105件中 71 - 80件表示
  • ライブドア事件

    ライブドア事件から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    特捜部と証券監視委員会は、堀江貴文らの1回目と2回目の逮捕の間、ライブドアのマネーロンダリング疑惑を躍起になって調べていた。同社を強制捜査した2006年1月16日、同じ六本木ヒルズにある金融コンサルティング会社のC社も家宅捜索している。C社は傘下の貸金業者が保有していた電話融資の貸出債権をABS社に移し、2004年3月29日、株式交換でABSをライブドアに譲渡していた。C社は株式交換で受け取った15億円相当のライブドア株をクレディ・スイスのスイスの口座に預けていたが、その後、ライブドア株が高騰したために売却して45億円のキャッシュを得た。すると、宮内亮治が、会食の席でC社首脳に対し、企業買収のために設ける投資事業組合(JMAMサルベージ1号投資事業組合)に出資するために金を貸してほしいと頼んできたという。ライブドア事件 フレッシュアイペディアより)

  • シティ・オブ・ロンドン

    シティ・オブ・ロンドンから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    外資の先鋒はクレディ・スイス。同行が1978年にファースト・ボストンと合弁でCSFBをロンドンに設立した。1988年CSFBがファースト・ボストンを合併し、クレディ・スイスの傘下で証券業を担った。1986年UBSがフィリップス・アンド・ドリュー(Phillips & Drew)を傘下におさめた。フィリップスは年金基金など幅広い顧客ベースを抱えていたが、ブラックマンデーで少なからぬ損失をこうむった。1989年10月インドスエズ銀行(旧インドシナ銀行、1974年からスエズ運河会社の子会社)が、ウィリス・フェイバー(現ウィリス・グループ)が保有するモルガン・グレンフェル株20.4%を買収した。これを敵対的買収と受け止めたモルガンは交渉を急ぎドイツ銀行へ身売りした。1992年、キャドバリー報告書が出された。1995年、ベアリングス銀行が破綻しINGグループが買収、さらにドレスナー銀行がクラインワート・ベンソンを買収した。1997年、ダイアナがパリで死に、発足したブレア政権は党の国有化路線を放棄。住民投票で2000年から動いている大ロンドン庁は、シティの権限を奪うというより、外資の散った全ロンドン自治区の利益を代表している。シティ・オブ・ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ザウバー・C20

    ザウバー・C20から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    マシンのカラーリングはメインスポンサーであるレッドブルの占有面積が減り、新スポンサーのクレディ・スイスの白色が目立つようになった。ドライバー選考において、レッドブルはテストドライバーのエンリケ・ベルノルディを推薦しており、ザウバーがこれを拒んだことから幾分関係がこじれていた。ザウバー・C20 フレッシュアイペディアより)

  • 日本債券信用銀行

    日本債券信用銀行から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    1991年から行われていた不良債権をペーパーカンパニーに付替える、いわゆる「飛ばし」行為による粉飾決算は、1993年に松岡誠司頭取時代以降により本格化する。当時の会計基準では、連結決算が重視されていなかったこともあり「飛ばし」行為は厳密には粉飾決算では無かった。また、日債銀の場合、旧朝鮮銀行時代や来島ドック・福島交通に関する不良債権を「飛ばし」処理することで、景気回復後に適宜償却できた成功体験があった。1995年、こうした不良債権処理は本店事業推進部に一本化されるが、何れにせよ根本的な再建策は採られていなかった。また、1998年3月期決算について、279社を格上げ査定し、不良債権の取立不能見込額の過少処理・貸倒引当金の大幅圧縮(後に粉飾決算として刑事立件)を行っている。同時期、外資系金融機関、特にクレディ・スイスグループが販売するデリバティブ取引を組み込んだ金融商品を利用した不良債権隠しも行われていた。日本債券信用銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 高虎城

    高虎城から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    2007年JPモルガン・チェースに息子高珏(英文名Joe Gao)が就職したが、ウォールストリート・ジャーナル紙が2015年2月「米金融大手に対し、勤めていた息子の雇用を続けることを条件に、便宜供与を申し出ていた」と報道している。なお息子は就職1年後に解雇され、BNPパリバの香港部門、クレディ・スイスと職を転々とした後2013年1月にゴールドマン・サックス香港の自然資源部門に就職した。高虎城 フレッシュアイペディアより)

  • メトロポリタン生命保険会社タワー

    メトロポリタン生命保険会社タワーから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    ニューヨーク市マンハッタンのマディソン街とパークアベニュー・サウスの間の東23丁目、マディソン・スクエア公園の側に建つ。建築事務所Napoleon LeBrun & Sons によって設計され、Hedden建設会社によって建設された。このビルはイタリア ベニスの鐘楼をモデルにしてデザインされた。1909年に竣工し、2005年までメトロポリタン生命(現在のメットライフ)の本社ビルとして機能していた。また、ウールワースビルが完成する1913年までの三年間、世界で一番高いビルであった。現在、このビルの一部の時計塔の住所はマディソン街5号である。それ以前にクレディ・スイスがビルを構えていたときは、ここはマディソン街1号であった。メトロポリタン生命保険会社タワー フレッシュアイペディアより)

  • ネスレ

    ネスレから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    1905年にアングロスイス・コンデンスミルク・カンパニー (Anglo-Swiss Condensed Milk Company) と合併した。この対等合併は、クレディ・スイスとスイス・フランス銀行(現HSBC)の仲介で実現した。クレディ・スイスのCEOは、アングロスイスの重役を兼ねていた。対等合併のため、実質的には1920年代まで組織の融合が起こらなかった。ネスレ フレッシュアイペディアより)

  • ブロックチェーン

    ブロックチェーンから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    翌年にコンソーシアムを爆発的に拡大させた。2015年9月15日の参加者は次の通り。バークレイズ、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行、オーストラリア・コモンウェルス銀行、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、JPモルガン、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、ステート・ストリート、UBS の9社であり、ここまでは日本でも幾つかのサイトで報じられている。2週間後、新たに13社が参加。内訳は次の通り。バンカメ、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、シティグループ、コメルツ銀行、ドイツ銀行、HSBC、三菱UFJフィナンシャル・グループ、モルガン・スタンレー、ナショナルオーストラリア銀行、カナダロイヤル銀行、SKF、ソシエテ・ジェネラル、トロント・ドミニオン銀行。10月28日にみずほ銀行、ノルデア銀行、ウニクレディトが参加。11月19日にパリバ、ウェルズ・ファーゴ、INGグループ、マッコーリー銀行、CIBCが参加。12月17日には12社も加勢した。顔ぶれは以下。モントリオール銀行、ダンスケ銀行、インテーザ・サンパオロ、ナティクシス、野村証券、ノーザン・トラスト、OP Financial Group、サンタンデール銀行、スコシアバンク、三井住友銀行、U.S. Bancorp、ウエストパック銀行。ブロックチェーン フレッシュアイペディアより)

  • 投資銀行

    投資銀行から見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    欧州ではスイス系のUBSやクレディ・スイス、フランス系のBNPパリバ、イギリス系のバークレイズ、ドイツ系のドイツ銀行などが有名。しかし、欧州にはアメリカのグラス・スティーガル法のような銀証分離を規定する法律がなかったことから、上記の大手金融機関は1つの法人が商業銀行業務と証券業務の双方の営業活動を展開しており、商業銀行、投資銀行あるいは証券会社ではなくユニバーサルバンクと呼ばれることもある。投資銀行が利益の大部分を占めている金融機関が増えてきている。投資銀行 フレッシュアイペディアより)

  • バンク・オブ・アメリカ

    バンク・オブ・アメリカから見たクレディ・スイスクレディ・スイス

    2004年、バンク・オブ・アメリカは最大のFDICにアメリカの預金市場占有率は5130億ドルと評価されたため、バンク・オブ・アメリカの立場を固めるために、マサチューセッツ州ボストン市を拠点としたフリート・ボストンを470億ドルで買収した。2番目に3530億ドルを保有しているJ.P.モーガン・チェイス=バンク・ワン、第3番目の2280億ドルを保有するウェルズ・ファーゴと比べて遥かに抜きん出ている。(2003年6月30日時点)バンク・オブ・アメリカ フレッシュアイペディアより)

105件中 71 - 80件表示