105件中 51 - 60件表示
  • 香港上海銀行

    香港上海銀行から見たクレディスイスクレディ・スイス

    現在においては一般向けの銀行業務は行っておらず、投資銀行業務や法人向け業務などが中心となっている。関連会社のHSBC証券やHSBC投信なども営業を行っている。2012年6月11日、日本国内のプライベートバンキング事業をクレディスイス銀行・証券両社へ譲渡した。なお、日本支社撤退後であっても、パーソナルバンキング(個人口座)の開設は香港本支店にて可能である。身分証明書(実質的にはパスポート)、英文で記載された銀行の残高証明書(国内銀行に依頼して、英文残高証明書の発行が可能。以前は無料であった銀行もあるが、2017年時点では大半の国内銀行では手数料を徴収している)を持参し、HSBC本店か香港内の支店で担当者面談を経て開設が可能である。なお、担当者との面談は中国語または英語のみで行われる。通訳を介した口座開設は受け入れられないとされているため、基本的には口座開設を希望する本人が英語または中国語で意思疎通できる程度の語学力が必要である。語学力について、たとえばインターネットバンキングでのパスワード忘れや秘密の質問の再設定の際に、オンラインだけで完結させることはできず、HSBCへ直接コンタクト(カスタマークラス(Premier、Advance、その他のユーザ)で電話番号は異なる)する必要があり、カスタマーサポートの担当者と中国語または英語で口頭で手続きをする必要がある。中国語または英語の語学力に不安がある場合、口座開設の意義とカスタマーサポートとの対応能力の有無を比較考量して口座開設して差し支えないか判断するのが望ましい。香港上海銀行 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国における小売業の衰退

    アメリカ合衆国における小売業の衰退から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    大手多国籍金融サービス事業者のクレディ・スイスは、2017年の時点で営業しているアメリカ国内のショッピングモールの店舗のうち、25%が2022年までには閉店すると予測している。アメリカ合衆国における小売業の衰退 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイコム株大量誤発注事件

    ジェイコム株大量誤発注事件から見たクレディ・スイス・ファースト・ボストン証券クレディ・スイス

    2005年12月14日にUBS、日興コーディアルグループ、モルガン・スタンレー・ジャパン、リーマン・ブラザーズ証券グループ、クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券、野村證券の6社が利益返還に応じる構えをみせ、その他の中堅証券会社も追随する動きを見せた。ジェイコム株大量誤発注事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中西武志

    中西武志から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    早稲田大学商学部卒業、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修了、東京大学大学院経済学研究科中退。シティバンク、エヌ・エイ(Citibank, N. A.)金融商品開発部部長、ゴールドマン・サックス証券クレジット商品部ヴァイスプレジデント、クレディ・スイス証券金融商品開発部長、バンク・オブ・アメリカ証券法人営業本部本部長を歴任。2007年にカーボンフリーコンサルティング株式会社を設立、代表取締役CEOに就任。株式会社BEACHTOWN取締役、アウトドアフィットネス株式会社特別顧問、特定非営利活動法人CHALLENGE TO CHANGE JAPAN代表理事。中西武志 フレッシュアイペディアより)

  • フランス銀行

    フランス銀行から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    創立以降、株主総会への出席者は出資額の上位200人だけに許された。そしていわゆる200家族に支配された。フランス銀行は統計上4万名の株主がいたが、大株主は彼ら家族であった。彼らのうち84人が各自100株以上を保有していた。ロチルド、マレMallet、オタンゲルHottinguer、ヴァンデルWendel(フランス鉄鋼委員会の主催者だけでなく、ドイツ帝国議会議員のアンリも同家の人材である。)、法人株主は有名どころでモエ・エ・シャンドンしか例に出せないが、50から100株保有するものでは保険会社が17社もあった。200家族は毎年の株主総会で15人の理事を選んだが、常連はロスチャイルド、マレ、ミラボーMirabaud などであった。当初15名の理事のうち5名は、製造・加工業者・商業者から選ばれると明確に規定された。5席はヴァンデル、デュシュマン、ローヌ・プーラン、タナルドン、そしてパペトリ・ダルブレィのパトロンが占めた。枠外ではスエズ運河会社のヴォギュエも理事となった。フランス銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 事業仕分け (行政刷新会議)

    事業仕分け (行政刷新会議)から見たクレディ・スイス証券クレディ・スイス

    市川眞一(クレディ・スイス証券チーフ・マーケット・ストラテジスト)事業仕分け (行政刷新会議) フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・オートモーティブ

    マクラーレン・オートモーティブから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    2009年、マクラーレン・オートモーティブ設立。マクラーレン・グループから資本的に独立し、グループを離脱する方針を発表。グループ離脱に伴いクレディ・スイスを通じて2億5千万ポンドの投資を受け新たに工場を建設、約800人を雇用する方針も明らかにされており、2011年から、量産車としてMP4-12Cを発売し、本格的に自動車メーカーとしてスタートする。会長は引き続きロン・デニスが務める。しかし実際にはグループからの離脱は行われず、2012年にはF1チーム代表のウィットマーシュがグループCEOに就任し、一時同社の経営についても指揮を執っていた。マクラーレン・オートモーティブ フレッシュアイペディアより)

  • 構造改革特別区域

    構造改革特別区域から見たクレディ・スイス証券クレディ・スイス

    なお、特区で行われた規制の全国展開にあたっては、総理大臣を本部長とする構造改革特区本部に下に設けられた評価委員会が、各規制所管省庁との議論を経て、内閣総理大臣に意見を提出する。初代評価委員長は、八代尚宏国際キリスト教大学客員教授。その他の委員には、白石真澄東洋大学助教授、市川眞一クレディ・スイス証券チーフ・ストラテジストなどがいた。なお、当初は、三木谷浩史楽天会長や、野中ともよ三洋電機会長、北川正恭早稲田大学大学院教授も委員を務めていた。例としては、認可第1号となった群馬県太田市(清水聖義市長)の外国語教育特区などがある。これは小学校から高校まで国語などを除き、すべて英語で授業を行うという構想である。構造改革特別区域 フレッシュアイペディアより)

  • アルカテル・ルーセント

    アルカテル・ルーセントから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    ル・モンドアーカイブによると、2012年10月に1430人のフランス従業員を解雇した。リストラの背景として、2003年から2013年まで毎年8億ユーロの損失を出していたとみられている。29000の特許を保持するためにゴールドマン・サックスとクレディ・スイスから20億ユーロの融資を受けなければならなかった。保持される特許は50億ユーロと見積もられ、売却の可能性は政府を脅かしていた。アルカテル・ルーセント フレッシュアイペディアより)

  • ブラックロック

    ブラックロックから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    1988年 ローレンス・フィンク(Laurence D. Fink)らが、ブラックストーン・グループ債券運用部門のブラックストーン・フィナンシャル・マネジメントとして設立した。創立者のうち4人がファースト・ボストン(現クレディ・スイス)出身者であった。フィンクが仕掛けたことで、不動産担保証券取引がファースト・ボストンモーゲージ部門でブームとなっていた。ブラックストーン時代のフィンクは同社のパートナーとして、年金基金等の資産運用を受託していた(上述の債券運用部門)。ブラックロック フレッシュアイペディアより)

105件中 51 - 60件表示