105件中 41 - 50件表示
  • 簿外債務

    簿外債務から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    日本債券信用銀行 - クレディ・スイス・ファイナンシャル・プロダクツが加担、支店長が逮捕簿外債務 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ホルブルック

    リチャード・ホルブルックから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    再び国務省を去った後は、クレディ・スイスグループの投資銀行であるに加入し、最終的には副会長も務めた。また、実業家として働く一方で、クリントン大統領からの要請を受けてバルカン半島問題担当特使などを務めるなど、在野の人間となっても外交畑から距離を置くことはなかった。リチャード・ホルブルック フレッシュアイペディアより)

  • BMWザウバー

    BMWザウバーから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    BMWは、2005年6月22日にプライベーターチームのザウバーの買収を発表した。新チームはスイスにあるザウバーのファクトリーと風洞施設を引き続き使用してシャシー開発をし、ミュンヘンのBMWファクトリーでエンジンの開発をするという体制を採る事になった。ザウバーが持っていたスポンサーについて、タイトルスポンサーだったペトロナス、クレディ・スイスともに新チームに残留した。この他、テクニカルパートナーとして新たにインテルと契約した。BMWザウバー フレッシュアイペディアより)

  • フランスの経済

    フランスの経済から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    金融畑のポンピドゥーは外国銀行に手厚かったし、後継のジスカール・デスタンも同路線を受けついだ。1970年から1977年に外国預金銀行の資産は激増した。以下100万フラン単位で具体例を挙げる。シティバンク893から17282で19.35倍、北欧商業銀行5227から15540で2.97倍、モルガン・ギャランティー3647から12159で3.33倍、バンカメ831から9825で11.82倍、チェース・マンハッタン3619から9799で2.70倍、東京銀行556から4758で8.56倍、バークレイズ501から4710で9.40倍となった。他にモルガン系のケミカルやロックフェラー系のファースト・ボストンもやってきて、それぞれ資産を1977年に52億と30億フランにした。ウェストミンスター銀行も資産を55億フランにした。ブラジル銀行は54億ドルとなった。当時の間接金融離れで成長した米国資本の進出が目立つ。フランスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • アイヴァン・ボウスキー

    アイヴァン・ボウスキーから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    しかしボウスキーは同業者とインサイダー取引に手を染めていた。ボウスキーがKidder, Peabody & Co. やファースト・ボストンの関係したM&A 銘柄を追いかけていることは当時の証券業界で公然の秘密であった。アイヴァン・ボウスキー フレッシュアイペディアより)

  • TPGキャピタル

    TPGキャピタルから見たクレディ・スイス クレディ・スイス

    最近の主な取引は2005年4月8日にソニーを中心とするコンソーシアム(ソニー米国法人、コムキャスト、プロヴィデンス・エクイティ・パートナーズ、DLJマーチャント・バンキング・パートナーズ)と合同で行った、ハリウッド映画の老舗メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの買収である。買収金額は50億ドル(約5500億円)で、このうち15億ドル(約1650億円)を、テキサス・パシフィック・グループ、ソニー、プロビデンス・エクイティ・パートナーズの3者で負担し、残り35億ドル(約3850億円)をMGMの負債を引き継ぐ費用で、ソニーのメインバンクであるクレディ・スイス・ファースト・ボストンが資金を供給する形となって、最終的にMGMの全株を取得した。TPGキャピタル フレッシュアイペディアより)

  • ラザード

    ラザードから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    パリ家ラザードのサイモンは、戦後に英米の代表団に混じりドイツの財閥解体に参加した。そしてIG・ファルベンインドゥストリーがヘキスト、BASF、バイエルなどに事業分割された。以来、パリ家は英米資本と協力するようになった。1968年、ライネル・グートがパートナーとなった。グートは1971年にスイス・アメリカン・コーポレーションのCEO となった。これはSchweizerische Kreditanstalt(現クレディ・スイス)の子会社であった。1982年にスイスクレディタンシュタルトの会長となった。グートは以下の多国籍企業で重役を務めた。まず述べたバイエル、スイス・リー、ダイムラー・クライスラー、スルザー、ノバルティス、チバガイギー(現ノバルティス)、アルスイス、エレクトロワットである。ネスレでも務めたが2000年からは会長である。同年からクレディ・スイス名誉会長でもある。ラザード フレッシュアイペディアより)

  • ドレスナー銀行

    ドレスナー銀行から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    設立に際してはカスケル家(von Kaskel)のほかに五行が出資した。ライプツィヒのドイツ・クレディタンシュタルト(Allgemeine Deutsche Credit-Anstalt)、ベルリン商会(Berliner Handels-Gesellschaft)、ハンブルクのアングロ・ドイチェ・バンク(Anglo-Deutsche Bank)に加え、フランクフルトの二行(Deutsche Vereinsbank und Deutsche Effecten- und Wechselbank)が参加した。これらのうち、ドイツ・クレディタンシュタルトは1856年クレディ・スイスの創業に50%参加した。ベルリン商会は1970年にフランクフルト銀行(Frankfurter Bank)と合併。リンクがないアングロ・ドイチェ・バンクの創業者は、地元ハンブルク政治家のフランツ・アイフェ(Franz Ferdinand Eiffe)と、ラファエル・エルランゲル(Raphael von Erlanger)、その他大勢である。エルランゲル一族は英独仏をまたにかける実業家で、ロスチャイルド家をデビアスと引き合わせ閨閥に参加した。ドレスナー銀行 フレッシュアイペディアより)

  • アント・フィナンシャル

    アント・フィナンシャルから見たクレディスイスクレディ・スイス

    2014年10月16日にAlipayはアント・フィナンシャルサービスにリブランドされた?。2015年にアント・フィナンシャルは中国投資有限責任公司、中国建設銀行、中国人寿保険、中国郵政、「China Development Bank Capital」と「Primavera Capital Group」から45億ドルの資金を調達した?。2015年にアント・フィナンシャルの企業価値は450億ドルと評価された。2016年4月26日時点でアント・フィナンシャルは約4億5000万人の年間アクティブユーザーを有しており、クレディ・スイスは中国のオンライン決済処理の58%がアリペイを通じて行われていると推定した。2016年9月、アント・フィナンシャルは「EyeVerify Inc.」を買収したアント・フィナンシャル フレッシュアイペディアより)

  • 香港上海銀行

    香港上海銀行から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    2000年代、はじめは日本国内でも個人金融業務サービスの「HSBCプレミア」(金融資産1,000万円以上の顧客が対象)を提供していたが、2012年2月22日に日本国内における同サービスの事業中止を発表、さらに6月11日をもってクレディ・スイス銀行とクレディ・スイス証券にプライベートバンク事業を譲渡、日本国内での個人向けの金融業務から完全に撤退することとなった。香港上海銀行 フレッシュアイペディアより)

105件中 41 - 50件表示