアイペディアより)

  • 証券会社

    証券会社から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    クレディ・スイス証券(スイス)[六本木]証券会社 フレッシュアイペディアより)

  • 波多野聖

    波多野聖から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    大阪府出身。一橋大学法学部卒業後、農林中央金庫に入庫し、国内および米国指株式を運用。農林中央金庫退職の後、国内外の機関投資家(野村投資顧問、クレディ・スイス信託銀行、日興アセット)で株式ファンド・マネージャーとして活躍、日興アセットでは業界史上初となる冠セクション『藤原オフィス』を持ち、その後独立。2010年をもって資産運用から引退。波多野聖 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤ゆかり

    佐藤ゆかりから見たクレディ・スイス・ファースト・ボストン証券クレディ・スイス

    1998年から2005年まで、外資系証券会社のエコノミストとして活動していた。2005年総選挙に立候補した時点の肩書は、外資系証券会社クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券(CSFB)におけるチーフ・エコノミスト兼経済調査部長(同社での在籍は2004年9月から1年間)。佐藤ゆかり フレッシュアイペディアより)

  • 私設取引システム

    私設取引システムから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    2010年10月時点の参加証券会社はカブドットコム証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、クレディ・スイス証券、UBS証券、BNPパリバ証券、シティグループ証券、モルガン・スタンレーMUFG証券、メリルリンチ日本証券、インスティネット証券、JPモルガン証券。2011年10月31日をもって終了した。私設取引システム フレッシュアイペディアより)

  • 日経CNBC

    日経CNBCから見たクレディ・スイス証券クレディ・スイス

    白川浩道 - クレディ・スイス証券チーフ・エコノミスト兼経済調査部長日経CNBC フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン

    マクラーレンから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    2009年に現在のマクラーレン・グループから資本的に独立し、グループを離脱。グループ離脱に伴いクレディ・スイスを通じて2億5千万ポンドの投資を受け新たに工場を建設、約800人を雇用する方針も明らかにされており、2011年から、新型車のMP4-12Cを発売している。会長は引き続きロン・デニスが務める。マクラーレン フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「クレディ・スイス」のニューストピックワード